2013年 11月 30日
「J-WORLD」に行って来ました。
d0221584_1714420.jpg水曜日に池袋のサンシャインシティ、ナンジャタウンの一部を改装してオープンしたジャンプキャラクター大集合のイベント「J-WORLD」に旦那さんと行って来ました。

そうなんです、実はただ今日本に一時帰国中なのです。
月曜日の夜に日本に到着後、久しぶりの日本を満喫しています。そのひとつがこのイベントだったのですが。。。。

d0221584_1724166.jpgd0221584_1731458.jpg
まずはその入園料の高さにビックリ。
大人1,300円。子供でも1,000円もします。
d0221584_1742990.jpgd0221584_1745133.jpg
d0221584_1754631.jpgd0221584_176754.jpg
「DRAGONBALL スーパーサイヤ人まつり!2013」と言う事で、会場内には悟空のライフサイズスタチューやカプセル型宇宙船や、何故か巨大なスカウターがあったり、キント雲までありました。

こちらは会場限定のガシャポン。
d0221584_177874.jpg

さらにはセル画の展示も。
d0221584_1775575.jpgd0221584_1781888.jpg
いや〜、さすがに古いから、トレス線が色落ちどころが見えなくなってしまっていました。っていうか、セル画が残っていること自体、奇跡かしらん? 
あ! サブタイトルも手書きだったんですね! いや〜、ビックリです。

d0221584_1791254.jpgd0221584_1793812.jpg
d0221584_1710084.jpgもちろん、ほかのジャンプキャラクターのコーナーも盛りだくさん。
とは言え、私の解るキャラはとっても少なくて………。

そしてこちらはフードコーナー「J-WORLD KITCHEN」。
d0221584_17123777.jpgd0221584_1713568.jpg
d0221584_17134639.jpgd0221584_1714418.jpg
ぞれぞれのキャラにちなんだメニューが、少々、いえかなりお高めのお値段で提供されていました。
こんなにお高いなら、せめて入場料はもっと抑えて欲しかったな〜。

私達が選んだのはこちら。
d0221584_17145727.jpgd0221584_17151788.jpg
魔神ブウのチョコレートまんと冷たいひえひえフリーザさま(カスタードまん/各400円)、奥にあるのは「銀魂」のエリザベスプリン(780円!)。
このプリン、みょーな愛らしさに「銀魂」は余り知らないけど買っちゃいました(笑)。
とは言え、その他にはあまりそそられるメニューはありませんでした。

d0221584_1716995.jpg壁面にはこのドラゴンボールだけでなく、トリコのレシピの展示もありました。

d0221584_17164798.jpgd0221584_1717622.jpg
ちなみに J-WORLD KITCHEN とは別に、ワンピースのサンジのレストランがあり、チョッパーの苺アイスなどカワイイメニューがありました。

d0221584_1717502.jpgd0221584_17181190.jpg
そしてこちらがグッズショップ。会場限定のクッキーなどお土産品がいっぱい。


それにしても平日の午後とは言え、人が少なかった。。。親子連れはほぼいないし。。。見かけると言えば、さすが池袋、腐女子二人組とか。。。。。
まあ、全体的にゆる〜い感じで中途半端な感じが否めなかった、超残念な感じでした。

d0221584_1719174.jpgあ、でもトイレの表示はイケてました。
d0221584_17192244.jpg




■J-WORLD
http://www.namco.co.jp/tp/j-world/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-30 17:36 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 28日
我が家にミニオンがやって来た。
d0221584_84772.jpg先週末のトイザらスで彼と遭遇。
等身大トーキング・ミニオン(DM2 JUNBO STUART PLUSH $54.99/約5,500円※)♪

しかも彼、喋るんです。連れて帰らずにはいられませんでした。

d0221584_8484098.jpgd0221584_849181.jpg
左手を握ると笑い声のほか、映画の中で歌っていた子守歌も歌い、しかも目が光ります。もう、らぶりー♪
ちなみに動画はこちら↓。


用もないのについつい彼の手をにぎ、にぎ。彼の声に癒されています(^_^)v。

d0221584_850252.jpgd0221584_8504555.jpg
そして、アメリカのトイザらスには、紫ミニオン(PURPLE MINION)の商品もありました。
彼もそれなりにカワイイんですが、やっぱり黄色ミニオンには敵わないですね。


※$1=約100円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-28 08:51 | ミニオン | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 26日
LONG BEACH COMIC-CON へ行って来ました。
d0221584_20322859.jpg先週の土曜日、LONG BEACH で行われた LONG BEACH COMIC-CON に旦那さんと行って来ました。

d0221584_20332019.jpg会場は LONG BEACH CONVENTION CENTER。街灯にはクリスマスリースが飾られ、すっかりクリスマス色になっていました。

d0221584_20341535.jpgd0221584_20344442.jpg
d0221584_20363089.jpgd0221584_20365117.jpg
そのセンターの前にはナイトライダーのナイト2000(隣に3000も)やミュータント・タートルズのバン、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン、ゴーストバスターズの車やバットマンカーなどがずらりと並び、コミックファンを喜ばせていました。

d0221584_20375864.jpgd0221584_20382999.jpg
そんな車を眺めて会場の中へ。
ここは他のコミコンよりもアーティスト・アリーのエリアが広く感じました。また、知り合いのディーラーの話では、買い物している人が少ないとか。どうやらここのお客さんはニューヨーク・コミコン同様、財布の紐が固いようです。
その代わり、コスプレイヤーはたくさんいましたよ。

d0221584_2039152.jpgd0221584_20393295.jpg
▲遂に歩くことを拒否したアリエル登場。友達が引く台車に乗って微笑んでいました。

d0221584_2042363.jpg
▲シリアスに決めてくれたイケメンのロキ。
だけどこの方、笑顔のほうがロキに似てました。



■Long Beach Comic Con
http://www.longbeachcomiccon.com/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-26 20:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 24日
1週間前倒しの、ターキー・パーティ。
来週木曜日、28日は Thanksgiving Dayサンクスギビング・ディ)です。
昨年は、日本からのお客様も含め7人のゲストをお迎えして、ざっくばらんなターキー・パーティをして(その時のブログはこちらなかなか好評を頂いたので、今年も! と思っていたら、まさかの日本への一時帰国が決定。

と言う事で、今年は約1週間前倒しして、昨日 22日(金)の夜にターキー・パーティを開催しました。
今年の参加者は、旦那さんの会社の独身者たち6名。家族で集まることの多いホリデーシーズン、遠く日本を離れたアメリカで頑張っている彼らに、家庭料理の雰囲気を少しでも味わってもらえたら嬉しいです。

d0221584_5325365.jpgと偉そうな事を言うけれど、所詮私は手抜き主婦。ご大層な手料理なんて振る舞えませんので、今年もこちらの調理済み冷凍ターキー「Oven Ready WHOLE TURKEY」、12ポンド(約5.3kg。充分大きいのですが、売り場にはもっと大きなモノがゴロゴロしています、$29.99(約2,990円※)を購入してきました。

昨年よりも早かったせいなのか品揃えを変えたのか、昨年買った Albertsons では見つけられず、VONS で調達出来た時はホッと胸をなで下ろしました。普通の冷凍ターキーをブライン液に漬けて前の晩から解凍する、なんてやっぱり私にはまだリスクが大きすぎます。あ、事前にチキンで練習しておけばよかったのか。。。時既に遅し。。。

とにかく、これならオーブンで4時間焼くだけだし、グレービーソースも付いているし、味もわかっているから安心なのですf(^_^;。

d0221584_5335633.jpgと言う事で、その他の今年のお買い物はこちら。アルミトレーにドレッシングとチキンブロス、クランベリーソースの缶詰と、去年とあまり変わりませんf(^_^;。

d0221584_5342363.jpgそして直径 26cm もある大きなパンプキンパイを VONS で購入しました。($5.99=約599円※)
隣のコンデジは大きさを比較する為なんですが、役に立ってない?


では、いざ準備に取りかかりましょう。

d0221584_5353015.jpgまずはオーブンを華氏375度(190℃)に予熱して、その間にターキーを袋から取り出し、オーブンバッグに穴を6箇所開けます。
オーブンが温まった所でターキー君をオーブンへ。後はよろしく!
▲この状態ではなんだか解りませんねf(^_^;。とにかく大きくて重いです。

さて、焼き上がるまでに付け合わせを作りましょう。
やはり外せないのがマッシュポテト。ジャガイモの皮を剥いて厚めの輪切りにして、ひたひたのお水を加えて、じっくり茹でます。
柔らか〜くなった所で、お湯を捨てマッシュ。バター、ガーリックソルト、胡椒、牛乳を加えて滑らかになるまでよく混ぜます。柔らか〜く茹でておくと裏ごししなくても、かなり滑らかになりますよ。

そして塩ゆでインゲンと、コールスロー。

さらにこれを忘れてはいけません。スタッフィング。でも、ターキーの中に詰めないタイプなのでドレッシングと言います。たっぷりの溶かしバターの海で粗みじんの玉葱とセロリを炒め、今年はレーズンも加えてみました。そして、ドレッシングの中身(クルトンのようなサイコロ状のカリカリパン)を投入、チキンブロスを加えて好み固さに調整。

d0221584_5362935.jpgしっかり混ざったところで、キャセロールに移し蓋をして、オーブンの下の段へ。上の段ではターキーが調理中ですから、下の引き出しのような方へ。
アメリカのオーブンって、本当にバカデカイのでこういう時は大活躍です。言い換えればこういう事が無いと、なかなか本領を発揮することがないオーブンですf(^_^;。

d0221584_5371359.jpg
▲蓋をして45分、蓋を取って15分。焼き目を付けて出来上がり。



後はテーブルセッティングをしてお客さんをお待ちします。
まずはひと組目到着、先に飲み物で乾杯、二組目到着ドレッシングなどの付け合わせを頂き、そして三組目到着で勢揃い。全員でシャンパンで乾杯した後、ようやく本日の主役、オーブンで4時間焼いてこんがり良い色になり、肉汁もたっぷりになったターキー君の登場で〜す!
Ta-da! じゃーん!
d0221584_538121.jpg
チキンの3倍(?)の大きさに驚いてくれました。
そしてやっぱり、写真を撮ります(^o^)。
d0221584_5382994.jpg旦那さんが包丁で粗くカットした後は、各自トングを使ってむしり取って頂きました。はは(笑)、きちんと切り分けなくて、スミマセンf(^_^;。

そしてやはり、想像よりもジューシーだと喜んでくれました。やっぱりターキーはパサパサ、と言うイメージがあるんですね。

d0221584_539987.jpgd0221584_5392583.jpg
食事と話に夢中になって、危うくデザートのパンプキンパイをオーブンに入れ損ねる所でした。
冷やしても良いらしいですが、30分ほどオーブンで温めてから頂きました。
もちろんバニラアイスとホイップクリームをたっぷり載せて♪ これぞアメリカ流(またの名をデブ一直線)。
今年初参加の唯一の女子は、このホイップクリームがかなり気に入ったようで、全員のパイにぶしゅ〜とクリームを載せてあげていました。でも、ご自分のには載せないんです。さすがお若い女性。ダイエット中なのかしらん?

d0221584_540207.jpg
▲ホイップクリームたっぷりの私のパンプキンパイ。この後アイスクリームを載せたのは言う間でもありませんf(^_^;。


そして更に話に花が咲き、夜遅くまで楽しい時間を過ごしたのでした。


★追記★
今年も残った食材は皆さんにお持ち帰り頂きましたが、それでも残るのがターキーの骨。今年は身もまだまだ付いている感じ。
そこで、この骨をお鍋でひたひたの水と一緒に煮込みました。
夜遅かったので大した時間煮ることは出来ませんでしたが、火は消したもののそのまま鍋の中で一晩放置。
翌日また火を入れてから骨や崩れた身を綺麗に取り除くと、ターキーブロスの完成 ♪ このままスープとしても美味しいですが、色々な料理にも使えるそうです。ターキー君の正に骨の髄までしゃぶり尽くしたパーティーでした。
ちなみに、骨に張り付くように付いていたお肉はほろほろと崩れて美味しそうに見えましたが、すっかりダシが抜けて風味なし。惜しみなく骨と一緒に捨てる事ができました(^_^)v。



※$1=100円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-24 05:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 20日
お豆三兄弟サンタVer. と レッドカップ・オーナメント。
サンクスギビング・ディもまだ終わっていないのに、ちまたにはクリスマス・グッズが溢れて来ました。テレビのニュース番組ですら、ホリデー・シーズンになったと浮き足立っている感じが伝わって来ます。

さて、そんな中私もクリスマス・グッズ系を少し買いました。

一つ目はこれ。
先週末行ったディズニー・ストアで見つけた、お豆三兄弟のクリスマス・バージョン。
d0221584_6221053.jpgd0221584_6222713.jpg
$9.95(約995円※)しかもちょっと大きめ。
日本で買ったキーチェーンの三兄弟と比べてみると、大きさの違いが解ります。
サンタさんの帽子を被って、益々キュート♪ しかもこれまた肌触りが良いんです。
ああ、またちっこいぬいぐるみが増えてしまったf(^_^;。


二つ目はこちら。
スター・バックスのレッドカップ・オーナメント。
d0221584_6233042.jpgd0221584_62353100.jpg
高さ約7センチほどの可愛らしいレッドカップ。$4.95(約495円※)。背面にはドリンクの種類をチェックするボックスまでプリントされている芸の細かさ。
このクリスマス・オーナメントを今回初めて購入したのですが、調べてみると毎年柄違いでシリーズになっているんですね。コレクターの方もいらっしゃるようですし。いや〜、全く知りませんでした。

d0221584_6245047.jpg他にもクリスマス柄のマグカップや、クリスマスブレンドのコーヒーなど、色々なものがあって楽しいですね。

さらに紙袋まで綺麗な柄になっているので、ついつい余計なモノまで買ってしまいそうですf(^_^;。


※$1=100円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-20 06:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 18日
「FREE BIRDS」を観てきました。
今月末の Thanksgiving Dayサンクスギビング・ディ/感謝祭の日)を前に、七面鳥が主人公のCGアニメ「FREE BIRDS(フリーバーズ)」を観てきました。

d0221584_546524.jpg
日本では馴染みの薄いサンクスギビング・ディをテーマにしているので、恐らく日本での公開は無いのではないかと思われる映画です。
まず、サンクスギビング・ディとは?、と言う所から説明しないといけませんからね。

とにかく、日本のお正月の様に親戚が集まって、大きな七面鳥の丸焼き、ロースト・ターキーを食しながら秋の収穫を祝う日なのですが、主人公のターキーのレジー(Reggie)も、食べられる為に飼育されている七面鳥の一羽。ちょっと変わり者ではありますが。それがひょんな事から大統領の幼い娘に気に入られ、恩赦を受けるターキーに選ばれしばらく悠々自適な生活を送り、ピザの美味しさに目覚めます。
(毎年大統領が二羽のターキーを虐殺の運命から恩赦する、という行事がホワイトハウスであるそうです。そー言えばそんなニュースをテレビで見たかも。)

安穏と暮らすレジーの前に、サンクスギビング・ディの食卓からターキーを無くそうと奮闘するターキー、ジェイク(Jake)が突然現れ、タイムマシーンを奪って二人(二羽?)で初めてサンクスギビング・ディが祝われた1621年(たぶん)へと旅立ちます。


予告編を見たときは面白いテーマだし、何より日本人に馴染みの無いサンクスギビング・ディについて起源などが解ったりするのかな? と期待していました。
ところが、いざ観てみると、過去に行ったところでどうして感謝祭にターキーを食べるようになったのか、なんてことは描かれておらず(セリフの中にはあったのかも知れません)、とにかく人相の悪い男達がひたすらターキーを追い掛け、それを一族一丸となって必至に逃げ、カワイイ雛たちに未来を託している原住民的なターキー達の姿が描かれています。まあ、ターキー目線なので、人間は悪者ですよね。

だからと言って、ターキーがかわいそう。。。とまでは気持ちを持っていくことは出来ず。ターキーが身近じゃないし、それ故にその生態もよくわからない、って言うかローストされる前の姿ってどんなんだっけ? のレベルですから、このキャラクター達が果たしてターキーらしいのかどうかもわからない。

d0221584_5485466.jpgジェイクに至っては筋肉もりもりで、鷹とかの猛禽類に見えてきちゃうし。
(←ジェイクと雛たち。丸っこい雛たちはとてもかわいいけど、もはやターキーには見えません。)


さらに、ストーリーはタイムマシーンで過去と未来を行ったり来たり。しかも、幼いジェイクにお告げをしたグレート・ターキーは、実はタイムマシーンに乗ったレジーだったとか、ああ、やっぱりね的なオチがあちこちにあるし、時間を行き来する故の矛盾も今ひとつ解消されないし。。。。なんとも釈然としない映画でした。


さらにラストをネタバレしちゃうと、ターキーの代わりに未来から持って来たピザをその時代の人間に食べさせ、一件落着。と言う何とも強引な幕引き。

あまり聞いたことのない制作会社でしたが、CGアニメの技術とかは大手にひけは取らないイイ感じだっただけに、なんだこの脚本? ってな感じで、残念な映画でした。
サンクスギビング・ディがどうこうと言う前に、このストーリーじゃ日本では公開してもらえないでしょうね。



■Free Birds
http://www.freebirdsmovie.com/




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-18 05:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 16日
バナナとホイップクリームと来たら、やっぱりバナナサンデー?
ときどき Walmart で買い物をします。大抵はトイレットペーパーとか洗剤とかの日用品、やっぱり安いと思うので。
なので、あまり食料品は買わないのですが、先週末は Reddi wip(ワッフルに付けているホイップクリーム)がゲロ安だったので2本、そして私のおやつ代わりのバナナ、更にやっと見つけたプリン! Raymundo's の「Caramel Flan」を買いました。

d0221584_915763.jpgd0221584_9152367.jpg
フランが私の求めている「プリン」に近いモノだとやっと気がつき、最近のお気に入りです。
それにしてもこのパッケージ、日本では考えられないアップサイド・ダウン、上下てんこしゃんこ、ひっくり返ってます。
盛りつけた状態が想像しやすいから、これのほうがいいのかしらん? しかしカラメルシロップが漏れ出しはしないかと、ちょっと心配になるパッケージングです。
案の定、蓋を開けようとアルミの端を持つとちょっとべたつく感じが。。。でも、漏れてはいないですf(^_^;。

とまあ、こんな買い物をしたんですが、本題はこれからです。
これらの会計をするとき、いつもはセルフレジを使っているのですが、今回は商品点数もそこそこ多かったので、普通の店員さんがいるレジに並びました。
前のお客さんはアジア系のおばちゃんでお財布からお金を出している所だったので、すぐに順番が来るかなと、思っていました。

ところが、このおばちゃん、小銭を細かくジャラジャラ出した挙げ句、お札はなんと$100札
日本なら1万円札と言ったところですが、日本で1万円札を使うのと、アメリカで$100札を使うのでは、その手間がだいぶ違います。

まず、店員はその$100札を光にかざして透かしをチェック、場所によっては偽札を判別するための専用のペンで、シュッと書き込んだりもします。
今回もメキシコ系のオジサン店員が、光にかざして透かしをチェック、ペンでのチェックこそありませんでしたが、お釣りの紙幣を1枚1枚お客さんと確認しながら数えます。
よーするに、少額の買い物で$100札を使うのは非常にスマートではないんですね。ましてや、アメリカはカード社会ですから、大抵のレジではカードをスワイプする機械が設置されていて、自分でカードをスワイプして暗証番号を入力、もしくは画面にサインをして終了です。

と言うわけで、早くに終わるかと思った前の人が結構手間取り、私達は黙って待つのみ(旦那さんは相当イライラしてましたけどf(^_^;)。しかもレジ係のオジサンも笑顔を見せることなく黙々と作業するので、なんだか重ーい空気になって、私達の順番が来ました。

トイレットペーパーやコンディショナーの他に、先ほどのバナナホイップクリームが次々とスキャンされ、いざ支払となったらオジサン、先ほどとは一転。

バナナホイップクリームだけ? アイスクリームは買わないのかい?」

なんて、笑いながら話し掛けて来るから、ビックリ!
愛想のないオジサンだと思っていたら、そうじゃなかった。やっぱりアメリカの店員さんはこうでなくっちゃ!

バナナホイップクリーム、それにフランまであったら、バナナサンデーでも連想したんでしょうね。そこにはアイスクリームは欠かせませんから(^_^)v。
だけど、悲しいかな。そんな素敵な会話を振ってくれたのに、私達夫婦はなんて答えて良いのか解らず、一緒になって笑うだけ。

帰りの車の中で、旦那さんとこんな時にはどう答えるのがいいのか、喧々ガクガク。
アイスクリームじゃなくて、このコンディショナーが良いんだよ」
と、ジョークで答えるのがいいのか、
アイスクリームは家にあるのさ」
と真面目に答えるのがいいのか。

いずれにしても、頭の中で日本語で考えてからそれを英語にしなくてはならず、さらにその英語が間違っていたら?とか、発音が通じなかったら?、と考えてしまい、素敵な会話へのハードルはとってもとっても高いと感じるのでした。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-16 09:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 14日
思わぬ夏の忘れ物。Bonus Day of Summer
昨日の天気予報はむなしく外れて、厚い雲が太陽を遮り一日中気温が上がらず、肌寒い一日でした。ああ、ここL.A.も冬に近づいているな〜、なんて実感したのに、今日は一転。
昨日の天気予報がずれ込んだように、朝から晴天、眩しい陽射しが降り注いでいます。しかも、気温が30℃越えになる予報。季節外れの夏日がやって来ました。

テレビのニュースでは「Bonus Day of Summer をエンジョイしましょう」的な事を言って喜んでいました。
d0221584_4542397.jpg
ちなみにこれが朝9時頃(西海岸時間)現在の気温分布。ちなみに華氏です。(画像はhttp://ktla.com/より)
アメリカ全体としては気温が低く、所によっては雪も降っているというのに、ここL.A.のまわりやフロリダの一部だけが気温が高くなっています。
しかも、お隣アリゾナの気温は華氏73度、摂氏にしたら約23℃。まだ朝の9時なのにこの気温。さて、どこまで上がるのでしょうか。

d0221584_4553510.jpg
そして、ここL.A.も現在お昼少し前ですが(あ、upしている間にお昼になっちゃった)、31℃を超えました。どうやらこれはブレイキング・レコードらしいです。
まったく、秋はどこへ行っちゃったんでしょうね。
(画像はhttp://www.wunderground.com/より)

とは言え、夜には14℃くらいまで下がるようですから、この日較差の激しさには、一日の中で上着を代えるなど対策を余儀なくされています。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-14 05:04 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 13日
ENDER'S GAME を観てきました。
d0221584_616338.jpg先週の日曜日、「ENDER'S GAME(邦題:エンダーのゲーム)」を観てきました。

IMAX での上映もありましたが、今回はフツーの2Dでの鑑賞。
SF小説が原作で、主役は「HUGO(邦題:ヒューゴの不思議な発明)」のエイサ・バターフィールド。あのときは女の子のように綺麗な子だと思っていましたので、まさか同じ子だとは思いませんでした。

しかも、タイトルにある「ENDER」が彼の名前だったなんて。。。てっきり、“エンド”をもじって「最終戦争」的なタイトルなのかと勘違いしておりましたf(^_^;。
まあ、内容的には最終決戦だったわけですから、あながち間違ってもいなかったのかな?

それにしても、いくら生まれた時からの天才とは言え、あんなに若いまだ子供と言える彼らに地球の運命を委ねるしかないなんて、オヤジどもはどれだけ腑抜けなんだ、って気もします。
しかも、エイサ君、随分と男の子っぽくなったな〜とは言え、やはりまだまだ少年なので線の細さが気になりました。何よりシャワーシーンはありえねぇ、って感じ。もうちょっと身体が出来てからにしましょう。

そして顔中刺青の上官・メイザー・ラックハムが、「アイアンマン3」でマンダリンを演じたベン・キングズレーだと見始めてから気付き、それからは彼の演技とマンダリンが重なってしまって、なんだか不思議な気持ちに。更に調べて見ると、「ヒューゴ」でエイサと共演してたことも知ってビックリ。

と、ちょっと気が散ることもありましたが、基本的にはエンダーがバトル・スクール内で成長していく物語で、スクール内でチームごとにマークを持ち順位を競ったりするシーンは、まさに「ハリ・ポタ」のホグワーツのよう。
しかも驚異的な速さでエンダーは成長していくので、ハリーのように「まあ、すっかり大人になったのね」な感じになる前に重責を担うわけです。しかも「僕は戦いたくない」ってエヴァのシンジ的発言。
原作小説が「エヴァンゲリオン」に影響を与えていると言う事も聞きましたが、エヴァンゲリオンについて行けなかった身としては、ちょっと引いてしまう部分も若干ありました。それ故に、エヴァ好きの人が観たらもっと感動出来るのかも知れないな、と思うのでした。

d0221584_6175085.jpg


■ENDER'S GAME
http://endersgamemovie.tumblr.com/

■エンダーのゲーム
http://disney-studio.jp/movies/ender/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-13 06:26 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 12日
Designer Con 2013 に行って来ました。
今日はVeterans Day。退役軍人さんに感謝する日です。
朝のニュースでは、オバマ大統領が戦没者のお墓(Tomb of the Unknowns/無名戦士の墓)に花輪を捧げいてるところがライブ中継されていましたが、カレンダーでは祝日になっていても、会社も学校も役所までも普通にやっているみたいです。
そして旦那さんも普通に出勤していきました。

d0221584_4333028.jpgさて、その旦那さんと先週末(Nov 9th&10th)、Pasadena Convention Center で開催された「Designer Con 2013デザイナー・コン/D-con)」へ行って来ました。
d0221584_4342611.jpgd0221584_434539.jpg
d0221584_4352982.jpgオモチャ、アパレル、コスチュームのアーティストが集まるコンベンションで、版権モノのキャラクターは少ないと言う事でしたが、全く無い訳ではないのがちょっと不思議なところ。
▲コスプレも少ない中、
こんなナイス・アイディアのアリエルに出会いました。


d0221584_4362897.jpgd0221584_4364826.jpg
d0221584_437518.jpg主流はオリジナルのデザイン&キャラクターなので、普段あまり目にする事の無いものがいっぱい。
▲ LEGO コーナーでは、めちゃめちゃ見慣れたこんなモノがありましたf(^_^;。


d0221584_439961.jpgd0221584_4393436.jpg
d0221584_4401432.jpgd0221584_4403320.jpg
d0221584_4405135.jpgd0221584_441955.jpg
全くのオリジナルから、既存のキャラクターをもじったものなど多岐に渡り、デザイナーの個性をふんだんに取り入れていましたが、往々にして目に付いたのが、日本発進かと思わせるような「カワイイ」キャラクターたち。
女性比率も高いようで、手作りのぬいぐるみや洋服、アクセサリーも目立ちました。
今まで行ったコンベンションで見た「カワイイ」ものは、大抵日本のキャラものが多かったのですが、ここではアメリカ生まれの「カワイイ」がたくさん。このまま浸透すれば、日本のお家芸と思われていた「カワイイ」キャラは、いつの間にやら「アメリカ生まれ」が主流になってしまうのでは? と若干心配になるくらいでした。

d0221584_4425336.jpgd0221584_4431826.jpg
もちろん、アメリカらしくゾンビ系もたくさん。そんな中でもカワイイ感じのフォルムのものを多々見かけましたから、日本もうかうかしていられないですね。

d0221584_445269.jpgd0221584_4452481.jpg
▲こちらのスタチューは入場した際に見かけたときは、まだ赤いパンツを縫ってもらっている最中でしたが(写真左)、帰り際には右の写真のように立派な角が着けられていました。完成形はどうなるのかしら?


d0221584_4461426.jpgそんな中、旦那さんの心を射止めたのがこちらの
「HUMAN TREE ROBOT」。

ひと目見るなりその世界に魅了され、まずはイラストを購入。帰り際に再度立ち寄り、$200(約19,800円※)もするスタチューまで購入するほどの一目惚れっぷり。

ロボットと言う名が付いていますが、シンプルなデザインでどことなく哀愁や人間っぽい暖かさを感じるデザインです。

今回はいつものオタクイベントとは、ほんのちょっと違ったモノが見られて面白かったです。


■DesignerCon 2013
http://www.designercon.com/

■HumanTreeRobot
http://humantreerobot.com/

※$1=99円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-12 04:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)