<   2014年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2014年 05月 31日
「MALEFICENT」を IMAX 3D で観てきました。
d0221584_3454795.jpgアメリカでは今日、30日から公開のディズニー映画「MALEFICENT(邦題:マレフィセント)」。
前夜の29日にいわゆる先行上映とでも言うのでしょうか、公開されていましたので IMAX 3D で観てきました。

木曜の夜だというのに、思ったよりも人がたくさんいて意外な感じでした。
d0221584_3463049.jpgしかもチケット窓口で、何の告知も無かった映画館メンバー(Stubs)用の限定品「オリジナル・ピンズ」をゲット! 予想外で凄く得した気分になりました(^_^)v。


この先ネタバレしてますので、ご注意ください。




映画の内容はもちろん、主役マレフィセントを演じたアンジェリーナ・ジョリーの為の映画。まあ、製作総指揮としても名を連ねていますから、当然と言えば当然ですねf(^_^;。

アンジーのマレフィセントは、ほんと、貫禄充分。そこにいるだけでオーラが出てますから、どれだけ怖い妖精かと思いきや。。。。とことん悪人になるわけではなく。。。

と、私が期待していた、ものすごーく怖いマレフィセントは、そこにはいませんでした。ちょっと、残念かな?(苦笑)。
だって、予告編で流れていた ↓ この「ONCE UPON A DREAM」が、めっちゃ良い雰囲気だったモノですから、あらぬ期待をしちゃいましたよ。だけど、この曲、めっちゃ気に入っちゃってまして、観る前からふと気が付くと口ずさんでいるほど。地を這うような声が素敵だわ〜。

MALEFICENT ONCE UPON A DREAM (LANA DEL REY)


ちなみに ↓ こちらがアニメ「SLEEPING BEAUTY」の「ONCE UPON A DREAM」



そして結末は「アナ雪」的な展開。これが最近のディズニー映画の流行りなのかな?

と言う事で、圧倒的な存在感とオーラを発するアンジー演じるマレフィセントの目線で描かれた「眠れる森の美女」ですが、ほぼパロディに近いくらいストーリーが違います。アニメのファン、特にフィリップ王子ファンにはちょっと解せない映画かもしれませんが、それも先に「眠れる森の美女」を観ていればこそ、その違いを楽しめるので、出来ればアニメの「眠れる森の美女」をおさらいしておくことをお薦めします。
あ、だけどアニメを知らないで観た方の感想も聞きたいかも。。。


ちなみに公開前から発売中のフィギュアについてもブログを書きましたので、よろしかったらこちらもどうぞ。

http://suneya02.exblog.jp/20706309/



■MALEFICENT
http://movies.disney.com/maleficent
■マレフィセント
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/maleficent/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-31 03:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日
ヌテラにライバル出現? ハーシーズのチョコ・スプレッド
香港駐在中に知って、すっかり虜になった nutellaヌテラその時のブログはこちら)。アメリカではさらにサイズも豊富にスーパーに並んでいるので、時々買ってヘーゼルナッツの香りに溢れたチョコスプレッドをトーストに塗って楽しんでいます。

ですが、最近スーパーでこんなモノを発見しました。

d0221584_94402.jpgHERSHEY’S spreads
 chocolate with almond


ハーシーズのチョコレート・スプレッド($3.38=約350円※)です。
チョコレートの老舗が出すスプレッド、絶対美味しい!と思い購入。

朝のトーストに塗って食べたら、
うん、うん、予想通り、やっぱりおいしー(^o^)b。

チョコレートの風味は言う事なし! だけど、あまりアーモンドの香りはしないので、ヘーゼルナッツの香りが強いヌテラに比べるとちょっと物足りない感じ。だけど、ハーシーズにもヘーゼルナッツ味があったらヌテラ危うしって感じです。
まあ、消費者としては選択肢が広がって嬉しいですけどね(^_^)v。
ああ、これでまた食べ過ぎちゃう〜。



■HERSHEY'S SPREADS
http://www.hersheys.com/spreads/default.cshtml
おっと、ホームページを見たら、なんとヘーゼルナッツ味もあるではありませんか! 正にヌテラ危うし!?

※$1=103円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-29 09:12 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 28日
「POMPEII THE EXHIBITION」へ行って来ました。
昨日の月曜日がメモリアル・デー(戦没将兵追悼記念日)で祝日のため、この週末は三連休でした。数少ないアメリカの祝日ですから有効利用したいところですが気負わず、遠出するというよりは映画に行ったり博物館に行ったりと、ゆったり過ごしました。
ちなみに昨日の月曜日は、再び「GODZILLA」を今度は2Dで観てきたのですが、やはり満席で最後には拍手が起こるという盛況ぶりでした。

d0221584_5164555.jpgそして、日曜日にはロサンゼルスにある、California Science Center(カリフォルニア・サイエンス・センター)で20日から開催中の「POMPEII THE EXHIBITION(ポンペイ展)」へ行って来ました。


ここは2012年にスペース・シャトル・エンデバーが、最後のミッション、陸路輸送を終え展示されている博物館でもあります。(その時のブログはこちら

さて、今回のエキシビションも混雑が予想されるため、チケット($19.75=約2,035円※)は前もってオンラインで購入します。と言っても前日の土曜の夜中でも、余裕で購入出来ました(^_^)v。
公式サイトへアクセスし、チケットの種類(IMAX の映画チケット付きか否か)を選び、入場希望時間を選択すればOK。
ちなみに1枚に付き$2(約206円※)の手数料がかかりますが、自宅でプリントもしくは窓口でプリントしてもらえるので引き替えの手間が無くて良いですね。

さて、今回購入出来たのは、13:45の回。余裕を持って家を出発し1時ちょっとには到着しましたが、パーキングの入口には既に「ポンペイ展 SOLD OUT」 の表示が出ていました。やっぱりオンラインで購入しておいて良かった、ホッ(^_^)v。
それでも、チケット売り場には長蛇の列。恐らくエンデバーのチケットでしょう。でも、エンデバーもまだまだ人気ですから、出来ればオンラインで購入してから来た方が安心ですね。私達も今回は「ポンペイ展」を優先しましたから、エンデバーはまたの機会にしようと思いました。
(実は既に見に行っていますのでf(^_^;。その時のブログはこちら


サイエンス・センターの駐車場に車を止めたのは恐らく初めてだったと思います。(隣の NATURAL HISTORY MUSEUM(ロサンゼルス自然史博物館)は先週も来ましたけどねf(^_^;。その時のブログはこちら
なので、こんな A-12 偵察機(試作機?)が展示されているなんて全然知らなくて、ビックリ。
旦那さんと二人ぐるっと一回りして、写真を撮りまくりでした。
d0221584_518292.jpg
d0221584_5184943.jpg

d0221584_5192983.jpg
▲てこの原理を利用して、ピックアップトラックを持ち上げるシーソー「GIANT LEVER」がありました。


d0221584_5201116.jpgd0221584_5202720.jpg
そしていよいよサイエンス・センターへ。
入口前にはこんな綺麗なオブジェ。天井から差し込む自然光でちょっと不思議な空間になっていました。

d0221584_5211722.jpgd0221584_521124.jpg
時間まではまだありますが、30分前には来るようにとチケット購入時の注意事項にあったので、ポンペイ展の列に並びました。が、なかなかの人出。入場までは30分以上かかってしまいましたから、着いたらさっさと列に並べば良かったのかもf(^_^;。

d0221584_5221018.jpgd0221584_5223011.jpg
d0221584_5225458.jpg数十人ずつ区切っての入場で、ポンペイの火山灰の中から発掘された、綺麗な大理石の彫刻やブロンズ像、色鮮やかなフレスコ画、陶器、食器や装飾品の数々が展示されていました。
d0221584_5231334.jpgd0221584_5232852.jpg
火砕流堆積物はシリカゲルのような役割を果たすそうですが、そのお陰でこんなにも当時の色や形が保存されているのに驚きです。

そしてまた数十人ずつ区切られ、次の展示ルームへ。ここではポンペイの火山が噴火した当日をCGで再現したダイジェスト映像が流れ、地震に街が揺れ火山灰が降り、火砕流に飲み込まれて行く様子が映し出されました。

そしていよいよメイン。
石膏で復元された遺体の数々。
d0221584_5242430.jpgd0221584_5244062.jpg
d0221584_5251920.jpg悲惨な場面の再現で心が痛くなるのですが、中には後から顔を作ったのでは? と思うほど表情のあるものもあり、返って嘘臭く感じてしまって、なんだか信じられませんでした。
それ故に、いつか機会があったなら、実際のポンペイを訪れるべきかも、と思いました。


アメリカでは2月に映画「POMPEII」が公開されましたが、あれはあまりにメロドラマ過ぎるので、ちょっとねf(^_^;(その時のブログはこちら


そして最後は当然、ギフトショップ。
今回購入したのはこちら。ショットグラスや甲冑型のキーホルダー、コインにピンズ。
d0221584_5264835.jpgd0221584_529696.jpg
d0221584_5284924.jpg試験管のようなものは灰色の粉のキャンディー。
アメリカのお菓子だからさぞかし甘いだろうと思ったら、むしろ酸っぱいくらいの爽やかなレモン味。ですが、食べたあと、舌は真っ黒になります(笑)。



d0221584_53021100.jpgそして、諦めていた「エンデバー」も観る事が出来ました。
ポンペイ展へ入場の際、チケットを係員に渡したら引き替えるかのように、エンデバーのチケットをもらう事が出来ました。ラッキー♪(理由は不明。たまたまエンデバーが空いていたのかな?)
もちろん、しっかり観てきましたよ〜。お土産も購入〜。ああ、何度観ても切りがないわん(笑)。

d0221584_5305712.jpg
← 絵はがきにピンズに、キーホルダー(背中のボタンを押すとエンジンが光り、エンジン音もします)。そしてエンデバーとは関係無いけど、ゾウのナノブロック(ゾウ好きなモノでf(^_^;)を購入。



■California Science Center
http://www.californiasciencecenter.org/


※$1=103円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-28 05:46 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 25日
「X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST」を3Dで観てきました。
d0221584_1316245.jpgX-MEN: DAYS OF FUTURE PAST(邦題:X-MEN: フューチャー&パスト)」を、3Dで観てきました。


そこそこネタバレしていますので、ご注意ください。



今回の映画は、2011年公開の「X-MEN: First Class(邦題:X-MEN: ファースト・ジェネレーション)」の10年後がメインに描かれているので、プロフェッサーX というよりは、若かりし頃のチャールズ・エグゼビア中心の物語でした。その為、想像以上にジェームズ・マカヴォイや、同じく若いエリック(マグニートー)を演じたマイケル・ファンベンダーの活躍が多く、実はキーパーソンはジェニファー・ローレンス演じる若いミスティークだったという、思いがけない映画でもありました。

数々の映像エフェクトが飛び交い見応えある映像のオンパレードでしたが、やはり引っかかってしまうのは、タイムスリップ物に付きもののバグ。上手いことごまかしたり、後付け設定が発生したりと辻褄合わせはそつなく行われていたようですが、この映画を観るために、「ファースト・ジェネレーション」も「X-MEN: The Last Stand(邦題:X-MEN: ファイナル・ディシジョン」も見直しましたが、時々「ん? そうだったけ?」となってしまいことも多く、理解が難しい場面もありました。

d0221584_13175549.jpgとは言え、若い(はずの)ウルヴァリンのたくましい肉体が観られて嬉しかったです〜(^o^)。
もっとも、まだアダマンチウム注入前のため、あの鋭い爪では無く骨が飛び出たような爪なので、ウルヴァリンのアクションシーンに限って言えば、ちょっと物足りなかったかなf(^_^;。

d0221584_1318447.jpg
アベンジャーズと違ってオモチャがほとんどない中、こんなコラボ商品を見つけました、チョコレートコーティングされたプレッツェル。
他には男性化粧品の AXE のパッケージに同じ絵柄使われていたくらいかな。


ちなみに Carl's Jr. のコラボCMが流れていましたが、日本でよくやるような特別メニューなどは無かったようです。



■Carl's Jr.
http://www.carlsjr.com/



■X-MEN DAYS OF FUTURE PAST
http://www.x-menmovies.com/
■X-MEN フューチャー&パスト
http://www.foxmovies.jp/xmen/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-25 13:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 23日
マイブームのアーモンド・ミルク
d0221584_10421790.jpg子供の頃は学校でも家でも、牛乳はたくさん飲むように促されて育った昭和生まれです。

が、アラフィフともなると早々手放しでホールミルクをガブガブ、と言う訳にはいかないようですね。それどころか、最近では「牛乳は身体に良い」という神話そのものが揺らいでいるそうではないですか。
そんな時代が来るとは思いもせず、ただ、牛乳が美味しいというだけで飲み続けて来たン十年。


先日アメリカ人の友人が Facebook で牛乳、豆乳、ココナッツ・ミルクそしてアーモンド・ミルクの成分を比較しているサイトをシェアしていて、これはいよいよきちんと考え直さなくてはいけないかな、と思い始めたところです。

思い起こせば香港駐在中、香港の若い女性には豆乳が大人気で(日本でも人気だったのかな?)、スーパーには色々な種類の豆乳が並び、ソイラテなども一般的でした。
なので、私も何度が試したのですが、どーも、口に合いません。甘くバニラの香りも付いた豆乳でも、なーんか続けられず、結局は牛乳に戻ってしまっていました。

そこで、この友人の情報です。
中でも私が興味を持ったのは

アーモンド・ミルク

アーモンドにはなにやらビタミンEなどの、大豆イソフラボンにも負けず劣らずの女性の身体に良い効果のある成分が含まれているらしいではありませんか。

しかも、アメリカのローカルスーパーの店頭には、しっかりアーモンド・ミルクが種類豊富にずらり。すっかり一般的な飲み物になっていましたf(^_^;。

っつーことで、早速購入。
ハーフガロン(1.86リットル)で$3.69(約376円※)、特別高いと言う程ではありません。
一応気を使って砂糖25%オフの「Light」にしてみました(こちらはでは普通の牛乳にも砂糖が入っています)

今のところ、珈琲に入れてもグー。シリアルに掛けてもグー。もちろんそのまま飲んでもグー。
と、イイ感じ。
ですが、苺を潰してイチゴミルクにしたら、これはNG。これは普通の牛乳がいいですねf(^_^;。

と、一部合わないモノもありますが、概ねグー。アーモンドの香りもほんのり程度で気になりません。
と言う事で、しばらく続けてみようと思った次第です。

d0221584_1045514.jpg
▲ほんのりクリーム色が、アーモンドを思わせます。


※$1=102円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-23 10:52 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 22日
手作り水羊羹
日本の食材が比較的入手しやすい、ロサンゼルス市近郊に住んでいますが、やはりそれらは少々お高かったり、種類が少なかったり、日本のようにはいきません。
なので、一時帰国の際に頂いたりした日本の食材は結構貴重なので、ちまちまと使っているのですが、その中のひとつに、母からもらった北海道産の小豆があります。

d0221584_614690.jpg先日、この小豆を使って水羊羹を作りました。

暑い夏の日には冷たく冷やして頂けば、気分だけでも日本の風情に浸れる。。。。って思いましたが、ここ数日 L.A.は先週の39℃にもなった猛暑日が嘘のように気温が下がり、25℃以下とすっかり涼しく、若干時期はずれな感じになってしまいましたf(^_^;。



まずはあんこ作りから。
と言っても、いつもながらのいい加減な自己流f(^_^;。

まずは小豆を水に浸して柔らかくして。。。と思ったら黒豆じゃないからそんな必要もなかったみたいf(^_^;。とにかく、ひたひたの水で小豆が柔らかくなるまで、途中何度も水を足しながら煮ます。
私は休み休み作ったので、小豆が柔らかくなるまで二日もかかってしまいましたf(^_^;。

柔らかくなったら、そのままブレンダーでガーーーーッ! と皮ごと潰しちゃいました。
いやー、我ながら大雑把です(笑)。
かなりねっとりしていたので、途中ブレンダーが回らなくなっちゃった(笑)。そんな時は水を足しつつf(^_^;。

お鍋に移して、味見しながら砂糖をドサドサ加え、好きな固さになるまで煮詰め、最後にちょびっと塩を足して、まずは「なんちゃってこし餡」の出来上がり。

続いて、粉寒天を分量のお湯で溶き煮立たせると、そこへ「なんちゃってこし餡」をまずは半分入れて溶かします。まだまだ緩かったので、少しずつ様子を見ながら「なんちゃってこし餡」を投入、結局のところ全部入れちゃいました。

d0221584_615267.jpgそして、容器に流し込み、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
今回は四角いシリコン容器を使用。

さて、冷えたところで、いざ切り分けようと思って、はたと気付きます。このままでは包丁は入れられない。。。(;゚Д゚i|!)。

d0221584_6153491.jpgですが、逆もまた真なり。
シリコン容器だからこそ、容易に取り出すことができました。
まな板シートを載せてひっくり返せば、この通り。この状態でカットして、今度はシリコン容器を被せてひっくり返せば、はい、元通り。


と言う訳で、なんちゃって水羊羹が出来上がりました。

自分で作ると甘さを調整できるから良いですよね。甘さ控え目で旦那さんにも喜ばれました。(^_^)v。
ですが、如何せん、餡を裏ごしして無いので舌触りがイマイチ、いえ、イマサンくらい。旦那さんにも指摘されました。やっぱり手抜きをするとばれるものですねf(^_^;。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-22 06:29 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 21日
虫好きじゃないけど、バグ・フェアに行って来ました。
d0221584_10204498.jpg先週の日曜日、旦那さんと久しぶりに「NATURAL HISTORY MUSEUM LOS ANGELES COUNTY(ロサンゼルス自然史博物館)」へ行って来ました。

ちょうどこの週末には、「28TH ANNUAL BUG FAIR(第28回バグ・フェア)」が開催中と言う事で、博物館の前には入場待ちの列が出来ていましたが、この博物館、常に何かと仕掛けているようでいつも人気です。


だけど私達夫婦は、虫はどちらかというと苦手なほうなので、なんでこんな日に来ちゃったかな〜f(^_^;というのが、私の本音。

d0221584_10211656.jpgd0221584_10221167.jpg
ロビーには大きな恐竜の化石標本があるのですが、この日は暗幕に仕切られとても肩身が狭そうでした。
何しろ周り中、虫の標本や生きている虫、虫のオモチャと虫に関する出展が所狭しと並んでいましたから。

d0221584_10231363.jpgd0221584_10233060.jpg
d0221584_10234636.jpg幼い女の子まで、手に大きな蜘蛛を乗せてもらって上機嫌。サソリを手にする男性や、次は私の番よとばかりににこやかに虫を見つめる女性。とにかく虫好きの老若男女がわんさか集っているのです。

d0221584_10242464.jpg
▲溶けたアルミニウムを流し込んで
型を取った、蟻の巣がありました。


d0221584_10251923.jpg普段なら本物と見間違うほど良くできた動物たちのジオラマが並ぶ、北アメリカほ乳類ホールもアフリカほ乳類ホールも、高々と暗幕が張られ、虫関連の出展者ブースが所狭しと店開き。
いつもとは違って、まるでコンベンション・センターのようでした。

d0221584_10261956.jpgd0221584_10264883.jpg
こちらでも、大きな蜘蛛を持った女性が! ぎょぎょぎょ(;゚Д゚i|!)。お願いだから逃がさないでね。

標本やら幼虫やら、とにかく虫だらけ。しかも、お客さんも買う気満々で、蚕の入ったプラ容器を持った子供と何人すれ違ったことか。
d0221584_10273444.jpgd0221584_10275582.jpg
d0221584_10283077.jpgd0221584_10291641.jpg
▲「ぶつ森」でしか見たこと無かったモルフォチョウ。こんな綺麗な蝶の標本ならいいかな。
売り方も様々。大抵は単品売りですが、右の写真はドギー・バッグなどにも使われる発泡容器に、標本を詰めたセット。
d0221584_10302974.jpgd0221584_1031289.jpg
最終日だったので、値引きしているサソリもありました。
d0221584_10322384.jpgd0221584_10332473.jpg

とにかくに虫に関するモノなら良いようで、食虫植物を販売している人もいましたし、もちろん虫のオモチャもありました。
d0221584_1034532.jpgd0221584_10342537.jpg
d0221584_10345023.jpgd0221584_10442941.jpg


虫好きでは無い私の心を惹いたモノもありました。
こちらの蜂の巣。
d0221584_1036770.jpg
じゃなくて、その裏にでで〜んと並んだ蜂蜜のボトル。
d0221584_10364697.jpg花の種類ごとに分類されていた蜂蜜は7種類くらいあって、奥の一番薄い色が SAGE(セージ)、手前の一番濃い色が AVOCADO(アボカド)。それに近い色ではカリフォルニアの初夏の花、JACARANDA(ジャカランダ)もありました。
どれも試食が出来たので、アボカドを試してみると、色だけでなく味も濃厚でまるで黒糖のようでした。
ということで、最小ボトル(1lb=約454ml)$8(約808円※)をお買い上げ〜(^o^)v。


d0221584_10371964.jpgその後はもちろん、恐竜コーナーなど他の展示ホールを観て、お土産を買って帰って来ました。

それにしてもどのホールも人がいっぱい。博物館って人気スポットだったんですね。



★お土産★
d0221584_1037524.jpgd0221584_1038929.jpg
▲トリケラトプスのティー・タオル(ふきん)は、ミート・チャートになっていて、まるでブランド牛みたいです(笑)。


■NATURAL HISTORY MUSEUM LOS ANGELES COUNTY
www.nhm.org
入場料大人$12(1,212円※)

※$1=101円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-21 10:48 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 19日
「トランスフォーマー4」のオモチャ、ゲット。
昨日の土曜日、近所のトイザらスに行ったら早々と、来月公開予定の映画「TRANSFORMERS: Age of Extinction(邦題:トランスフォーマー ロストエイジ)」のオモチャがズラリと並び始めていました。

d0221584_1154173.jpgd0221584_11543942.jpg
映画公開前にオモチャが登場するのは、アメリカでは当たり前の事とは言え、映画に登場するのかどうかも解らないオモチャまでありますから、数が半端ありません。

d0221584_11553568.jpgd0221584_11555441.jpg
d0221584_11561380.jpg
d0221584_11563233.jpgd0221584_11565380.jpg
d0221584_11571636.jpgd0221584_11574552.jpgd0221584_1158369.jpg

d0221584_11591555.jpg
しかも、まだ公開まで1ヶ月もあるのに、と思っていたら、ウチの旦那さん、
「やっと、出た!」
とばかりに大人買い。

レジのおばちゃんには
「私の息子もトランスフォーマー・ラバーなのよ」
なんて、ニコニコ顔で言われちゃうしf(^_^;。
d0221584_11595025.jpg
▲と言う訳で、昨日の旦那さんのお買い物、締めて$100(約10,300円※)越え。


新キャラならいざ知らず、オプティマスも映画の度に微妙にデザインを変えてオモチャを出すのは、いい加減勘弁して欲しいモノです。
(;´Д`)。


※$1=103円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-19 12:09 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 18日
「GODZILLA」を IMAX3D で観てきました。
d0221584_5232586.jpgアメリカでは昨日(16日)に公開となったハリウッド版「GODZILLA」。
何かと話題になっているこの映画を、昨夜早々に帰宅した旦那さん、さらには会社の同僚の方々と一緒に観に行って来ました。
もちろん、IMAX 3D で。

そこそこネタバレしています。ご注意ください。

ビックリするくらい日本のシーンも多く、きちんと日本をリスペクトしてくれている感じが伝わってきました。監督は本当に「ゴジラ」を愛しているんだな〜、と感じます。なにせ、ゴジラが登場するまでのあのじらすような演出も、軍隊が活躍するのも怪獣映画っぽさを踏襲しています。

旦那さん曰く、
「怪獣映画の良いところだけでなく、悪いところまで真似してくれた映画」
それほどに、日本怪獣映画をリスペクトしてくれているんだと思います。

d0221584_5251971.jpg何より、今回のゴジラは、ご覧の通りちゃんと「怪獣」ちっくです。
アップになった顔はおめめ小さめ、鼻大きめ、フガフガ鼻を鳴らすような仕草はちょっとゴリラちっくで、可愛い一面もありましたが、
d0221584_526967.jpg巨大な上に重量感もあって、どっしりとした感じ。何よりむちむちした感じが生物っぽさ、トカゲのようなワニのような質感を感じ、ゴジラは実在する生物のようでした。さすがCG! とは言え、動きはちょっと着ぐるみっぽさもあってホッとします(笑)。


もちろん、あの雄叫びも上げますし、口からは青い炎(?)も吐きます。
どちらのシーンも、ほぼ満席の客席からは拍手が起き、アメリカのゴジラファンもたくさんいて、愛されていることが解り嬉しかったです。


ただ、地震、原発の倒壊、津波、高層ビルへ飛行機が突っ込む、などの災害が、ことごとく現実の災害と被るので、本当に日本で公開して大丈夫なんだろうか? と心配になりました。




■GODZILLA
http://www.godzilla-movies.com/
■ゴジラ
http://www.godzilla-movie.jp/

(画像は公式サイトより)



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-18 05:40 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 16日
9th Anniversary
今日は結婚記念日でした。

ですが、今朝旦那さんと話をしたときには、
「明日の晩も出かけるし、今日は特別なことは無しでいいね」
と、お互いに確認しあっていました。
ですが、
d0221584_14502021.jpg帰宅した旦那さんの手には、花束。そして私が大好きなを、ストロベリー・スタンドで買って来てくれました。

私もこっそりカードを用意していましたので、ちょうど花束と交換となりました(笑)
d0221584_1451457.jpgすっかりアメリカナイズしているようですが、こういう事なら大歓迎。
プレゼントされるって、幾つになっても嬉しいですよね。
▲大粒だけど甘酸っぱいが大半のアメリカですが、ストロベリー・スタンドのはアタリが多いので、これまた大歓迎。(^o^)/。だけど、6パックも入っていて、いくら好きでも食べきれるか心配です。


d0221584_14542967.jpgそして、香港駐在中に迎えた結婚記念日にはチーズケーキを食べたことを思い出し、冷凍ですが、The Cheescake Factory のチーズケーキも買っておきました。

何も無し、と言っておきながら、お互い何かしら用意しちゃうなんて、どちらもサプライズ好きと言う事ですかねf(^_^;。


今年は覚えていたぞ!




■The Cheesecake Factory
www.thecheesecakefactory.com


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-16 15:01 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)