<   2013年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
2013年 09月 30日
「CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS 2」を観てきました。
d0221584_11475095.jpg前作の「くもりときどきミートボール」は2009年9月に公開されたので、私も日本で観たはず。。。なんですけどあんまり覚えていなくて、アメリカに引っ越して来てから、テレビ放映されたのを偶然2回ほど観てすっかり内容を思い出した、という程度でした。

しかしアメリカでは既にテレビ放映も2回以上しているわけで、元々の原作絵本もたーくさん売れているそうなので、「2」が製作&公開されたのは、当然と言えば当然のこと。
だけど、実際にこの「2」を観に行くまでは、その人気の程は今ひとつピンと来ていませんでした。

そして公開2日目の昨日、旦那さんと映画館へ行くと、チケット売り場の前は親子連れの行列。まさか全員が「CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS 2」のお客さん? と、いぶかっていたら、チケットを購入した親子連れはことごとく、↓ このブレスレットをもらっている。

d0221584_11481578.jpgそうなんです、今回 AMC ではこの「2」のお子様用チケットを購入すると、このブレスレット(全3種)が付いてくるキャンペーン中。
▲大人二人でしたが、チケット売り場のお姉さんがくれました。
ラッキー♪ もう一種類は猿のスティーブ。


と言う訳で、買おうと思っていた3時40分の回は目の前で、SOLD OUT。がーーーーん(;゚Д゚i|!)。
仕方なく予定変更。2回飛ばして6時15分のチケットを購入して、先に買い物を済ませることにしました。

そして改めて映画館に入ると、すでに客席は親子連れでいっぱい。それでも、運良く中央寄りの席が確保出来ました(こちらの映画館は座席指定ではないんです)。
さらに映画が始まるギリギリまで、お客さんが次々と入って来て、久しぶりにほぼ満席状態。このアニメの人気を目の当たりにしました。

映画の内容は、やはりちょっと低年齢層向け。そのせいでしょうか、3D上映もあったんですが一日に3回のみ。それに対して2Dは14回! だけど、上記の通りの盛況ぶり。小さい子供に見せるには3Dグラスは邪魔ですもんね。

映像はカラフルだし、チーズバーガーが蜘蛛になったチーズ・スパイダー、タコスの恐竜みたいなワニのタコダイル、バターのカエルやトーストのクラゲなど、フード・アニマルもとても可愛らしくファンタジーな世界が広がります。
そこかしこで展開される小さなギャグにも、子供たちは反応してとても喜んでいました。
確かに英語理解力の低い私でも楽しめる映画でした。

だけど、見終わった旦那さんは、
「子供たちが食べ物で遊ぶようになったら困るな」とか、
「食べ物を食べるのを嫌がったりしないかな」
と、危惧していました。
確かに、この国は日本と違って、テレビ番組中での食べ物の扱いがぞんざいで、人にぶつけたり、ムダにしたりするシーンが目に付きます。それに拍車を掛けないかと、旦那さんは心配のようです。

映画は楽しかったですが、日本のように「もったいない」とか「残さず食べる」と言ったことも盛り込まれていたら、もっと良かったかも知れませんね。



■CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS 2
http://www.sonypictures.com/movies/cloudywithachanceofmeatballs2/
■くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密
http://www.ta-be-no-ko-si.jp/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-30 11:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 28日
日本のミニオン・グッズ。
先日、出張で日本へ行っていた旦那さんが、たくさんのお土産を持って帰って来ました。
中でも一番の楽しみだったのは、こちらの日本のミニオン・グッズ
d0221584_7104057.jpg
日本でも先週末から映画が公開になり、劇場専用グッズを始め、たくさんのミニオン・グッズが発売中だとか。もちろん日本でも大人気だそうで、売り切れ続出。
そんな中、色々と買い集めてくれました。

d0221584_7115348.jpgさすが日本。劇場販売品が豊富ですね〜。
上の写真は、左からコップ(420円)、MOVIX のフィギュア付きオリジナル・ドリンクカップ・セット(700円)、ステッカー2種(各399円)、マグカップ(1,350円)、写真手前はパフレット(600円)とミニクリアファイルセット(350円)。他にもまだまだあるようですが、残念ながら売り切れだったそうです。


d0221584_7122124.jpgd0221584_7123972.jpg
d0221584_7125668.jpgd0221584_7131917.jpg
それにしても、映画館ではPOPが凄かったようですね。
一緒に写真が撮れる看板に、巨大ゴーグル。ショッピングモールの通路には大きな垂れ幕。そして駅のホームの看板もこの通り。
旦那さんの話ではこの看板を見た子供は、誰もが「ビードービードー」と口にしていたと。日本の子供もアメリカの子供も、一緒なんですね(^_^)b。
至る所にミニオン。
いいな〜、街を歩くだけで楽しくなりそうー(^o^)/。


d0221584_71447.jpgこちらは日本のマクドナルドのハッピーセットのオモチャ。
ディスプレイケースが、ミニオンの顔になっているのも、可愛いですね!

d0221584_7144122.jpgd0221584_7145779.jpg
バナナを引っ張ると声が出る写真左の子はアメリカと同じみたいですが、スケボーに乗った子はアメリカには無かったぞ。
そして今週末からは第2弾が始まっているとか。いいな〜。
d0221584_7154461.jpg
▲ちなみにこちらが、アメリカでのラインナップ。アメリカのハッピーミールのミニオンのブログはこちらでどうぞ。
d0221584_7164299.jpg
▲私が入手出来たものは日米合わせても、これだけ。なかなかコンプリは難しいです。

d0221584_7172514.jpgこちらはガチャポンのミニオンストラップ(各200円)。
高さ3.5センチほどのミニオンが、全5種。そのうちデイブ、トム、スチュアートの3つをゲット。
どれも可愛いんだけど、黄色い部分が汚れやすいのが玉に瑕。


日本でミニオンが定着してくれたら、アメリカよりもずーっとかわいいグッズが、これまで以上に次々と発売されそう。
ミニオン、頑張れ!


◆アメリカで発売された、ミニオンのオモチャについてのブログはこちらをどうぞ。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-28 07:24 | ミニオン | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 25日
トレ・ジョのバッグ 新しい柄、ありました。
ウチの旦那さん、先週半ばから出張で日本に行ってます。
とーぜん私は留守番なんですが、出発前に一緒にお土産を探しに行きました。

まあ、お土産と言ってもそう大した物は買いません。ほんの手土産程度ですから、PatyCity やトイザらスでオモシログッズやオモチャを買うくらい。ですが、ウチから一番近い PatyCity の隣には TRADER JOE'S(トレーダー・ジョーズ/www.traderjoes.com)があるので、お土産そっちのけで久しぶりに寄ってみました。

そこで、見つけたのがエコバッグの新作。
と言っても、久しく来ていなかったので、いつ登場していたのかは定かではありません。

d0221584_1472315.jpgこちらの麻のタイプ、JUTE BAG(ジュート・バッグ)は、以前にも見た気がするので新作ではないかも。少々小振りです。($3.99=約399円※)

d0221584_148099.jpgですが、こちらのコットン製は初見の VINTAGE COOKWARE(ビンテージ・クックウエア)柄。昨年買った黒いタイプブログはこちらとサイズはほぼ同じですが、アンティーク調の柄がトレーダー・ジョーっぽくて、可愛いです。($2.99=約299円※)

d0221584_148446.jpg両者を比較するとこんな感じ。


前に買ったものがまだ充分使えるのに、また買ってしまった。。。エコバッグの意味がないような。。。だって、可愛かったんだもん。


※$1=100円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-25 01:53 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 24日
スーツケースが開けられていた!?
ブログもようやくアップし終えた、今回のサンフランシスコ観光ブログはこちら
実は最後にオチが付いていました。

最終日、観光を終えサンフランシスコ空港を飛び立ち、ロサンゼルス空港に到着。タクシーで無事に帰宅し、やれやれと思い、旅行中に溜まった洗濯物でも洗おうとスーツケースを開け、荷物を引っかき回していると、見慣れない紙切れがピラ〜〜〜〜ン。

d0221584_222270.jpg
ん?ん?ん? こんな物、入れた覚えはないぞ。

んーーーーーーーーー?(←英語を解読するのに、時間が掛かる)



ええーーーー!!!(←やっと何となく理解)


これ、不審物があるようなのでスーツケースを開けたので、もし鍵が壊れたり、クレームがあるなら連絡ください。というサンフランシスコ空港のセキュリティ会社 Covenant Aviation Security(CAS)からの通知でした。

香港時代から国際線を中心に結構な回数、って言うほどでもないですけど、そこそこ飛行機に乗りましたが、こんな事は初めて! ビックリ(◎o◎)です。


d0221584_2232992.jpg
幸い新しいスーツケースで TSA 錠付きなので、鍵を壊されると言う事もなく、しかもざっと見た限り無くなっている物も無いようでしたので、ひと安心。
▲スーツケースの持ち主である私が使うのは、
ダイヤル式のほうのみ。
その下の鍵穴が TSA 錠で、持ち主にその鍵はありません。
空港のセキュリティが持っている、と言う事です。


一体何が“不審物”と判断されたのか、未だに謎です。それともサンフランシスコ空港のセキュリティが厳しいのでしょうか? 

いずれにしても、こんなことなら洗濯物をもっと綺麗に包んでおけばよかった(;´Д`)。帰って洗濯するだけ、なんて思っていい加減にスーツケースのあっちこっちに、それこそお土産の割れ物のクッション代わりに詰め込んでいたから、これらを見られたかと思うと、恥ずかしいったらありゃしない (/ω\) 。

どーせ開けるなら、行きの飛行機でお願いします。

皆さんも油断禁物、明日は我が身。お気を付け遊ばせ。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-24 02:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 23日
サンフランシスコ観光3日目(2) ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム
スミマセンf(^_^;、まだ終わってません、今月頭に行ったサンフランシスコ観光ブログ。その最終日の続きです。


これまでのサンフランシスコ観光はこちら ↓ でどうぞ。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダー
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


【Sep 4th Wednesday -2-】

遂に迎えたサンフランシスコ観光、最終日。
名物のケーブルカーにも乗って、美味しいクラムチャウダーも食べて、最後に向かったのは「WALT DISNEY FAMILY MUSEUM」。
そこは、ゴールデン・ゲート・ブリッジのたもとに広がるプレシディオの、米国陸軍基地跡地にありました。ギラデリ・スクエアから少し西へ行った所です。

当初この博物館のことは全く知らなくて、ホテルのロビー等にある観光スポットのクーポン券付きチラシラックの中で、この「WALT DISNEY FAMILY MUSEUM」を見つけて知りました。だから、全くの予備知識無しの訪問。

ところが、行って良かった! 
旦那さんは「ファミリー向け」の博物館だと勝手に思い込んでいたようですが、実はウォルト・ディズニー家(ファミリー)、そしてディズニー・スタジオに関する博物館だったんです。それを知ったのは、もちろん中に入ってからのこと。

d0221584_2353333.jpgd0221584_2355493.jpg
緑の芝生と赤い壁と屋根のコントラストが鮮やかな一画。その建物のひとつがウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムになっています。
中に入ると、ゆったりとしたロビーにチケット売り場。とても落ち着いた雰囲気です。(入館料は$20 =1,980円※)

d0221584_236533.jpgたくさんのアカデミー賞の金の像などが並ぶショーケースを眺めながら、奥へと進むと、ウォルト・ディズニーが生まれた頃の時代へとタイムスリップ。
彼の成長の過程が展示されていて、一瞬、あれ? ちょっと思っていたのと違うかも?と懸念がよぎりましたが、エレベーターで2階へ上がると、そこには見慣れたミッキーマウスがいました。と、言っても、“見慣れた”いつものミッキーとはちょっと違います。なぜならそれは、生み出されたばかりの姿だったから。
薄い鉛筆画なので、少々解りづらいですが、黒い大きな耳にしっぽ。紛れもなくミッキー・マウスです。

d0221584_2373053.jpg昔のミッキー関連商品の展示もありましたが、何より興味を惹かれたのは、ディズニーアニメを生み出して来た、ディズニー・スタジオの当時の様子が分かる展示。

d0221584_238378.jpgアニメーター達が動画を描いている写真を見ると、日本と同じで、天下のディズニー・スタジオも昔は机をくっつけて一心に絵を描いていたんだと思うと、感慨深くなりました。

d0221584_2383036.jpgd0221584_2384992.jpg
d0221584_2392470.jpgd0221584_2394599.jpg
d0221584_2402180.jpgd0221584_2412042.jpg
d0221584_2413828.jpgとても貴重な当時の設定画やセル画もたくさん展示されいて、まさにお宝の山。
絵本の原稿もありました。

d0221584_2422668.jpgそれらの絵を描くアニメーター達は、本物の動物を間近に見て観察して勉強していたんですね。
ウォルトはアニメーターを育てることも早い内から取り組んでいたと思うと、本当に立派な方だとリスペクト。

d0221584_24310100.jpgこちらのカラフルな瓶は、アニメのセル画用顔料。これもまた懐かしい。日本と同じです。

d0221584_2433576.jpg驚いたのは、こちらのセル画。
タップの穴が日本とは逆の用紙の下側というのは以前から知っていましたが、ミッキーが見ている譜面。これだけの別セルがあると言う事。こんな細かい技を使っていたなんてビックリです。

d0221584_2443491.jpgそしてこちらがマルチプレーン・カメラ。これで撮影すると画面に奥行きが出るんですよね。当時の最新技術です。それにしても大きな機械です。

d0221584_2454826.jpgちょっと異質なこれらのポスターは、戦時中のもの。政治色濃いイラストを描かされるのは、当時としては仕方の無いことですが、それだけに戦争はあってはいけないとも感じさせるイラストです。


d0221584_2462683.jpgウォルト・ディズニーの偉業の中でも忘れてならないもののひとつが、ディズニー・ランドです。
こちらはそのディズニー・ランドに関するコーナー。
d0221584_247137.jpg
螺旋状の通路を降りていくと、そこにはよく知っているディズニー・ランドの模型がありましたが、よーーく見ると、カリフォルニアともフロリダとも、東京ともなんだか微妙に違います。

d0221584_2473546.jpgd0221584_2475723.jpg
d0221584_2481753.jpgこれはウォルトが思い描いたディズニー・ランド。
これから造ろうとしているディズニー・ランドの模型なんだそうです。
それを聞いて、「アイアンマン2」でトニー・スタークの父・ハワード・スタークが計画した、スターク・エキスポの模型を思い出してしまいました(笑)。


そして最後はやっぱりギフトショップ。
d0221584_249141.jpgキーホルダーやピンズ。絵筆型のボールペン、七分袖のTシャツ。なぜか、ゾウのぬいぐるみ付きタオルを購入。
d0221584_2494784.jpgキーホルダーには、開園当時のディズニー・ランドのクーポンをモチーフにしたチャーム。若い方は知らないかな? 昔は東京ディズニーランドもクーポン制だったんですよ。数種類のクーポンがセットになっていて、乗りたいアトラクションに応じたクーポンを使うんですが、これをどう使うかもディズニー・ランドの楽しみ方のひとつでした。
いや〜、懐かしい(^o^)。

ちなみに、上の写真左上のチラシが、今回このミュージアムを知るきっかけになった、$3引きクーポン付きチラシ。こういう情報があるから、ホテル等のチラシラックは豆にチェックしたいですね。

d0221584_251028.jpgウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムでは、この常設展の他に、この時は CAMILLE ROSE GARCIA(カミーユ・ローズ・ガルシア)の絵画展「Down the Rabbit Hole」(11月3日まで)も行われていました。
個性的な彼女のイラスト、知らなくて行きませんでしたが人気だそうですね。

d0221584_2513620.jpgそしてもうひとつ、別棟では「バンビ」の背景などを手掛けた、TYRUS WONG の絵画展「Water to Paper, Paint To Sky」を来年2月まで開催中。
こちらは見てきました。あの時代のディズニーアニメに、アジア人が水墨画のような味わいを持たせていたなんて、思いもしませんでした。
(どちらも最初の入館料に含まれています)

なんとも勉強になる博物館でした。

そして3日間のサンフランシスコ観光もこれで終わり。
朝から晩まで動き回る観光旅行は、普段引きこもっている私にはかなりのハードワークですが、とても楽しい旅でした。
まだまだ他にも観たい所がいっぱいあったので、また来たいと思うのでした。


最後に今回手に入れたペニープレスをご紹介。
d0221584_2555756.jpgさすが観光地。フィッシャーマンズ・ワーフ界隈のギフトショップの店頭にも、それ以外でも、様々な種類のペニープレス機がありました。あまりに多くてとても全部は出来ず、気に入ったこの4個のみとなりました。


今回も長文を最後までお読みくださり、またダラダラと続いた旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。



■WALT DISNEY FAMILY MUSEUM
waltdisney.org

■THE ART OF TYRUS WONG
http://www.waltdisney.org/wong

■CAMILLE ROSE GARCIA
http://www.camillerosegarcia.com/

参照MAPはこちら。
http://goo.gl/maps/XGf9w

今回のサンフランシスコ観光、他のブログへはこちらからジャンプ出来ます。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダー
3日目(2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

※$1=99円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-23 03:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 22日
放送を休んで外出を促すテレビ
ここL.A.は、ただ今土曜の午後2時半過ぎ。

d0221584_6331920.jpg
何の気に無しにテレビを点けたら、こんな画面になったまま、子供たちの遊んでいる声が流れています。
普段ならアニメや特撮を一日中放送している、nickelodeon でのこと。他のチャンネルは普通に放送しています。

しかも、

僕達は外で遊んでいるから、君も外で遊ぼう

って、誘い文句付き。

お陰で、新エピソードが始まったばかりの、POWER RANGERS MEGAFORCE も今日はお休み。

まさか、視聴率が大事なテレビ局が「テレビを見ないで、外で遊ぼう」って呼びかけるなんて、ビックリ。
アメリカのテレビ局、やるなぁ。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-22 06:36 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 21日
サンフランシスコ観光3日目(1) ケーブルカー と クラムチャウダー
すっかりお待たせ致しました、今月頭に行ったサンフランシスコ観光の続きです。


これまでのサンフランシスコ観光はこちら ↓ でどうぞ。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


【Sep 4th Wednesday -1-】

d0221584_2493439.jpgいよいよサンフランシスコ観光も最終日を迎えました。
前日は長蛇の列にすっかり気圧され諦めた、サンフランシスコ名物「ケーブルカー」にリベンジです。

d0221584_2533567.jpgさすが通勤の足でもあるケーブルカー。朝は6時半から運転しているというので、朝食もそこそこに、フィッシャーマンズ・ワーフ近くの Powell-Hyde ラインの始発駅へと向かいました。
まだ8時前でしたから、がら〜〜〜〜ん。観光客もほとんどいません。ラッキー♪ 昨日の混雑が嘘のようです。

d0221584_2542062.jpgd0221584_2554471.jpg
d0221584_256364.jpgお陰で、写真も取り放題 ♪ 操縦桿(?)もバッチリ。天井にはワイヤーが走り、これで警笛を鳴らす他、後ろにいる車掌さんへの合図にも使います。
ちなみに上の写真、白シャツの方が運転手さん。

その車掌さんがいる最後部にもハンドルが。これもブレーキなんだそうです。
ちなみに、ケーブルカーのレールにはケーブルが通っているんですって。知らなかった〜。(◎o◎)。だから「ケーブルカー」って言うんですよねf(^_^;。それで、このケーブルを操作している(?)のが、先ほどの操縦桿のような大きなレバー。これで、ケーブルを掴んだり放したりして動いているんですって。いや〜、ビックリ。こんな大きなレバーで運転しているなんて、乗ってみないと分からないものですね〜。

さて、車掌さんに運賃を支払い、いざ出発です。

d0221584_2564623.jpgd0221584_257393.jpg
ちなみに料金は片道$6(約594円※)。結構高いな、と言う印象です。毎日の通勤に使ったらさほど遠くまで行かないのに、往復1,000円越え。う〜〜ん。
だけど、途中から乗って来た地元の人たちは、皆さん、suica のような専用のカードで支払をしていたので、もしかしたらそれなら割引などがあるのかも知れないな、と思うのでした。

d0221584_2574888.jpgd0221584_258649.jpg
d0221584_2591145.jpgd0221584_302141.jpg
さて、サンフランシスコの坂道をグイグイ登り、登ったかと思ったら今度は下り坂。運転手さんはレバーを巧みに操って、快適走行。Hyde 通りを左へ曲がり Powell 通りに入るとそこはチャイナタウン。風景が一変しますがそれもつかの間、ユニオンスクエア近辺になると、背の高いビルに囲まれ、車道脇にはレンタル自転車の駐輪場。さすが自転車の街サンフランシスコ。
d0221584_2595216.jpgそして、西海岸唯一のユニクロがありました。
日本ではユニクロは安いイメージですが、ここでは輸入品のため、そこそこお高いんだそうです。香港のユニクロは日本とさほど変わらない価格でしたけど、やっぱりアメリカは遠いって事ですね。

d0221584_313390.jpg終点の Hallidie Plaza 前に到着すると、すでに列を成してお客さんが待っていました。
すると、ここでケーブルカーは方向転換。しかも、人力です!


路面がターンテーブルの様に動いてくるっと一周し、反対側のレールに載せ替え完了。

d0221584_322628.jpgそして、乗って来たケーブルカーは満員のお客さんを乗せて帰って行きました。

私達はと言うと、ここからは別ルートのケーブルカーがあるので、そちらに乗り換えて、って、実は空いている車両に乗りたかっただけで、乗ってから別ルートだったと気付きましたf(^_^;。
ちなみにそれは、Powell-Mason ライン。途中までは同じく Powell 通りを北上。チャイナタウンのあたりで、来たときよりも東側の Mason 通りに入りさらに北上。別の景色を楽しみました。

d0221584_351289.jpgd0221584_353748.jpg
d0221584_361290.jpgこちらのラインでは途中乗車のお客さんが多くて、私の目の前にも立ち乗りのお客さん。これぞ、ケーブルカーですね。
Mason 通り沿いは可愛い建物が多く、サンフランシスコらしさを感じました。
d0221584_364422.jpgd0221584_37388.jpg
そして程なく終点に到着。このラインを運転していたのは、にっこり微笑んでくれた、こちらのお兄さん。運転中は革手袋をして、全身で大きなレバーを力強く操作していました。力仕事なんですね。

d0221584_37465.jpgd0221584_381268.jpgこちらでは先ほどの終点とは違って、ケーブルカーを待つ人はなく、ちょっと寂しげにケーブルカーが3台停まっていました。

d0221584_384746.jpgそしてこれが、サンフランシスコ名物(?)、公衆トイレ! 
初日に行ったツイン・ピークスにもひとつありましたが、あのときは大勢の観光客が列を成していました。ここは誰も使っていなかったので、中を見てみればよかったとちょっと後悔。


d0221584_39268.jpgこの終点、ベイ・ストリートからさらに北へ進むと、あっと言う間にフィッシャーマンズ・ワーフに到着。有名なカニの看板の前に出ます。
d0221584_31018100.jpgd0221584_310326.jpg
d0221584_3123589.jpgd0221584_3125357.jpg
旦那さんは、昨日食べられなかったシーフード屋台のカニのサンドイッチめがけて一目散。こんなに早い時間だとさすがに観光客もいなくて、貸し切り状態。
d0221584_311842.jpg旦那さんは左半分がカニ、右半分が海老と言う、何とも贅沢なコンビネーションのサンドイッチ($8=約792円※)を見つけ、
d0221584_3114582.jpgd0221584_31244.jpg
私は絶対に食べたいと思っていたクラムチャウダー・イン・ブレッドボール($6=約594円※)を頂きました。もちろん、美味しかったですよ〜。サワーブレッドは酸っぱいと言うよりは、ちょっとしょっぱく感じました。

d0221584_314225.jpgお腹が膨れたところで、街並みを眺めながら、車を停めてある最初のケーブルカー始発駅と歩きます。
途中見かけたお土産屋さんの中には、こんなミニオンのパーカーやTシャツ。やっぱり今年の人気者ですね。


さて次は車窓からの観光です。
d0221584_315815.jpgd0221584_3152699.jpg
ケーブルカーでも少し通りましたが、チャイナタウンの中を通り抜けると、そこには中国人がた〜くさん。特に野菜を扱うスーパーマーケットにはたくさんの人が群がり、まるでここだけ中国のよう、って香港しか知らないンですけどねf(^_^;。(あ、写真は取り損ねました。スミマセンf(^_^;。)久しぶりに背の低いアジア人集団を見て驚くような、懐かしいような、不思議な感覚になりました。

第2のチャイナタウンと言われている、Clement Street もチラッと眺め、次なる目的地は旦那さんのリクエストで、「WALT DISNEY FAMILY MUSEUM」へ。


ですが、やっぱり長くなっちゃいましたので、これはまた次回。
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
3日目 (2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムに続きます。


参照MAPはこちら。
http://goo.gl/maps/XGf9w

今回のサンフランシスコ観光、他のブログへはこちらからジャンプ出来ます。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダー
3日目(2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


※$1=99円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-21 03:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 20日
台湾系のパン屋さん「J.J. Bakery」で月餅ゲット。
d0221584_4163769.jpg以前のブログでパン屋さん「TOUS les JOURS」をご紹介した際(その時のブログはこちら、他にも美味しいパン屋さんがあるとコメントを頂きました。
それが今回行った「J.J. Bakery(小雅屋)」。
▲yelpのサイトより借用

d0221584_4182613.jpgd0221584_4184323.jpg
d0221584_4191542.jpgd0221584_4193637.jpg
ちょっと遅くなりましたが、先日ようやくこのパン屋さんに行くことができました。
情報通り、日本風のパンがたくさんあって、しかもお安い♪。綺麗なケーキもたくさんあって、日本では見慣れないおまんじゅうのようなお菓子もあり、またもや、ばかすかとたくさん買って来てしまいましたf(^_^;。(←パン屋に行くと見境がなくなります。あ、こちらの店員さんはにこやかでした〜(^_^)v。)

d0221584_4203023.jpg土曜の夕方に行ったのですが、お客さんが途切れることなく来るので人気の高さが伺え、それ故にお薦めのお総菜パンがあったと思われる商品棚はすっからかん。既に売り切れでした(T T)。
ですが、デニッシュやスコーン、ロールケーキなどどれも美味しいパンをゲット。特に私が気に入ったのは、見た目はどら焼きなのに(商品名も「蛋糕銅羅焼」)、実はレーズンサンド(写真右側中央)。美味しかったです(^_^)v。

d0221584_4211744.jpg食パンの袋にはこんな可愛いイラスト。このコックさんがお店のトレードマークで、パンの小袋にもレジ袋にも彼(?)の可愛い顔がプリントされています。


d0221584_4222592.jpgそして、意外にもパン以上に嬉しかったのが、ホールケーキのショーケースの上にあった月餅。
日本人には、中華街で売っているお菓子、くらいの薄い存在かもしれませんが、中華圏の方々には秋の中秋節には欠かせない大事なお菓子です。
私も香港生活でこの月餅を知りました。
今年の中秋節は9月19日だったとか。慌ててこのブログを書いています。

そして、ここで売っていたのは本場物よりも小さいタイプ。本場物は8センチ四方もある大きなモノ、それ以上の大きさのモノもあり、大家族で頂くモノ。なので、夫婦二人だけの我が家にはこの小さいサイズはとっても嬉しくて、だけど、小さいながらもずっしりと身の詰まったお菓子なので、たくさんは食べられません。欲をかかずに2つだけ、購入しました。ひとつ$2=約198円※。

d0221584_4232344.jpg香港時代に買った小さい月餅1個入りの缶を引っ張り出して、比べてみました。
この缶が8センチ弱ですから、かなり小さい方なんです。ちなみに、月餅のブログを読み返すと、この缶の中に入っていた月餅と似たようなサイズだったことが解りました。

d0221584_4235470.jpgそしてもちろん中には、卵の黄身。味は、美味しいと思うよりも、懐かしいと言うのとこういう味だったかしら?と言う気持ちの方が先に立ってしまいましたf(^_^;。

何はともあれ、月餅を見ると秋を感じ、香港を思い出します。
やっぱり私の頭の中は、食べ物の事ばかりなんですよね〜 f(^_^;。


■ J.J. Bakery (小雅屋)Torrance店
2370 Crenshaw Blvd., #K&L Torrance, CA 90501
http://www.yelp.com/biz/jj-bakery-torrance

★Ichikoさん、教えてくださりありがとうございました。

※$1=99円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-20 04:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 18日
POWER-CON 2013 に行って来ました。
d0221584_1046669.jpg何かとオタクイベントの多いロサンゼルス。
先週の土曜日は少々小さめのイベント「POWER-CON」に行って来ました。

このイベント、昨年も行ってますが、今年の開催は9月14,15日でした。
(昨年の POWEWR-CON のブログはこちら

ここで扱うのは「HE-MAN」シリーズと「THUNDERCATS」……でした。今年はこれに加えて「NINJA TURTLES」も参戦。昨年と同じ会場、Torrance の MARRIOTT SOUTH BAY HOTEL の前には、他のイベントでも見かけた NINJYA TURTLES のバンもありました。

d0221584_10471016.jpgd0221584_10473111.jpg
会場内は、土曜日とあってお客さんもひっきり無しに来ていて、なかなかの盛況ぶり。

d0221584_10481597.jpgd0221584_10485150.jpg
こちらは MATTEL の新製品のようですが、男の子版リカちゃんハウスと言った感じ。結構大きいのですが、こちらの住宅事情では全く問題無いサイズです。
このパッケージ・イラストを手掛けたアーティストがゲストとしてテーブルを構えていて、他の作品を観る事も出来ました。

d0221584_10493120.jpg相変わらず旧作の「THUNDERCATS」も人気でしたが、昨年よりも目を惹いたのは、古いオモチャよりも旧作の新商品。昨年の新作アニメの放映を受けて、旧作も随分と新商品が発売となり、今も続いています。
この今風のイラストの旧作、私も結構好きです。(写真上段のフィギュア)

d0221584_1050513.jpgそして、今年から参戦の「NINJA TURTLES」も、所狭しと商品を並べていました。


d0221584_1051973.jpgこぢんまりとしたイベントな上、照明が少々暗めな事もあって、なんだかのんびりした雰囲気でしたよ。


■POWER -CON
http://www.thepower-con.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-18 10:57 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 17日
今年もロブスター・フェスティバルに行って来ました。
d0221584_841610.jpgウチの旦那さんは無類の甲殻類好きなので、9月の「Lobster Festival」のチェックは欠かせません。
今年は9月の第1週の週末はロング・ビーチで、第2週の先週末は San Pedro(サンペドロ)の Fish Market 前の特設会場で開催されました。
実はこのサンペドロには昨年も行って勝手がわかっていましたので、今年もここに行くことにしました。
(昨年のブログはこちら
▲ツメが取れちゃっていますが、それでもこの大きさ。
その姿はまるでKAIJUです。

d0221584_861779.jpg
▲参照map。クリックで大きくなります。


d0221584_872055.jpgd0221584_873986.jpg
金曜日から開催中でしたが、行ったのは昨日の日曜日、しかも午後4時近くとかなりの終盤。にも関わらずチケット売り場は長蛇の列。しかも現金オンリーなのでATMも長蛇の列。
ロブスターがなくなりはしないかと、心配する旦那さん。
じりじりと照りつける陽射しの元、入場料がひとり$10、ロブスター・ミールが$20、旦那さんは2尾付きで$36。合計$76(7,524円※)を支払いました。決してお安い金額ではありませんが、この金額でロブスターが3尾食べられると思えば、まあ納得?

d0221584_881432.jpgチケットを買ったところで、大きなロブスターバルーンのゲートをくぐって、いざ会場内へ。
d0221584_885024.jpgd0221584_89651.jpg
d0221584_892416.jpgロブスターミール・ブースへたどり着く前に、様々な屋台が並び誘惑が。。。。

d0221584_8102076.jpg
ここがロブスターミールを受け取るブース。
このテントの後ろにある大きな釜で、ロブスターをじゃんじゃん茹でています。足りなくなるなんて、心配ご無用、でした。
写真奥の行列が茹で立てロブスターを今や遅しを待っている人々。私達が行った時はちょうどタイミングが良く、行列が途切れた所でしたので、さほど待つことなく茹で立てをゲット。
d0221584_8113214.jpg小さなパンとスパイシーなポテト、コールスローが付いています。
ですが、このままではとても食べにくいので、ブースの手前側でナイフを持って待ち構えているおばちゃん(私の時はお姉さんでした)の所へ持っていきます。

d0221584_8122324.jpgすると、手際良くロブスターのツメを切り、背中の甲羅に縦に切り込みを入れてくれます。これでようやくテーブルに着くことができます。

d0221584_8125648.jpg旦那さんのプレートを見ると、真っ赤に茹で上がった2尾のロブスターが格闘中。程なく、彼らはあっけないほど簡単に旦那さんの胃袋へと消えていくのです。

d0221584_8133418.jpg今回は2度目ですから、用意も怠りなく。
まず日本人ならよく知っている、カニフォーク。さらに、醤油やチリソースまで持参。なにせ溶かしバター(写真左の黄色い液体。まるでスープのようですが、バターです)だけではこってり過ぎですからね。
もちろん、頂く前には持参のサニタイザーで手を綺麗にして、手づかみで頂きます。そしてカニフォークも大活躍♪

d0221584_814724.jpg大きなツメから立派な身が取れて、ご満悦の旦那さん。そう、このツメのお肉が一番美味しかったな〜。旦那さんは味噌までしゃぶり尽くしてました(笑)。


d0221584_814486.jpgd0221584_8151293.jpg
d0221584_8153463.jpgお腹がいっぱいになってから、会場内を散策。
左上の写真は一見、射的に見えますが、子供が手にしているのは水鉄砲。標的のピエロの口に水をたくさん入れて、頭の風船を膨らませます。一番速く風船が割れた人が勝ちの、1回$3(約297円※)のゲーム。
景品はロブスターを始めとする各種ぬいぐるみ。
並びには同じような景品を、ダーツを使って風船を割ってゲットするゲームもありました。
d0221584_816145.jpgd0221584_8163343.jpg
移動式遊園地もあって、子供たちはとっても楽しそう。正にお祭りですね。
d0221584_817165.jpg他にもケニアからの民芸品や、アクセサリー、洋服等々様々な露店が並び、大人も楽しめます。
会場奥には大きなステージもあり、そこではロックバンドの演奏なども行われるようです。
d0221584_817555.jpg
その手前の芝生では、「パイレーツ・ショー」と銘打って、子供たちを集め大道芸が披露されていました。
この中央の黒い帽子の女性は、長い剣を飲み込んでみせましたが、今もこういった大道芸が健在なのにオドロキです。

d0221584_8185078.jpgd0221584_819887.jpg
そんなショーを見守る旦那さんの頭にはツノ。
その正体は、昨年買ったロブスター・ハットのツメです。会場内にはこのハットを被った子供、よりは、大人のほうがたくさんいたように思います。ロブスター・ラバーがたくさんいるんですね。
どうやらこの帽子、結構人気らしく、帰り際に販売テントを覗くと既に売り切れとなっていました。

ちなみに来週は Redondo Beach(レドンド・ビーチ)でロブスター・フェスティバルがあるようです。ロブスター・ハットは、まだまだ仕舞えないかな?



■Lobster Festival
  ◆サンペドロ(9/13-15)http://lobsterfest.com/
  ◆レドンド・ビーチ(9/20-22)http://lobsterfestival.com/
  ◆ロング・ビーチ(9/6-8)http://www.originallobsterfestival.com/



※$1=99円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
今回もお立ち寄り頂き、ありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-17 08:35 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)