2015年 08月 26日
「ジュラシック・ワールド」再び、今度は字幕で
d0221584_13062253.jpg昨日、2度目の「ジュラシック・ワールド」を字幕版で観てきました。


前回は日本語吹き替えの3Dで観たのですが(その時のブログはこちら)、もちろん内容も迫力も満点でした。ですが、字幕版で英語を聞きながら観ると、雰囲気がグッと増しますね。CEOのインド訛りの英語もよくわかったりして、面白かったです。

そして今回は2Dですから、3Dより迫力が劣るかと思いきやそんな事は無く、画面が暗くなりがちな3Dよりも細部まで観ることができました。前回見分けが付かなかったクライマックスの、インドミナス・レックス対Tレックスのバトルも見分けることが出来ましたし(笑)。

そして今回はちょっと奮発して、プレミアムボックスシートで鑑賞してみました。
隣との仕切りがあるゆったりとした革張りシートで、左側にはバッグを置けるスペースもあり、ちょっとした個室間隔。一人没頭して観ることができました。
けど、欲を言うと後ろの人の足が背もたれにぶつかるとやっぱり響くので、是非ともそこを改善して頂けると追加料金の1,000円も高くないかな?f(^_^;。

ちなみに、完全に隣と仕切られるのでカップルにはお薦め出来ません(笑)。
前の席に座ったカップルは映画が始まる直前まで、身を乗り出しておしゃべりしていたので、妙に目立って気になっちゃいました。


d0221584_12572709.jpg
▲プレミアボックスシート(+¥1,000)
(TOHOシネマズ日本橋公式サイトより)


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-26 13:01 | 趣味 | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 20日
「ウルトラマン創世記展」へ行きました
d0221584_23080177.jpg先日のお墓参りの時、横須賀美術館で開催中の「ウルトラマン創世記展 ウルトラQ 誕生から ウルトラマン80 へ」にも足を伸ばして来ました。


海沿いのとても綺麗な近代的な横須賀美術館に、ズラリと並んだウルトラマンたち。意外とマッチしてました。

中は残念ながら撮影禁止でしたので写真はありませんが、放映当時のウルトラマンや怪獣のスーツの一部や衣装、模型やシナリオなどが展示されていて、ほぼ50年間もよくぞ保管していました、という感じでした。
興味の無い人にはゴミに見えるかも知れませんが、貴重な品々を間近で見ることが出来ました。

d0221584_23080111.jpgd0221584_23080158.jpg

■横須賀美術館



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-20 23:12 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 19日
相棒紅茶ミルクプリン と ハマグリしゃぶしゃぶ
8月もいよいよ終盤戦に突入。いや〜早いですね〜。
今年はようやく、お盆のお墓参りも出来てホッとしています。アメリカ在住中は行きたくても行けませんでしたからね。

ところで、先月の話ですが忘れないよう、ここらでブログにしておきます。
それは六本木の「機動戦士ガンダム展」へ行った時の事(その時のブログはこちら)。折角ですから「テレ朝夏祭り」もちょこっと覗いて来ました。

もちろん私のお目当ては「相棒テラス」。
以前高速道路のサービスエリアで開催された時は、残念ながら行けませんでしたから、ちょっと嬉しかったですね〜。規模は滅茶苦茶ちっちゃかったですけどf(^_^;。
d0221584_13442415.jpgd0221584_13442431.jpg
▲この時は新相棒が反町隆史に決定したばかりで、まだツーショット写真はありませんでした。

d0221584_13442411.jpg特命係のセットや花の里の看板などは「相棒展」で見た事がありましたし、グッズも新しいお菓子などもありましたが、やはり割と見慣れた感があったので、やはり「相棒カフェ」のメニューで楽しんで来ました。


d0221584_13442462.jpg既に陶器のひまカップは持っていますが、ここではポリプロピレン、よーするにプラスチックの持ち手付きひまカップに入ったドリンク(¥800〜¥850/飲み物によって違います)を飲むことが出来ます。
何より嬉しいのが、そのカップはお持ち帰りOKと言う事(^o^)/わーい。これは頼まないわけには行きません。
さらに何故かメモリが付いたガラス製カップに入った、紅茶ミルクプリン(¥800)ももちろんお持ち帰りOK。
他にもありましたが、取り敢えず上記のふたつを購入。
味を楽しんだ後は、もちろん大事に持ち帰りました(^_^)v。

d0221584_13452236.jpg
▲ひまカップは、後ろ姿も可愛い♪

余談ですが、メモリ付きカップと言えば、アメリカで買ったショットグラスにメモリが付いた物がありました。TBSP(テーブルスプーン/大さじ)、TSP(ティースプーン/小さじ)のメモリだったので、液体の調味料を計るのにちょー便利でした。まあ、アメリカの単位なので、日本の大さじ小さじよりちょっと多いんですけど、そこは大雑把ななので気にしな〜い(笑)。
だけど、重宝したり気に入ったりすると大抵壊しちゃうのが、うっかり八兵衛の私。このショットグラスも先日、うっかり落として割ってしまいました。はあ、粗忽者の自分を恨めしく思います。日本でも売ってないかな〜。

d0221584_13452206.jpgさて、テレ朝夏祭りですが、お化け屋敷があったり、ライフサイズののび太のへや・ジオラマがあったりとほかに見るところはあるようですが、お目当ての相棒を見たので終了〜。




夕食を食べに行きました。
d0221584_13454287.jpgd0221584_13454239.jpg
そこで初体験したのが「ハマグリしゃぶしゃぶ」。
くそ暑い中、湯気立ち上る鍋をつつくのはなんとも季節外れですが、熱々のだし汁の中で数分泳がせると、ぱかーんと口を開けたハマグリは、ぷっくりして磯の香りも豊かで美味しかったです(^_^)v。

d0221584_13455786.jpgさらに十年ものと言う大きなハマグリもいただきました。ハマグリってこんなに大きくなるんですね。

d0221584_13455769.jpgこちらは焼きハマグリ。熱々の殻は、箸置きになっていた木製の洗濯ばさみで掴んでホールド。なるほど、面白い発想ですね。




■新三郎 六本木ヒルズ




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-19 13:57 | | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 18日
「仮面ライダードライブ/ニンニンジャー」を観てきました
ちょっと猛暑日の中休みみたいだった今日、「劇場版仮面ライダードライブ SURPRISE FUTURE /手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!」を観てきました。

お盆休みも終わったので、いくらか落ち着きを取り戻した感のある映画館でしたが、まだまだ夏休み。子供たちが目立っていましたが、特に小さなお子さんがたくさんいたのは、「ライダー&ニンニンジャー」の上映前だからだったみたいです。


d0221584_01152295.jpgまずは「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の上映から。
さすが劇場版。いつもより爆発とかが派手な気がします。
そして、敵の弓張重三が意外と正当な武者デザインで恰好良かった。特に持っている弓が、ダガーにもなってGOODでした。
だけど、恐竜殿さまがなー。風貌も声の芝居もイケテナイのが、残念!(T T)。

d0221584_01152231.jpg続いて上映となったは「仮面ライダードライブ」。
未来から息子が来るなんて、かつてのライダーシリーズでも散々使い倒されたシチュエーションのような気もしますが、息子・泊エイジ役の真剣佑がカッコイイから許しちゃう♪ とは言え、ちっとも進ノ介に似てないから親子って感じじゃなかったな〜。どっちかって言うと剛に似ているような…。あ、母親が霧子だとしたら叔父さんに似ているっていうことになるから、良いのか…って、要らぬ裏設定を想像して納得してしまいました(笑)。

そして、こちらも劇場版ならでは(?)大迫力の爆発、続々。
それにしても、進ノ介は涙もろいなぁ。こんなに涙を流すライダーは今までいなかったんじゃないかな? それだけ情にもろいってことかな。まあ、熱い男だもんね。



d0221584_01152310.jpgそしてこちらが頂いた、入場者プレゼント。
ラッキーにも進ノ介のドライバーズ・ライセンスが入ってました(^_^)v。





■劇場版仮面ライダードライブ SURPRISE FUTURE /手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-18 01:22 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 15日
「日本のいちばん長い日」を観ました
今日は終戦記念日です。
昨年までのアメリカ生活ではいささか遠く感じていましたが、やはり日本にいると8月15日に向けて、テレビでは戦争に関するあらゆる特番が放映され、あらゆる情報が入ってきます。
それまで語ることが無かった戦争体験者の方のインタビューなど、戦後70年の今だからこそ解る事実もあるのでしょう。
戦争を知らない世代には貴重な番組です。

d0221584_13532850.jpgその終戦記念日を前に昨日、「日本のいちばん長い日」を観てきました。



お盆休みの真っ只中、帰省中の人も多く案外空いているかも、と期待して映画館へ行きましたが、予想を180度覆す混雑ぶり。お盆こそ、おじいちゃんおばあちゃんと家族で映画を観に来るんですね。しかもこの夏は大作揃い。普段観る映画を決めてから映画館に足を運ぶので、チケット売り場の列に並びながら、お父さんが子供に「どれを観る?」と尋ねているのが意外でした。
人気の映画が多く、座席状況が△マークの映画も続出。お目当ての映画が満席の場合は困りますから、その場で決めるというのもアリか、と納得です。


さて、チケット売り場のみならずコンセッションの長蛇の列にも並び、ポップコーンを手にして、いざ着席。
周りを見渡すと案の定シニア層ばかりです。

ネタバレあります


「日本のいちばん〜」はこれまでの戦争映画のイメージとは違って、ほとんど戦闘シーンがありません。
最高戦争指導議会のメンバーによる議論のシーンが多いのですが、それも難しい言葉が多く、言葉の雰囲気で意味を悟ることもしばしば。
さらに、陸軍も海軍もみな誇り高く、戦略を譲り合うことは難しく、そんな議会を耳も遠くなった鈴木首相がまとめる。言っている事の裏に隠された真意を読み解く必要があったりと、難しい映画でしたが、そんな中、本土決戦が必要だと信じる若き将校畑中少佐を、シンケンレッドの松坂桃李君が熱演。

平和となった今だから「本土決戦」なんてトンデモ無いと言えますが、当時は戦争に負けたら国が無くなってしまうと思うのは当然。ならば一矢報いて、と言う彼の主張もうなずけます。
しかし、やることが過激で驚きます。そういう時代だったと言ってしまえばそれまでですが、腹を切って責任を取るとか、自決するとか、戦闘以外でなんと多くの命が散って行ったことか。

そして、国民の事を常に心配していた昭和天皇の苦悩も描かれていて、あの玉音放送の裏にはこんなドラマがあったのかと知ると共に、昭和天皇を演じた本木雅弘がとてもハマっているのに感心しました。

戦争を知らない世代にとっては、戦争とはどういうものなのかを知る貴重な映画だと思います。





■日本のいちばん長い日



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-15 13:57 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 12日
「ミッション:インポッシブル」を観てきました
d0221584_12490035.jpg昨日、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」を観てきました。


前評判も、周りの評判の良いので期待して観たのですが、確かに面白かったですが、やっぱり期待しすぎは禁物ですf(^_^;。

ネタバレあります




予告編で衝撃的だった、飛び立つ輸送機にしがみつくシーン(ポスターにもなってますね)はなんと、まさかの序章、イントロダクションに過ぎません。なのに、身体を張った迫力のアクション。さすがトム・クルーズです。

その身体を張ったアクションは、これでもか、って言うほど本編でも続き、心肺停止直後も派手なバイクレースが続いたりと息つく暇もありません。イーサン・ハントはやり過ぎです。スパイ・バカと言いたくなるほどの行動に、いささか呆れちゃう感じ。
だけど、それがちょっと funny でいいのかも?

シリアス一辺倒なスパイモノと違って、ベンジーが何かしらやらかしてくれたりするのも、なんだかお茶目で憎めない。返ってそれが、作品に人間味や暖かみを与えている気がします。

冷戦時代もとうの昔に終わり、スパイ自体が無用の長物的な存在な現代において、こういった映画を作るのは大変ですよね。如何に巨大で凶悪な敵を設定するか、にかかっている。それだけに今回の敵<シンジケート>の設定も難しいと思います。少々物足りない組織にも思えましたが、そんな中、ボスのレーンが個性的なルックスと声で良い味出してました。

そして、敵か味方か解らない謎の女スパイ、イルサ。
格闘技も潜入捜査もバイクレースも難無くこなすスーパーウーマンでしたが、冒頭で殺されてしまうレコード店のお姉ちゃんが可愛かっただけに、あれ?ヒロインはちょいオバサン? しかも背中ゴツくてたくましい。。。。まあ、体力無いと出来ない役だけど、ちょっとたくまし過ぎじゃ、あ〜りませんか?






■ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-12 12:58 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 11日
やっと食べられました、うな重
土用の丑の日に、どこも満席で食べられなかったうな重。
あれからず〜〜と気になっていたのに、まだ混んでいたり、臨時休業だったりで、ちっとも食べられなくて、ちょっと諦め掛けていた今日。
電話をしたら、残り少ないけど取って置いてくれると言ってくださり、遂に食べてきました〜??。

昨年アメリカから帰国して、初うなぎです。
身はふんわり、臭みも無くてほんと、美味しかったです(^ ^)v。

d0221584_21491185.jpg




うなぎ屋さんは事前に予約して行かないと、ダメなんですね f(^ ^;。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-11 21:55 | | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 09日
「大河原邦男展」に行って来ました
d0221584_13212620.jpg先日より上野の森美術館で開催中の「大河原邦男展」に行って来ました。
(正しくは前日の内覧会でしたけどf(^_^;)。

上野の森にデカデカと張り出されたロボット勢揃いの看板が、存在感アリアリでした。

d0221584_13212755.jpg内覧会ではオープニングセレモニーが行われ、大河原邦男氏のご挨拶の後、テープカットもありました。盛大〜。
(写真中央が大河原邦男氏)


そしていざ、会場内へ。
残念ながら撮影禁止なので、文章のみでお届けします。

タツノコプロ時代からの貴重なデザイン画の数々が、所狭しと展示され、その作品数、デザイン数の多さに圧倒されます。
先日行った「機動戦士ガンダム展」での肉筆デザイン画を見ても思いましたが、やはり、鉛筆で描かれたラインのなんと美しいことか。
(「機動戦士ガンダム展」のブログはこちら

さらに今回の展覧会のために描き下ろしたイラストの製作過程を納めた映像が流され、どのようにして素晴らしいイラストが描かれているのかが全て露わになっています。
絵筆で直線を描く「溝引き」なんて技術、今時のお若い方には解らないかもね〜。アラフィフでアナログで絵を描いて来た世代には、「懐かし〜い」と言わずにはいられない匠の技です。食い入るように観ちゃいました(笑)。


d0221584_13221373.jpg

そして最後の撮影可能ゾーンでは、これまた今回の為に描き下ろされた6枚綴りのイラストが屏風になって展示されていました。様々なロボが一同に会す超大作で、図録のカバーにもなっています。

とにかく見どころ満載の展覧会でしたが、さらに物販コーナーでも品数豊富でびーっくり。

限定品のプラモデルを始め、お酒からタオルからTシャツからキーホルダーからお菓子から、と、もう盛りだくさん。
詳しくは下記の公式サイトでチェック!


d0221584_13221389.jpgそんなにたくさんあるグッズの中から買って来たのはこちら。
写真奥から、大河原邦男氏アイコンのマグカップ(先生にあやかって仕事を頑張りたいという旦那さん)、図録(涙もの)、Oh! かわらせんべい、ポストカード、メカコレクションまんじゅう。
と、いささか食い気に偏ったチョイスとなってしまいましたf(^_^;。

d0221584_13221341.jpgd0221584_13221310.jpg
▲かわらせんべいもまんじゅうも、きっちり絵柄が入っているところが良いですね(^_^)v。


さらに、会場出口には会場限定のガシャポンも。
すごーい。
d0221584_13225823.jpgd0221584_13225838.jpg
▲ん? オリジナルカンバッヂの「ダイオージャ」と「ファイバード」が大変なことに?!




■大河原邦男展


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-09 13:33 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 07日
「ガンダム展」に行って来ました
d0221584_11015332.jpg明日から上野の森美術館で「大河原邦夫展」が始まりますが、その前にと、六本木で開催中の「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」に先月末、行って来ました。

d0221584_11015314.jpgd0221584_11015345.jpg
六本木ヒルズはテレ朝夏祭りの真っ最中で、たくさんのドラえもんが子供のみならず大人も喜ばせていました。

d0221584_11022150.jpgまずは森アーツセンターギャラリー52Fへ上がり、臨時の「GUNDAM CAFE」となったMuseum Cafe THE SUN でジャブローモヒート(¥810)を頂き、暑気払い。
d0221584_11022119.jpgd0221584_11022111.jpg
店頭のガラスには、ずらーっとガンプラが展示され圧巻。ちなみに中央はガンダムVSシャアザク。ザクの後ろはドムやグフなどジオン軍が並んでます。

では、いよいよガンダム展の中へ。
おっと、残念な事に中は撮影禁止(一部を除く)。

ちなみに最初に通されるのは、ホワイトベースを模したシアター。ここでオリジナルの映像を鑑賞。
その後、展示エリアへと移動します。

ファーストガンダムを中心とした、安彦良和氏や大河原邦男氏らのイラスト原画やアニメの設定画や原画など多くが展示されていましたが、かれこれ35年以上も経つと言うのに、実物が現存しているなんて!と驚くと共に、その作品の素晴らしさに驚愕。とりわけ鉛筆で描かれた線のなんと美しいことか。こんな繊細なタッチで描かれていたなんて!

セル画用原画を目の前に旦那さんも
「これは10億円払っても安い!」
と、大興奮。

ホントに良いものを見せてもらい、アナログならではの素晴らしさを再確認させて頂きました。
d0221584_11025279.jpgd0221584_11025256.jpg



d0221584_11031411.jpgそして最後は、1/1ガンダムの頭部の展示と、特殊なレンズガラスとの組み合わせで幻想的な世界を生み出している立体物の展示の数々が並び、ガンダムの世界観を表現していました。
d0221584_11031438.jpgd0221584_11031409.jpg

d0221584_11033578.jpgさらに、この秋から放映を開始する新シリーズ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の予告映像も観ることができました。
そして早くも 2m 近い大きなスタチューも登場。
ガンダムは次の世代へとまた受け継がれて行くんですね。



そしてお約束。ひろーい物販コーナー。やっぱり何か買いたくなっちゃうんですよね〜f(^_^;。

何やら限定品など数多くあるようですが、希少なものはとっとと売り切れになってましたので、山積みとなったものからいくらかチョイスして買って来ました。

d0221584_11033633.jpg写真奥から、ガンダム展限定 HGUCガンダム Ver.G35th BASE(¥1,300)、ビームサーベルポッキー(¥1,350)、ハンカチタオル グフ柄(¥650)、アニバーサリーピンズ(¥500)、並ベストショーSIDE2ジオン(¥1,800)、マフラータオル ハロ柄(¥1,750)。



次は「大河原邦男展」に行かねば!




■機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-07 11:18 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 06日
「ジュラシック・ワールド」を3Dで観ました
連日猛暑日が続く関東地方。
昼夜関係無くエアコン稼働中の我が家としては、月末の電気代の請求がこわ〜い(;゚Д゚i|!)。
そんな時は、どんなレジャーよりも映画館が一番。
強い陽射しもなく何より涼しくて快適。真夏こそ、映画日和かな(笑)。

と言う事で、
d0221584_13062253.jpg公開初日の昨日「ジュラシック・ワールド」を吹き替え版の3Dで観てきました。
水曜日と言う事もあり映画館は想像以上の混雑。久しぶりにチケット売り場の行列に並びました。

コンセッションもやはり行列。さすが夏休み。お母さんと一緒のお子さん達や、おじいちゃんおばあちゃんの姿も目立ちました。

満席に近い座席について驚いたのは、周りをシニア層に囲まれていたこと。
「え〜、こんなに年齢層が高いの!?」
と、一瞬たじろぎましたが、子供の声もあちこちから聞こえてきて、ひと安心。なんと年齢層の幅広い事か。正に老若男女、万人向けの映画なんですね。

※ネタバレあります




映画初っぱなは「アイアンマン3」でポテトガンを持って登場したタイ・シンプキンス君演じる、恐竜大好き少年グレイとお母さんのシーン。相変わらず愛くるしいお子です。
彼がジュラシック・ワールドではしゃぐ姿は、何とも微笑ましい。

前作では叶わなかった、恐竜のテーマ・パークがオープンしている! それだけでもちょー嬉しい設定ですが、映像的には散々予告編で使われてしまっているので、感動はいささか薄め。劇中でオペレーション・マネージャーのクレアが言うように「動物園の動物を見るように恐竜を見る」感じになってしまったのか、いささか残念。と言うか、それだけ初めて観た前作での恐竜の描写は秀逸で、22年経ってもその時の感動は消えていないということですね。


d0221584_13062502.jpg
とは言え、モササウルスがイルカショー並みにぶら下げられたサメに食い付くシーンは、予告編で見ていたとは言え、迫力でした。
ほんと、このワールドが実在したら絶対に行ってます。それで喰われちゃってもしょうがないと諦めるかも(笑)。

さて、そんな恐竜天国を満喫する兄弟ですが、やっぱり、襲い来る新種の恐竜(インドミナス・レックス)に追い掛けられ逃げ惑うと言う、前作同様、よりはちょっとマイルドなスリル感。

だけど、新種の恐竜に人間が食べられるシーンはやはり残酷で、
「こういうの、つい数日前にも見たぞ」
と、苦笑い。
さらには他の恐竜も襲うという傍若無人ぶり。まさに恐竜というよりは「怪物」。

その怪物とラストバトルを繰り広げるのは、恐竜ファン待望のTレックス。
旦那さんは大喜びでしたが、暗めの画面の中で戦う2体。ハッキリ言って区別が付きませんf(^_^;。傷だらけになってバーンと飛ばされても、それが新種なのかTレックスなのか解らず、喜んでいいのかハラハラすべきなのか、頭が混乱。主人公達が喜んでいるから、Tレックスが優勢なのねと理解し「さすがTレックス」と思っていると最後はまさかの結末。一番強いのは彼女(敢えて伏せたりして)なんだねー(笑)。

全編を通して前シリーズへのリスペクトも感じられましたし、恐竜たちへの愛もその映像の迫力も満点の映画でした。




■ジュラシック・ワールド
↑サイト内の「テーマパーク公式サイト」がイケてます♪

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-06 13:15 | 趣味 | Trackback | Comments(0)