2013年 12月 31日
マチュピチュへの旅(1)リマ・天野博物館
今年もいよいよ終わりですね。毎年1年が早く過ぎてしまうような気がします。
さて、先週クリスマス休暇を利用して旦那さんとふたり、どうしても観たかったナスカの地上絵マチュピチュ遺跡が含まれている、「ペルー・ホリデースペシャル7泊8日〜リマ・パラカス・ナスカ・聖なる谷・マチュピチュ・クスコ〜」ツアーに参加してきました。
d0221584_16321654.jpg

========================
マチュピチュへの旅 その他のブログ
(2)ナスカの地上絵遊覧飛行
(3)クスコ・サクサイワマン遺跡 と ピサック市場
(4)ペルー鉄道 と マチュピチュ遺跡
(5)マチュピチュ遺跡再び と ペルー鉄道のファッションショー
(6)クスコ市内観光
(7)リマ・最後の観光 と ワカプクヤーナ遺跡レストラン 
========================



<1日目>【12月22日(日)】
出発日は 12/22(日)。
朝6時35分 L.A. 発の飛行機に乗るため、ロサンゼルス国際空港に朝5時前に到着。まだ暗いのにさすが眠らない空港、たくさんの人で賑わっていました。それもそのはず、ホリデー・シーズン真っ只中ですから、日中だったらもっと混み合っていることでしょう。

d0221584_14263676.jpg手荷物検査を済ませ、売店のサンドイッチをほおばりながら、飛行機の搭乗時間を待ちます。

程なくして飛行機は定刻通りに出発。今回初めてその場所が解った、エルサルバドルの首都にあるサン・サルバドル国際空港を目指します。直行便ではないのでここでトランジット。ここまでなんと5時間、時差も2時間発生しているので、午後1時半に到着。

次の飛行機を待つこと約1時間。午後3時過ぎの飛行機に乗り、目的地ペルーの首都リマにあるホルヘ・チャベス国際空港へ。約4時間半のフライトを経て到着、しかもまた1時間の時差が発生しているので空港に着いたときにはすでに午後8時半。合計9時間半のフライト、この日は移動だけで終わってしまいました。


旦那さんは子供の頃からナスカの地上絵も大好きで、その絵柄を空でかける位覚えているらしいのですが、それがどこにあるのか、どうやって行くのかまでは解っておらず、まさか L.A.からでもこんなに遠いとは思ってもいませんでした。
(参考mapはこちら


d0221584_14282917.jpg飛行機に乗りっぱなしの1日でだいぶ疲れましたが、そんな私達を癒してくれたのが、ホテルのウエルカム・ドリンク「ピスコ・サワー」。葡萄の焼酎のようなお酒だと、空港に迎えに来てくれたガイドさんが教えてくれましたが、とてもキツイお酒でほぼ下戸の私はクラクラするくらい。旦那さんは美味しそうに飲んでいました。
また、おつまみにある右のコーンは、はじけていないけどポップコーン。香ばしくて美味しいんです。このふたつはこのツアー中頻繁に登場して、美味しいので私達はすっかりファンになりました。


<2日目>【12月23日(月)】
今回のツアーは、アメリカとカナダ在住の日本人が参加。現地集合なので、昨夜の内にバラバラと飛行機で到着。翌朝バスに乗り込んでようやく、総勢18名の初顔合わせとなりました。こんな事は初体験だったので、ちょっと不思議な感じがしました。
さて、南半球のペルーの12月は初夏。この日もよく晴れましたが、長袖でも快適な過ごしやすさ。
そんな中、さあ、いよいよマチュピチュへ出発! ではなく、まずはリマにある「天野博物館」へ向かいます。
今回のツアーの目玉のひとつである「坂根博先生によるペルーセミナーと天野博物館特別見学」です。

d0221584_14311285.jpg天野博物館は
実業家・天野芳太郎(1898~1982年)が、ペルーの首都リマ市に私財を投じて1964年に設立した本格的なアンデス文化に関する考古学博物館です。展示・収蔵品は数万点。日本人が海外でこのような博物館を創設した例はなく、そのユニークな展示方法や解説の仕方とあいまって極めて個性的な文化ポイントとして注目を集めています。
ー天野博物館、公式ホームページよりー



ここは入場無料でボランティアのスタッフによって支えられています。見学するには予約が必要で、多くの場合はそのボランティアの方が館内を案内してくれるそうです。なので今回は坂根(さかね)氏自らの案内という事で、かなり特別な見学と言う事でした。

d0221584_14363078.jpgd0221584_1441530.jpg
ここにはCHANCAY(チャンカイ)文化の展示品が多数あり、坂根博先生(写真右)は創設者・天野芳太郎氏のお孫さん且つ事務局長。ペルー・アンデス文化研究の第一人者でいらして、世界中のあちこちで公演されているとてもお忙しい方なんだそうです。その坂根氏からペルーの文化について様々なお話を伺うことが出来ました。更に、自ら天野博物館を案内して頂き、貴重な土器や織物を見せて頂きましたが、特に織物は、日本のモノと相通ずるものを感じさせる品々が多く、身近に感じるものが多数ありました。


★天野博物館でのお土産★
d0221584_1439388.jpgここにはギフトショップもあります。書籍やニットの帽子などの民芸品など様々な品が多数ありましたが、しっかりとした作りの革製のキーホルダーとコースター、コインケースを購入しました。
ちなみにここの売上の一部は博物館の運営費に充てられているそうです。


さて、そんな貴重な時間を過ごした後は、昼食へ。
d0221584_14402396.jpgシーフード・レストラン「El Senorio de Sulco」で食前酒として登場したのがピスコ・サワー。そしてレモンでマリネした白身魚料理「セビーチェ」。生魚を食べるなんて、やっぱりちょっと日本と似ているなと思ってしまいます。

この食事の時にガイドさんからペルーの様々な野菜を教えて頂きましたが、芋類やトウモロコシ、唐辛子やピーマン、トマトなど普段私達が普通に食べている野菜のほとんどが、このペルーが原産だと知り驚きました。

d0221584_14421430.jpgさらに、この葉っぱ、何だと思いますか? これはコカの葉。ちょっと乾燥していますがフレッシュなものを噛んで、高山病を予防するそうです。この葉を使ったコカ茶も、高山病には良いということで頻繁に飲む機会がありました。ですが、残念ながらこれはコカインの原料になるということで、日本はもちろんアメリカへの持ち込みも禁止されています。と言う事で、現地で味わうのみ。とは言え、私にはただの苦い葉っぱでしかなく、美味しいとは感じられませんでした。


そして、美味しい昼食を済ませたあとは、約4時間のバスの旅。リマから南へ下りパラカスを目指します。
d0221584_1443888.jpgd0221584_14432915.jpg
リマの街並み。右の写真は、バイクを改造したモトタクシー。近い所へ行くのに便利なんだとか。
d0221584_14443925.jpgd0221584_1445024.jpg
街中の銀行はどこも、クリスマスのギフトを買うため、そして給料日ということで、お金をおろす人たちの行列が出来ていました(写真左)。街角のあちこちに自転車に黄色いボックスを付けた、アイスクリーム屋。残念ながら買うチャンスはありませんでした(写真右)。

d0221584_14464883.jpgd0221584_14472048.jpg
リマはサーフィンも盛んなんだとか(写真左)。途中、バスの検査が行われた地点では観光バスが止まる度に、メキシコでも良く見かけた物売りが乗客に飲み物や食べ物をアピール。遠く離れているのに同じような光景を目にしました(写真右)。


d0221584_14492521.jpgd0221584_14495096.jpg
そして、海に夕陽が沈む少し前、パラカスのダブル・ツリーホテルに到着。リゾートホテルなのでゆったりくつろげ、一晩だけなのが惜しいくらい。

さて、どうしてリマからこんなに遠くまでバスでやって来たかというと、明日はなるべく朝早いセスナに乗って「ナスカの地上絵」を観るためです。地上絵は日が高くなるほど見えづらく、上昇気流も発生するのでセスナが揺れやすくなるとのこと。
はてさて、明日はどんな遊覧飛行になるのか、ワクワクです。


次回(2)ナスカの地上絵遊覧飛行 へ続く。

と言う事で、皆様良いお年をお迎えください。


■天野博物館
http://www.museoamano.com/


========================
マチュピチュへの旅 その他のブログ
(2)ナスカの地上絵遊覧飛行
(3)クスコ・サクサイワマン遺跡 と ピサック市場
(4)ペルー鉄道 と マチュピチュ遺跡
(5)マチュピチュ遺跡再び と ペルー鉄道のファッションショー
(6)クスコ市内観光
(7)リマ・最後の観光 と ワカプクヤーナ遺跡レストラン 
========================



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-31 16:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 28日
多彩な KitKat
前回のブログ「日本の美味しかったモノ」に、これらも加えるべきでした。
キットカット・シリーズ

d0221584_8244065.jpgd0221584_824599.jpg
一時帰国した際、久しぶりに会った友人から信州限定の、有名な「根元 八幡屋礒五郎」の一味が入ったキットカットを頂きビックリしました。
最初はあまり感じないのですが、後味にピリッと一味の辛みが舌を刺激して、ちょっとクセになる味でした。


そして日本を発つ直前、様々なキットカットに遭遇しました。それは、成田国際空港内の売店「AKIHABARA」。日本土産を買う最後の砦と言った感じのこのお店では、
d0221584_827017.jpgd0221584_827251.jpg
d0221584_828032.jpg静岡の田丸屋本店のわさび味。
和苺。
東京ラムレーズン。
桜抹茶。

と、ざっと見ただけでも4種類のキットカットを見つけました。

そのうち買ったのは、東京ラムレーズン、和苺と桜抹茶。
ついでにレジにあった、チロルチョコの抹茶パフェにもついつい手が伸びましたf(^_^;。

d0221584_828208.jpg東京ラムレーズンは、ちゃんとお酒の風味があって私好み。今もちびちび大事に食べてます。(注:決してお酒好きではないんですよ。むしろ下戸ですが、ラムレーズン味だけは大好きなのです。)
和苺は、控えめな優しい苺味。アメリカの酸っぱいイチゴを食べ慣れた身としては、日本の甘〜くて香りの高い苺を想像していたので、ちょっと拍子抜け。
桜抹茶は、抹茶の風味を凄く感じますが、桜は???な感じ。でもどちらも美味しかったです。


d0221584_830449.jpgチロルチョコの抹茶パフェは、この小さい中に抹茶と小豆とクリームの風味をちゃんと閉じ込めていました。

と、成田国際空港に着いても、まだまだ食い意地の張った一時帰国なのでした。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-28 10:00 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 25日
日本の美味しかったモノ
いよいよクリスマスですが、我が家はちょっと旅行中のためクリスマス・パーティは無し。先週末の旦那さんの会社のクリスマス・パーティにも都合が付かず行けなかったので、今年はちっともクリスマスらしさを味わうことなく終わってしまいそうです。

なので、クリスマスとは全く関係無く、今月頭の一時帰国時のネタをお届けします。


日本に行ったら、やっぱり美味しい物を食べずにはいられない性分。今回も出来る限り食べたいと意気込んで行きましたが、チャンスが意外と少なかったり、すぐにお腹がいっぱいになってしまったりと、思うほどは食べられませんでした。
そんな中でも印象に残った品々を、備忘録を兼ねてご紹介します。

d0221584_7573789.jpgまずは何と言っても、日本のパンが大好きな私としては日本に着いたその日に、近所のパン屋さんで様々な種類のパンを買い楽しみました。
ところが今回身近な所で、美味しさを再発見したパンがありました。それがこちらの「ランチパック」シリーズ。

以前からその美味しさは知っていましたが、今回その種類の多さ、多様さに驚くと共に、やはりパンが白く柔らかく、し〜っとりしているこの優しい感じが、他では真似の出来ない美味しさだと実感。
特にこの「4種のおいしさ」には、癒しさえ感じました。って、ちょっと大袈裟かな?(笑)。


d0221584_7584737.jpgd0221584_759528.jpg
そして和食の美味しさに触れた、牛すじ煮込みちらし寿司。どちらも旦那さんの会社の方のご自宅にて頂いた、奥様&お母様の手料理。美味しかったです〜(^_^)v。


d0221584_7595578.jpg偶然入った千疋屋フルーツパーラーでは、ちょうど12月から始まったという特別メニュー「ミックスベリーのリングシュー」(池袋西武店限定メニュー¥1,890円)。お値段も良かったですが、盛りつけもお味もGood。幸せでした。


d0221584_8040100.jpgd0221584_81041.jpg
幸せと言えば、旦那さんのお仕事関係で大変お世話になっているSさんに連れて行って頂いた、銀座のお寿司屋さん「すし幸」。目の前で軽快なトークと共に握ってくれるお寿司は、絶品中の絶品。ついついお腹がはち切れそうなくらい頂いてしまいました。


d0221584_82564.jpgd0221584_82341.jpg
そして、アメリカではなかなか出会えない「もんじゃ焼」。今回は旦那さんと食べに行くことが出来ました。
お好み焼きを出す店はL.A.でもいくらか増えてきたようですが、もんじゃ焼きとなるとなかなか。。。。写真はイマイチですが、ホント、美味しかったです♪
デザートで出て来たのは、自家製カボチャのアイスクリーム。日本のカボチャの優しい美味しさを感じました。


d0221584_832991.jpgそうそう、駅前に必ずあると行っても過言ではない「てんや」にも行きました。やっぱり日本に来たら天ぷらは欠かせません。天ぷらならぬ天丼ではありますが、ここならリーズナブルに出来たてが頂けますからね。
運良く冬の新メニュー「海の幸天丼」がスタートしていたので、もちろんこちらを頂きました。見本の写真とは若干違うようにも思いますが、海老が2本も入っているし、半生ホタテが肉厚で美味しかったです。だけどこのホタテ、火の通りが早いようですから、真っ先に食べたほうがより美味しいと思います。


d0221584_84691.jpgそしてアメリカへ発つ直前、成田国際空港へ向かうスカイライナーの中で慌てて食べたのが、テレビCMでとっても気になっていたハーゲンダッツのアイスクリーム「OPRERA—オペラ−」。
そのお値段(¥400)には、目玉が飛び出しそうになりましたが、表面を覆う濃厚なチョコレートはとろ〜っと、していてアイスクリームとベストマッチ。好みの問題でしょうけれど、下層のコーヒー風味のアイスクリームは無くても良いかな。上のアイスクリームとチョコレートだけでも充分な美味しさでした。


d0221584_843846.jpg最後の最後は、和菓子で締めます。伊勢屋の焼団子とずんだ。もっちり柔らかくて「ああ、これが本物のお団子だわ」と、幸せいっぱいで日本を後にする事ができました(^_^)v。

やっぱり日本は美味しいモノ天国だわ♪


ところで、日本滞在中ずーっと思っていたのですが、JRで移動していると止まる駅、降りる駅、どんな駅でも必ず何かしらの美味しい匂いが鼻をくすぐります。
それは時として焼きたてのパンの香りだったり、そばつゆや出汁の匂いだったり、お総菜の匂いだったり。エキナカのお店から香って来ていたと思うのですが、電車に乗る度に美味しい香りの誘惑に負けそうになる日々でした。これ以上日本に居たら、誘惑に負けて益々体重が増えていたことでしょう。くわばらくわばら。


と言う事で、皆様、
Merry Christmas!!

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-25 10:00 | | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 22日
「WALKING WITH DINOSAURS」を3Dで観てきました。
d0221584_14483677.jpg以前香港にいたときに、ライブ・オン・アクションの「WALKING WITH DINOSAURS」を観に行きました。(その時のブログはこちら
今回はその映画版が公開となったので、恐竜大好きな旦那さんと3Dで観てきました。とは言え、ストーリーは全くの別物です。

恐竜のリアルCGの映画と言えば、2000年に公開されたディズニーの映画「ダイナソー」(日本語版では袴田吉彦、江角マキコが吹き替えています)を思い出しましたが、こちらは声と口の動きがマッチしていて、恐竜はキャラクターとしてストーリーが成り立っていました。
ところが、今回の「WALKING WITH DINOSAURS」はどこか中途半端。口の動きとセリフも全くシンクロしていません。心の声の代弁と言った感じ。だって、セリフと被るように恐竜っぽい鳴き声や吠えたりするんです。さらに、そのセリフが目茶苦茶多い。そんな喋らなくても、と思うくらい。なので、リアルなCGでとっても素敵なドキュメンタリー風な絵作りになっているにも関わらず、その良さがちっとも活かされていません。それ故、本来の WALKING WITH DINOSAURS らしさが無くなってしまっていました。(日本語版ではどうなんでしょう?)

ストーリーもどこかで観たようなありきたりなものだし、彼女を取り合って兄弟が張り合うなんて目茶苦茶俗っぽい。そんなあまりにも人間くさいドラマを恐竜に押しつけてるので、むしろ引いてしまいます。恐竜大好きの旦那さんも、がっかり。
上映時間は、1時間27分と短めにもかかわらず、ものすごくなが〜く感じた、残念至極な映画でした。ライブ・オン・アクションはすごくよかったのになぁ。。。。


d0221584_14465325.jpgそれにしてもこのポスター、「今時、このビジュアルはないだろう」とは、旦那さんの弁。
確かにかなり古くさいかも。わざとなのか?(笑)。


■WALKING WITH DINOSAURS
http://www.walkingwithdinosaurs.com/movie/
■ウォーキング with ダイナソー
http://www.foxmovies.jp/wwd/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-22 14:57 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 21日
ツリーは無いけど、オーナメントは欲しいもの
毎年悩むもののやはり買う勇気が出ない、クリスマスツリー
今年も生のもみの木の販売所を横目で見ながら、やはり買わず仕舞いだった我が家です。

ですが、やっぱり欲しくなるのがクリスマス・オーナメント。
d0221584_3321387.jpg毎年様々なオーナメントが登場しますが、今年は以前のブログでもご紹介した、スターバックスのレッドカップ・オーナメントの他に、こちらのブーツのオーナメントにも出会いました。

と言うか、私の好きなウエスタン・カジュアルウェアのお店「BOOT BARN」から届いたカタログに紹介されていて、すっかり虜に。
お店のもくろみ通りカタログに釣られて、先週末買い物に行って来ました。

d0221584_3325460.jpg8個セット$19.99(約2,060円※)と安すめのセットもあったのですが、それはちょっと小さめでチープな感じだったので、写真の高さ約11cm $5.99(約617円※)のブーツを2つ買って来ました。

だけど、折角行ったのでオーナメントだけでなく、やっぱりそれなりにシャツやバッグも見て(ウエスタン・ブーツはさすがに控えましたf(^_^;)、見たらやっぱり欲しくなり、結局シャツを3枚買ってしまい、目的のオーナメントの何倍もの出費となってしまいました。
まあ、自分へのクリスマス・プレゼントと言う事でf(^_^;。

と、ちょっと話はそれましたが、こうして毎年ツリーは無いけれど、オーナメントは少しずつ増えて行くのでした。


それにしてもこのオーナメント、結構重いんですよね。ツリーの枝が折れないか心配になります。

■BOOT BARN
http://www.bootbarn.com/


※$1=103円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-21 11:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 20日
クリスマス前のトイザらスは、品切れ続出?
日本に一時帰国している間にブラック・フライデーも終わり、アメリカではすっかりギフトシーズン。店頭はもちろん、テレビCM(特に自動車のCMが目立ちます)も「さあ、お買い物をしましょう!」的な雰囲気満載です。

d0221584_9134190.jpgL.A.に戻った翌日、早々に行ったトイザらスでは似ても似つかない「FROZEN」の人形が並んでいましたが、先週末にはそのほとんど売り切れに。「FROZEN」自体の人気の高さもあるのでしょうが、やはりクリスマスに向けての需要が高まっているようです。


d0221584_9144446.jpg12月10日に発売になったばかりの「Despicable Me2」のDVDも、その週末にはもうすっからかん。残り2枚となっていました。ああ、早く日本版も発売にならないかしらん。


d0221584_9154239.jpgd0221584_9161017.jpg
d0221584_9163763.jpgd0221584_917250.jpg
12月頭から店頭に並んでいたらしい、POWER RANGERS の新シリーズ「SUPER MEGAFORCE(海賊戦隊ゴウカイジャーのPR版)」の商品も、先週末には随分と少なくなっていて、放映前にも関わらずもう人気があるのかと驚いています。まあ、アメリカの大きいお友達は既に日本の番組のことをよーく知っていますから、新商品が発売になるのを今や遅しと待っていたようです。


d0221584_9181394.jpgさて、新商品と言えば、先週公開となった映画「THE HOBBIT THE DESOLATION OF SMAUG」の LEGO が発売となっていました。
だけど、よーく見ないと前作のモノだったり、「ROAD OF THE RING」だったり。パッケージが見分けが付きにくいので要注意です。
それにしてもこのパッケージ、ネタバレですね(笑)。
d0221584_9184819.jpg


さて、クリスマスまで残すところあと数日。これらのオモチャはどれくらい売れていくのでしょうか。ちょっと気になります。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-20 09:22 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 19日
東京で、はとバスツアーに参加しました。
ちょっと間があきましたが、一時帰国ネタです。

今回の一時帰国で12月の頭に、初めて「はとバスツアー」に参加しました。
以前から母が行きたいと言っていたのでそれに便乗する形でしたが、「はとバスツアー」ってたくさんのコースがあるんですね。ネットで吟味したのですが、既にコース選びからツアーが始まっているような感じでした。

とは言え、人気のコースはやはり既にいっぱいだったり、スケジュールが合わなかったりでなかなか思うようなコースは見つけられませんでしたが、妹がこんなコースを選んでくれました。
とうきょう漫遊記(B)」。

これはゆっくり東京名所を巡る、あまり時間も掛からず値段もお手頃なコース。何度も行った事のある浅草浅草寺や、六本木ヒルズが含まれていましたが、はとバスに乗って眺めたらまた別の顔が見えてくるかも、と妹と3人で参加しました。

ツアー当日、すっかり観光名所となった東京駅の丸の内南口乗り場から合流。ここは、はとバス専用のバス停が幾つも並んでいるんですね。乗るバスを間違えないかちょっと心配になるくらいです。地方から来た観光客らしく、大きな荷物をバスの荷物入れに入れている人も多く、まさに観光のスタート地点です。

観光スポット(1)皇居前広場、二重橋、楠正成像。
d0221584_5505359.jpgd0221584_5511298.jpg
日本に住んでいる時そこそこ近いにも関わらず、なかなか行くことのなかった「皇居前広場」と「二重橋」。テレビでは何度も観ていましたが、その広さに驚きました。二重橋では肝心の橋よりも、手前にある派出所のほうが気になって仕方無かった。。。

d0221584_5515890.jpgd0221584_5521595.jpg
そこから歩いて数分。楠正成像を間近で見学。こんな立派な像があるなんて知りませんでした。


観光スポット(2)六本木ヒルズ。
d0221584_5531775.jpg
d0221584_5533493.jpg
d0221584_5535069.jpg途中、車窓から国会議事堂を眺め、六本木ヒルズの展望台へ。すぐ隣のテレアサショップには行った事があったけど、展望台は初めて。森タワー52Fの展望台「東京シティビュー」。360℃ガラス張りのフロアからは都心が一望出来て壮観でした。やっぱり東京はビルが多いですね。

森美術館にも入れると言うので、10周年記念展の「六本木クロッシング2013: アウト・オブ・ダウト」を鑑賞しましたが、意味不明な作品ばかり。私には難し過ぎたようです。
▲フロアには独創的なクリスマスツリーもありました。夜、ライトアップされたらもっと綺麗だろうなと思います。


昼食ー道灌(どうかん)かがりー
d0221584_5545032.jpgd0221584_555668.jpg
田町駅そばにある和膳「道灌かがり」で昼食。ですが遊覧船の出航時間が迫っているとかで、如何せん時間がない。30分ほどでそそくさと平らげ、あまり味わう事は出来ませんでした。とは言え、用意されていた膳はすっかり冷えていましたので、例え充分な時間があったとしてもさほど味わうことは出来なかったでしょう。


観光スポット(3)隅田川遊覧船。
d0221584_556027.jpg日の出桟橋から写真の船、の後ろに隠れている遊覧船に乗って隅田川を浅草へと上って行きました。
d0221584_5565136.jpgd0221584_557853.jpg
天井はガラス張りになっており、低い橋ばかりの隅田川では橋の裏側が間近によく見えて面白かったです。吾妻橋を越え浅草に近づくと、東京スカイツリーも見えて来ました。

d0221584_558443.jpgd0221584_5582129.jpg
▲ちなみに遊覧船はこちら。さらにスカイツリーと特徴あるアサヒビールタワーとのショットは、この波止場からバッチリ撮れました。


観光スポット(4)浅草観音と仲見世。
d0221584_60222.jpgd0221584_601824.jpg
d0221584_604227.jpg久しぶりの浅草寺。以前に増して観光客が多い事にびっくり。外国人も多く見かけました。以前来たときは、あの提灯が修理中で見られなかったと言う妹。今回は立派な提灯の底まで観る事が出来ました。

仲見世は、平日にもかかわらずなかなかの人出。日本人でも面白いモノがたくさん。外国人にはもっとエキサイティングに映ることでしょう。
d0221584_612395.jpgd0221584_613721.jpg
宝蔵門をくぐり、左手には五重塔。以前は修復中で覆いで隠されていたのですが、今は綺麗になった姿で堂々とそびえていました。

d0221584_624542.jpgd0221584_622612.jpg
▲お水舎(おみずや)の龍神像。その足元の龍がカッコイイ。

d0221584_634485.jpgd0221584_64318.jpg
d0221584_643813.jpgd0221584_642371.jpg
本堂のお参りを済ませてふと東を観ると、そこには東京スカイツリー。黄色く色づいた銀杏と相まったその姿に、時の流れを感じます。


本来ならここでの散策時間は60分。ですが、次は解散場所の東城駅丸の内南口へ戻るだけと言う事なので、ガイドさんに断りを入れ浅草到着時にツアーを離脱していました。なので、時間はたっぷり。

d0221584_653927.jpg新仲見世やさらに仲見世を散策。芋ようかんで有名な「舟和」のお店が多くあるのに気がつきました。芋ようかんやあんこ玉などはどの店でも扱っていましたが、芋ようかんソフトクリームがあるのは、仲見世にある仲見世3号店だけ。芋ようかんが入った「舟月どら焼」も食べたかったけど、残念ながら売り切れ。だけど、ソフトクリームはしっかり食べて来ました。ちゃ〜んとお芋の風味があって美味しかったです♪


d0221584_661922.jpg仲見世の裏通り?、雷門のすぐ左側に新しそうなお店を見つけました。「浅草ラスク」。
のぼりに「テレビ・雑誌でもおなじみ」とありますが、日本では既に有名なお店なのでしょうか? 厳ついはずの風神と雷神がなんとも可愛らしいディフォルメキャラになって、ラスクのパッケージになっていました。こういったモノまでキャラクターにしてしまうなんて、何とも日本らしいですね。


最後は雷おこしをお土産に買って、浅草寺を後にしました。
たまの日本なので、いかにもな場所がなんだか嬉しく思います。それにしても、どこへ行っても人が多いのがちょっと。。。f(^_^;。それさえも日本らしいと言えば日本らしいのでしょうけど。

次は「はとバスツアー」ならではのコースで、真の面白さを体験したいと思うのでした。


■はとバスツアー
http://www.hatobus.co.jp/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-19 06:17 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 17日
「Robo Toy Fest 2013 Dec15」に行って来ました。
d0221584_154330.jpg昨日の日曜日は、Pasadena(パサデナ)のパサデナ・コンベンション・センターで行われた、「Robo Toy Fest(ロボトイ・フェスタ)」に行って来ました。
こちらは5月にも行われた、年に2回あるロボット好きの為のイベント。(前回のブログはこちら

先週随分と冷え込んだ L.A.も、この週末だけはまたもや気温が上昇。特にパサデナは夏暑く冬寒い盆地のような気候なだけに、ひとたび暖かくなると気温はぐんぐん上がって、最高気温は27℃に。日中は暑い位でした。だけど、夜にはぐーんと気温が下がって寒くなるんですから、たまったもんじゃありません。

d0221584_1544742.jpgさてさて、そんなパサデナでのイベント。入口ではこんな愛嬌のあるロボットがお出迎え。
d0221584_1553122.jpgd0221584_1555127.jpg
そして毎度の事ながら、日本のオモチャもたくさん並ぶオモチャ屋さん達がいっぱい。今回は日本のアニメや特撮系の本を取りそろえた本屋さんも出店していました。
d0221584_1561143.jpg
さらに、来年2014年2月に発売になるという新商品「DRAGON DAGGER」の試作品の展示もあって、みんな手に取りそのサウンドに一喜一憂。写真を撮ったりして、発売が待ちきれない様子でした。
ちなみに写真右にあるのは1992年に日本で発売になった「獣奏剣」。アメリカのファンの私物です。こんなに大きさが違うんですね。っていうか、そんな古いモノを、しかも当時日本でも品切れしていた事もあるモノを、どうして海を渡ったここ L.A.のファンが持っているのかとっても不思議です。

d0221584_1591491.jpgd0221584_1593841.jpg
そしてこのイベントの目玉と言えば、このキッズエリアに広げられた、大量のMEGA BLOKS。ここで遊んで作ったブロックは持ち帰り自由。子供も大人も群がって思い思いの作品を作り、そのまま持ち帰っていました。
さらにこのイベントは入場料が無料な上に、入場の際お土産の入った袋ももらえると言うちょー太っ腹なイベント。
それが功を奏しているのか、主催者によると前回よりも入場者数が増えているそうです。地道に成長しているイベントなんですね。

d0221584_15103574.jpg
だけど、毎回コスプレイヤーはとっても少ないのがちょっと寂しいところ。今回は女性版ブラックレンジャーのコスプレイヤーがいました。これからもっと増えてくれるといいのにね。


■Robo Toy Fest(次回は2014年May 4th)
http://robotoyfest.com/
■Brick Boutique
http://brickboutique.com/



★おまけ★
d0221584_15115132.jpgd0221584_15121048.jpg
d0221584_15125371.jpg今回パサデナ・コンベンション・センターのお向かいでは、晴れ渡った青空の下、アンティーク・モールが開催中でした。
石と鉄で出来たアリが、ちょっと不気味ながらも面白かった。
▲モールの中央にはクリスマスツリー。
暑かったからちょっと似合わない感じでした。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-17 15:22 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 15日
「THE HOBBIT THE DESOLATION OF SMAUG」を3Dで観てきました。
d0221584_16305266.jpg12月13日より公開されている「THE HOBBIT」の続編「THE DESOLATION OF SMAUG」を3Dで観てきました。

もちろん1作目はDVDで、しかも日本語吹き替え版でおさらい済み。じゃないとすっかり忘れてましたし、英語のみでは解らなかったポイントも解明しないといけませんからねf(^_^;。
このおさらいも3時間近くあるから、なかなか大変でしたが、今回の第2作も2時間41分という長編でやっぱり、お尻が痛くなっちゃいました(笑)。


今回は「ロード・オブ・ザ・リング」に登場したオーランド・ブルームが、同じエルフのレゴラス役で登場すると言う事でしたので、それも楽しみでしたが、キチンと活躍してくれていてひと安心。

それにしてもドワーフの皆さん、王子のトーリンくらいは解っても、他は相変わらず名前と顔が一致しないf(^_^;。そんな彼らは、なかなかコミカルなアクションシーンを披露してくれます。
そして、エルフ族が登場するせいか、弓使いの多い事。そんなにいたらレゴラスが霞んじゃうじゃない。そのせいかどうか解りませんが、今アメリカのトイザらスやスポーツ・オーソリティでは、弓のオモチャや弓用品の人気が高まっています。

d0221584_1632085.jpgd0221584_16321693.jpg
▲入口では特製の3Dグラスを渡されました。

この先はちょっとだけネタバレ注意Spoiler Alert!









さて、本編の感想はと言うと、肝心の竜登場まで長いです(苦笑)。それだけ苦難の多い旅と言う事でしょうけれど、竜のいる山にたどり着く前に観客のほうが飽きちゃいそうです。実は、冒頭少しして落ちそうに(眠ってしまいそうに)なってしまいました。その後は、様々なアクションシーンも盛りだくさんで落ちるような事はなく、そのアクションも色々と工夫が凝らされていて面白かったです。
もちろん、竜とのやり取りもこれでもか、ってくらいあります。この竜がもの凄く饒舌で、ビルボも負けじと丸め込もうとしているようですが、如何せん私の英語力が足りず今ひとつ内容がわからない。。。f(^_^;。もちろんバトルシーンもありますから、そこでのドワーフたちとの戦いっぷりも見物です。
ただ、竜に出会う前にパーティが3つに分かれしまい、それぞれのストーリーが展開されるので若干とっちらかった感が否めませんが、これを最終作でどう上手くまとめてくれるのか楽しみです。

そーなんです。1作目のような綺麗な終わり方ではなく、今回はパーティが3つに分かれたまま終わっちゃうんですよ—。ああ、こんな状態で1年も待たされるなんて、酷だ〜〜〜!



■THE HOBBIT THE DESOLATION OF SMAUG
http://www.thehobbit.com/

■ホビット:竜に奪われた王国
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitdesolationofsmaug/index.html


d0221584_16332763.jpg



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-15 16:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 13日
顔を作らずにはいられない?
今回の一時帰国で改め感じたのが、日本の食べ物って顔がついているモノが多いな〜、と言う事。

d0221584_8544233.jpgd0221584_855784.jpg
例えば、旦那さんがコンビニで見つけたと言う、「ラーメンまん(坦々風)」。

d0221584_8562278.jpgd0221584_8565126.jpg
それから以前のブログでご紹介した、「J-WORLD」のドラゴンボールZの中華まんシリーズや、エリザベス・プリン。って、ほとんどが中華まんですが f(^_^;。

d0221584_8575941.jpgd0221584_8583124.jpg
東京駅地下街にあるガンダムカフェ東京駅店(また行っちゃいましたf(^_^;)では、「ハロまん」を見つけました。
緑ハロは豚しお味。これ美味しかったです。

d0221584_8594197.jpg「顔」というよりは頭部ですが、店頭にはたくさんのザクとうふとズゴックとうふに、ビグ・ザムとうふまで。
さらに人形焼きまであって、ビックリ。
d0221584_90163.jpgd0221584_905965.jpg


d0221584_92144.jpgそして買っちゃいました、「ハロール ストロベリーロール」限定ハロ小皿付き¥1,890 !! 。
d0221584_924099.jpg
金太郎飴よろしく、切っても切ってもハロの顔。
凍っているので解凍してから頂きますが、少し凍ったままで食べてもアイスクリームっぽくて美味しかったです(^_^)v。

d0221584_934990.jpgd0221584_94202.jpg
さらにザクとうふとズゴックとうふも購入。ズゴックとうふは鍋用なので、土鍋も昆布だしも無かったけど、お鍋のお湯で温めてみました。型から取り出すのが難しい。。。ちょっと崩れちゃった。。。
▲裏面はこんな風になっているなんて、知らなかった。


とまあ、ここまではキャラモノだから、そんなに驚く事じゃないのかも知れませんが、ちまたにも顔は溢れていました。
d0221584_95322.jpg例えば、こちら。デパ地下のケーキ屋さんで見つけた「アニマルデコレーション・ケーキ」。

他にも「え? こんなモノにも顔?」と言う物をたくさん見かけました。
ホント、日本人は何にでも可愛く、しかも立体的に顔を作っちゃうんですね。



■J-WORLD
http://www.namco.co.jp/tp/j-world/
■ガンダムカフェ
http://g-cafe.jp/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-13 09:11 | | Trackback | Comments(0)