<   2011年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2011年 05月 31日
メモリアル・デーの青いケーキ
今日、2011年5月30日は Memorial Day(戦没将兵追悼記念日)で祝日でした。
土日と合わせて3連休となったので、ヨセミテ国立公園バスツアーに参加してきたのですが、その話は次回ゆっくりと。

まずは、Memorial Day当日だった今日の出来事を少し。
と、言っても特に知り合いに戦没者がいるわけでもないので、お墓参りとかはなく、たまたま見かけた物のお話です。

先週はアーミーのパレードがあったりしたので、Memorial Day当日もさぞかし盛り上がるのかと思ったら、買い物に行くときに通る道路端に大きな星条旗を掲げた企業があったり、軒先に星条旗を掲げる一軒家があったり、と言った程度で少々拍子抜けな感じでした。

むしろ買い物に行ったスーパーマーケットのほうが、Memorial Dayを感じさせてくれました。
星条旗をかたどったクッキーやケーキがあったのですが、その代表格がこちらの青いJUMBO CUPCAKE」。
d0221584_14423047.jpg
大きめのカップケーキの上に真っ青なクリームがてんこ盛り。さらに星条旗の星をイメージした飾り乗っていて、$3.99(約325円)でした。
クリームの色は他にも白と赤があったのですが、敢えて日本ではあり得ない青いクリームの方を買ってみました。
この夫婦の悪い癖、おもしろ半分でこういう物をすぐに買ってしまいます。

早速自宅に帰って、夕食の後で頂きました。
目を瞑って食べれば白いクリームと変わらない味なんでしょうけど、その色を見ながらではなんとも食欲が湧きません。
しかも、砂糖がザラザラ残っているのではないかと思うほどの甘さ。そのダブルパンチに、旦那さんのフォークも止まり、二人で半分程食べるのがやっとでした。
d0221584_14434353.jpg
その食べかけのフォークも真っ青、もちろん舌も真っ青、クリームが付いてしまったコーヒーカップの縁も真っ青
とても食べ物とは思えませんでした。

アメリカには、日本人の感覚では理解出来ない色の食べ物がまだまだたくさんあって驚きます。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-31 14:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 28日
タンドリーチキンを焼きました。
前回パン作りに挑戦して、不格好なパンとなり惨敗したオーブン料理。
昨日は、オーブンの下段を使う肉料理に挑戦しました。
と、言ってもとっても簡単な「タンドリーチキン」。そんな大げさな事ではないですねf(^_^;。

前日からタレに漬け込んで置くことから始まります。
d0221584_4354092.jpg
使ったのはスーパーで良く売られている、とっても大きな冷凍の「Chicken Drumsticks」。手羽元のことですね。
一袋に4ポンド(1.81kg)も入って、$4.48(約367円)と安かったです。
d0221584_4361645.jpg
大きいのは袋だけでなく、中身も大きくて直径23.5cmの大きめのお皿に、たった4本しか乗らないほどの大きさです。

d0221584_4365185.jpg
室温で解凍して、余分な水分を拭き取り、ヨーグルト、トマトケチャップ、カレー粉、ガラムマサラ、すり下ろしニンニク、醤油を少々入れたタレ(←ウスターソースも入れるとレシピにはあったのですが、無かったので入れなかったと言ういい加減なタレです)に揉み込み、丸1日漬け込みました(2〜3時間でもいいようです)。

d0221584_4372391.jpg
翌日、クッキングシートを敷いた天板に肉を並べ、195度にセットしたオーブンでまずは15分。
d0221584_4375893.jpg
すると、こんな具合に良い焼き目が付きました。
d0221584_4382414.jpg
ひっくり返して、5分。合計20分ほど焼いたら、良い感じに焼き上がりました。
喜んで食卓へ並べると。。。。実はまだ中の火の通りが甘く、もう一度オーブンへ。日本の手羽元よりも断然太いので、火も通りにくいのかも知れません。
追加で7分程焼きましたので、実際にはもうちょっと焦げ目が多くなりましたf(^_^;。でも、おいしくできましたよ。

フライパンで焼くよりも油のハネの心配もないし、焦げ方が少ないので楽でしたが、やはり焦ってはいけませんね。
オーブン料理(特に鶏肉)はじっくり焼くのが良いと、勉強になりました。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-28 04:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日
チラシに見るメモリアル・デー(戦没将兵追悼記念日)
来週の月曜日、5月30日は Memorial Day戦没将兵追悼記念日)で、祝日です。ですが失礼ながら、Memorial Dayの意味を知りませんでした。

そこでいつもながらネットで検索。
すると、兵役中に亡くなったアメリカ人を追悼する日で、毎年5月の最終月曜日と定められていると言う事が解りました。
「追悼」すると言ってもそこは日本とはお国柄が違いますので、至って明るい雰囲気です。街中では、大きな星条旗をはためかせている企業なども目に付きます。

先日行ったパーティグッズ専門店の「Party City」では、星条旗をモチーフにした紙皿やナプキン、ミニ星条旗など、たくさんの品揃えがされていました。
また、先週末は一部の道路が交通規制され、軍隊によるパレードなども行われました。
d0221584_536773.jpg
これはその一部だと思うのですが、ショッピングモールの駐車場で行われたと思われる軍のイベントで、私が行った時にはもう撤収作業中。右端のヘリコプターも飛び立つ準備をしている所で、どんなイベントだったのか解りませんでした。

そして私の一番身近で解りやすい物にも、Memorial Day の文字が躍っています。それはスーパーのチラシ。
d0221584_5365569.jpg

Memorial Dayには、家族でピクニックへ行ったりバーベキューをしたりすることが多いようで、バーベキュー用のステーキ肉が安かったり、缶コーラが安くなるクーポンが付いていたり、チラシの中や最後のページでは、お酒類も安くなると謳っています。

クーポンと言えば、最近は私もクーポンをチェックして切り取って持ち歩くようになりました。とはいえ、購入単位が大きくてなかなか使うチャンスが無いのが現状ですが(苦笑)。
単位が大きいと言うのは、例えば、この写真上のチラシの缶コーラを例にすると、「4for $10」とあります。これは4ケース買うと$10になるという意味ですが、1ケースには12オンス缶が12本も入っています。つまり、12 x 4 = 48 本。1本あたり20centちょっとになりますからとっても安いのですが、缶コーラ48本も要りません(^ ^;。
と、ここまで大量に買わせる事は希ですが、それでも、大きなチョコレートの袋を2つとか、大きな洗剤を2個買うと割り引くとか、そんな具合に、クーポンで安く買うにはたくさん買わないといけない、と言う事が往々にしてあります。
しかも、この店のメンバーズカードである「SAVING CARD」を持っていないと、クーポン自体を使うことができない仕組みにもなっていますから、厄介です。

ただ、どこの店も「SAVING CARD」(店によって名前が違います)は、無料で個人情報の登録ですぐに発行してもらえるようなので、こちらの人はあちこちの店のカードを持っているのが普通のようです。まあ、カードを持っているだけで、品物によっては通常価格より大分安いメンバー価格で買えますから、持っていた方がお得です。
さらに、カードはこんな風に2サイズあります。↓
d0221584_5373288.jpg
これは、近所のスーパーの「SAVING CARD」。プラスチック板から自分で切り取るタイプですが、クレジットカードサイズが1枚と、ドッグタグサイズが2枚付いて来ました。
もちろん、ドッグタグサイズの方にはキーチェーンを通すための穴も開いています。しかもこの小さいカード、家や車のキーと一緒の束にして持ち歩く事が前提で、裏面にはバーコードとともに「もしこの鍵を拾ったら、お近くの当店までお持ちください」的なメッセージが添えられています。
つまり、お店では登録された個人情報から、その鍵の持ち主が解ると言う事なんですね。有り難いと言えば有り難いですが。。。
まあ、それとは別に、お財布の中がついついカードだらけになってしまう、と言うことも防いでくれるので、私的にはそっちの方が有り難いですね。

ちょっと話はそれましたが、来週月曜日の Memorial Day と合わせて今週末は3連休になります。これを機会に旅行する人も多いようですが、我が家もアメリカに来て初の小旅行に行くことになりました。
世界遺産「ヨセミテ国立公園」へのバスツアーです。「ブライダルベール滝」や「ヨセミテ滝」、世界最大の一枚岩「エル・キャピタン」などの大自然を満喫して来るつもりです。
良い写真が撮れるように頑張ってきます(^_^)v。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-27 05:51 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 25日
CAの初夏の花、ジャカランダ(カリフォルニア・ライラック)
この季節、カリフォルニアでは紫色の花が一斉に咲き乱れ、何とも言えない花の香りが漂います。
それがこの樹。
d0221584_964352.jpg
残念ながら我が家の近所ではピークが過ぎてしまったので、旦那さんが見かけたまだ咲き誇る樹木を探しに、週末ドライブがてら出かけてきました。

その樹木の名前は「ジャカランダ(jacaranda)」。
カリフォルニアに多く生息している樹木で、カリフォルニアで唯一と言って良いほど季節を感じさせる花。またの名を「カリフォルニア・ライラック」と言うのだそうです。
d0221584_9173835.jpg
かなり咲き誇っている樹木を見つけましたが、これでも最盛期は過ぎているようです。

d0221584_975114.jpg
紫色の花は、ライラックのような釣り鐘形をしており、それが密集して咲いています。
d0221584_9121063.jpg
そして先に咲いていた花は、牡丹のように花の根元からぽっきりともげ落ち、足元の遊歩道を紫に染めています。

d0221584_9124739.jpg
上を見上げると桜のように、花だけを付けた枝。
d0221584_916538.jpg
しかし、しばらくすると葉も出て来て、花と葉が混在している樹木もありました。

d0221584_9131646.jpg
また、日陰になったところはその紫色をさらに濃くしています。

d0221584_9135189.jpg
街路樹として使われる事が多いこのジャカランダは、街のあちこちで見かけることができます。
そしてこの通り沿いにも間隔を開けながら点在し、その紫の花を誇らしげに揺らしていました。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-25 09:28 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 24日
パイレーツ・オブ・カリビアンの新作、観ました♪  ゲームにも夢中です。
5月20日(金)から公開となったパイレーツ・オブ・カリビアンの最新作「PIRATES of the CARIBBEAN - ON STRANGER TIDES -」(ー生命の泉ー)を、旦那さんと一緒に観に行って来ました!
d0221584_752746.jpg
ジャック・スパローのファンである私に取って、今回の新作は待ちに待った映画です。公開前から街のあちこちに看板が登場して、否が応でも気持ちが高まります。
映画館にはもちろん、巨大看板が登場。
d0221584_7523570.jpgこれと同じものがハイウエイ沿いにもありましたが、残念ながら写真は上手に撮れませんでした。(T T)。

d0221584_7531242.jpg劇場にあった大きなポスターは同じものがバス停にも登場。
もちろん、ジャックバーションもあったのですが、バスは使ったこともなく、バス停を見かけるのはいつも車の中で、しかも突然。ということで、写真は撮れませんでした。(T T)。

しかし、映画はバッチリ観てきました。混んでいると困ると思い、事前にネットでチケットを購入。
日本のシネコンとは違い、席は早い者勝ちのアメリカのシアター。1時間近く早めに家を出たので、余裕で中央の席を確保。
3D映画は、なるべく中央の席の方がその効果が分かりやすいと言う事です。
それでも、既に数名のお客さんがいましたし、私が席を確保して旦那さんがポップコーンを買いに言っている間にも、どんどんとお客さんが増え、目の前の車いす席も3箇所とも埋まりました。年齢層の幅も広く、この映画の人気と認知度の高さが伺えます。

映画の内容は前作同様、映像も凝っていますし、アクションも軽妙です。そして痛感したのが、もっと英語が解れば、ジャックの洒落の効いたセリフがもっと楽しめたんだろうな、と言うこと。
身振りや表情からしても何かおかしな事を言ったのはわかるのですが、内容までは分からなかったのが、まったく持って残念でした。(←英語を真面目に勉強しろ!ってことですねf(^_^;。)

そして予告編でも登場していた、今回の新キャラクターの人魚たち。なかなか怪しい魅力を放っていました。
話はちょっとそれますが、漫画家の高橋留美子の作品に「人魚の森シリーズ」(ちょっと古いかな?)があるのですが、映画を観ながらそれをちょっと思い出しました。

大満足で映画館を出ても、やはりパンフレットも関連グッズの販売もありません。
トイザらスのオモチャも似ていなくてイケてないし。。。
d0221584_754818.jpg
そこで、見つけたのがパーティグッズを専門に扱う店「Party City」。ここで、ジャック・スパローのグッズがディスカウントしているとチラシが入っていたので、早速チェック。
所詮パーティグッズなので、使い捨て前提のチープな物ばかりでしたが、それでもジャックファンとしては、一応「買い」。
写真手前のカードはパーティの招待状、奥が紙皿、右がペコペコの薄いプラスチックのカップ。

そして、今ハマっているのが、写真左のゲーム「LEGO PIRATES of the CARIBBEAN THE VIDEO GAMES」。X-BOX360からDSまで各ゲーム機種を網羅して発売されたゲームです。
実はこれまでこの手のゲームは「LEGOでしょ?」ってな感じで、LEGOファンから殴られそうな気持ちでいたのですが、先日BEST BUY(家電量販店)でデモプレイしているのを観て、目からウロコ、ポロポロ。。。
その時はX-BOX360版でしかも大型モニターでのプレイでしたから、やたら画面が綺麗で綺麗で、圧倒されちゃいました。(残念ながら、X-BOX360も大型モニターも持っていないので、実際に買ったのはPSP版ですが(苦笑)。)
それだけでなく、LEGOキャラのジャックなのに、その歩き方がめっちゃ、ジャックっぽい!! やられちまいやした。
もちろん1作目の「The Curse of the Black Pearl」から最新の「On Stranger Tides」までの全てのエピソードが入っているようです(←まだ最後まで行ってませんので内容は未確認ですf(^_^;。)。
d0221584_7544586.jpg

ということで、英語のメッセージが出て理解するのに時間がかかりながらも、ただ今ゲームに夢中です。
そうそう! 英語だけでなく日本のゲームになれている私を困らせる事があります。
それは、決定ボタンが「×」ということ。
日本のゲームなら、アイテムなどを選んで決めたら「」ボタンが常識。ところがアメリカ版は「×」が常識らしく、うっかり「」を押しちゃうとキャンセル扱いされて前の画面に戻っちゃうなんてことは、しょっちゅう。なので、余計に時間がかかりながらプレイしています。
でも、ジャックの動きが愛らしくて、ついつい夜更かししちゃいますf(^_^;。BGMも良いですよ♪


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-24 08:16 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 21日
今年のニュージーランドのお土産
昨日、出張先のニュージーランドから旦那さんが帰って来ました。
先週の金曜日から1週間ほどの出張で、その間私はアメリカで一人留守番をしていたのですが(アメリカ人の奥さんは出張に同行することがあるとか、日本人の我が家では残念ながらあり得ません(T T))、香港当時も海外出張は頻繁にあったので、留守番は慣れているはずでしたが、やはり香港の時とは勝手が違いました。
香港のときは、観光地ですから比較的治安も良いですし、交通網が発達しているので、一人でもバスや地下鉄でひょいひょい買い物に出かけて行きました。
でも、ここアメリカでは車を運転出来ないと途端に行動範囲が狭くなり、案の定、まだ運転が怖い私はひとりではどこへも行けず、ほぼ引きこもりで生活していました。(徒歩圏内のスーパーには行きましたが。)

なので、旦那さんの帰宅は無事に帰って来てくれた安堵感と共に、私の行動範囲の拡大にも繋がります。
と言うわけで、早朝に帰宅した旦那さんと、午後には早速車で買い物に行っちゃいました。
ま、それはどうでも良い事でf(^_^;。

旦那さんのニュージーランド出張は昨年に続いて2回目。
前回もお土産を買って来てくれましたが(それはこちらのブログで)、もちろん今回もお土産を買ってきてくれました。
それがこちら。
d0221584_1351973.jpg
ニュージーランドと言えば、やはり「キウイ」。鳥のほうもフルーツのほうも有名で、ぬいぐるみとポーチ、キウイを食べる時に使うスプーンをもらいました。
ちなみに、中央奥のぬいぐるみは前回のお土産。今回はその右のサイズダウンバージョン。でも、お腹を押すと同じ鳴き声で泣きます。
それからキウイ用のスプーンは、日本のスーパーでキウイ6個入りを買った時のおまけに似ています。旦那さんにおまけのスプーンを見せると、知らなかったようでちょっとガッカリしていました。
それから手前の「Paua Shell」は日本で言う螺鈿(らでん)細工に使う貝殻、の端材。小降りですが綺麗です。

d0221584_1344616.jpg
そして前回ももらった「KIWI POO」キウイのうんち。レーズンチョコでおいしいんですが、ネーミングがなんともf(^_^;。(前回のブログはこちらです。)
今回は、さらに「SEEP DROPPING」も。羊の落とし物、ってやっぱりそっち系のネーミング。ニュージーランドには羊がたーくさんいるんだそうです。人口よりも多いかも? ちなみにこれはピーナッツチョコでした。

それにしても、日本でも動物園のお土産で「ゴリラの鼻くそ」なんてものがありましたから、こういったジョークは世界共通なんですね。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-21 01:41 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 19日
パワーレンジャー・SAMURAIにGOLD登場。
すっかり遅くなりましたが、3週間くらい前の「POWER RANGERS SAMURAI」の放送から、サムライゴールドが登場しました。
d0221584_7455770.jpg
もちろん、役者さんは日本人ではありません。名前も「Antonio Garcia (アントーニオ・ガルシア)」と、ちょっとメキシコ系? スペイン系?って感じです。
パワーレンジャーって本当に色々な人種で構成されています。これもお国柄なんでしょうね。

そして、Antonioの性格はというと、これまた日本のオリジナル版に忠実で、梅盛源太同様ちょーお調子者。さすがに「寿司屋」という設定は難しかったようですが、ちゃんとお魚絡み。「Fisherman」って言ってましたから、漁師ってことでしょうか。

d0221584_746304.jpg
日本のオリジナル版で寿司屋の宣伝用ビラを撒いていたので、POWER RANGERSでもやはりビラを撒いていましたが、その旁らでは自分で釣った魚を網で焼いていました。魚の美味しさをアピールしていたのかな?(←相変わらず英語が分かっていないので、憶測です。)

d0221584_7465474.jpg
そして、イサギツネに苦戦する5人を助けに入った時に投げたのは「おてもと」ではなく「小魚」。とことん、魚絡みがすごいです。
d0221584_7471881.jpg
d0221584_7473973.jpg
変身に使うのは、さすがにスシチェンジャーではなく(寿司屋じゃないし)、ほかの5人とはちょっと違うSamurai Morpher。でも、電子モジカラということは同じのようです。
d0221584_7481044.jpg
そして、手にするのは「サカナマル」ではなく「Barracuda Blade」。バラクーダって細身だけどかなり凶暴な魚なんですってね。ばっちりなネーミングかも。そこへ「寿司ディスク(POWER RANGERS版の名前、分かりませんでした)」をセットした「サカナマル 百枚おろし」に相当する技が「Barracuda Bite」。

それにしても、変身後のシーンは毎回の事ながら、日本の映像と見事なまでに繋がっています。
d0221584_7483863.jpg
そして、巨大ロボ戦になると「Megamode power」で、更に変身。キンピカ度がアップ。もう、キラッキラ。もちろん、烏賊折神のイカちゃん(Antonioは「Buddy」って呼んでました)に乗り込みますが、名前は「octozord」。イカの英語名「squid」はアメリカ人には受けないのかしらん? 

と言うわけで、ストーリーも「侍戦隊シンケンジャー」にバッチリ沿って進行する「POWER RANGERS SAMURAI」、オリジナルを知っているだけに今後の展開がますます楽しみになってます。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-19 07:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 18日
大きなオーブンで小さなパンが焼けました。
アメリカの我が家には大きなオーブンがあります。
ガスレンジと一体になっていて、とても大きいんですが、初めは、リフォーム直後でシンクや洗面台、浴室とほとんどが新品に取り替えられていたこの家で唯一、リフォーム以前からある古い物でした。

d0221584_1018426.jpgそれが、旦那さんが先に住み始めてガスレンジが壊れている事がわかり、私が渡米した直後に新品と交換してもらったので、今あるのはピッカピカのオーブンです。

実はこのオーブン、まだ使った事がありませんでした。
日本でも香港でもオーブン料理なんて、まったく縁がありませんでしたから。
でも、折角ある物を使わないのはモッタイナイので、まずはパンを焼いてみることにしたのですが。。。
レシピを調べて頭を抱えました。パン作りって、初心者には難しそう。。。でも、さらにレシピを調べると、あの有名なCOOKPADで簡単レシピを見つけました。
今回はそれを参考にしてチャレンジ!

d0221584_102436.jpg
レシピには「強力粉」とありましたが、良く行くスーパーで「Bread Flour」を見つけたので購入。5ポンド(2.26kg)で$3.09(約253円)でした。ドライイーストもこちらでは大きな瓶ばかり。使い切る前に湿気ってしまいそうだったので、小分けパックの物を購入しました。7gx3パックで$2.59(約212円)でした。

d0221584_10243360.jpg
早速計量して、フォークで混ぜたあとこんな感じにまとまりました。なんかこれだけ見ると、うまくいきそうな気がして楽しくなってきます。それに、ドライイーストの香りってなんだか良いですよね。気持ちがほんわかしてくる感じで好きです。
レシピでは電子レンジの「発酵モードで10分」とありましたが、アメリカ製の我が家の電子レンジにはそんなモードはないので、取り敢えず常温で放置することにしました。
で、その時間を利用して買い物へ。
d0221584_10245162.jpg
のんびりし過ぎました、2時間近く放置してしまい、ボールの中はこんなに膨らんでいました。

d0221584_1030553.jpg
オーブンの説明書を読んでオーブンを温め、その間に生地を4つに分けてパンの形に。
d0221584_10254082.jpg
そしてオーブンへ。もちろん、上の扉へ入れるのですが、実はこの下の扉も暖まっています。
最初に見たときは、トレイの収納スペースだとばかり思っていたのですが、お肉や魚を焼くのはこの下のスペースだったんです。
私のように勘違いする方は多いみたいで、うっかり燃えやすい物を入れてしまって小火になった、なんて事もあるんだそうです。私も気を付けねば!

d0221584_10262187.jpg
上の扉にパンを乗せたトレイを入れると、程なくしてパンが膨らみ表面がなめらかになりました。
「お! これはイケルかも♪」

d0221584_10264868.jpg
と、思っていたら、あらぬ所からひび割れて、なんとも言えない不格好な形に。

d0221584_10271874.jpg
そのまま10分程焼くと、良い感じの焼き色になりましたが。。。。
あまり膨らまなかった上に、トレイに焦げ付いてしまいました。クッキングシートが無かったので、そのまま生地を乗せてしまったのがいけなかったんですね。せめてオイルをもうちょっと多めに引いておけばよかった。。。。(T T)。

d0221584_10274746.jpg
と言うわけで、とっても大きなオーブンで、こんな小さな不格好なパンが出来上がりました。
香りは抜群ですが、お味の程は。。。。f(^_^;聞かないでください。

でも、これでパンの簡単な作り方が分かりましたし、オーブンの使い方も分かりましたから、次回はもうちょっとマシなパンが焼けるように練習して、旦那さんを驚かせてやろうと思います(^_^)b。
もちろん、他のオーブン料理もレパートリーに加えられるように、トライして行かないといけませんね。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-18 10:36 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 17日
もう夏だけど、夜はココアがおいしいです。
ここ数日、カリフォルニアはお日様は出るのですが、ちょっと気温が低めです。華氏66度くらいですから、大体摂氏19度くらいでしょうか。特に夜は華氏55度(摂氏13度くらい)なんて日もあり、寒く感じる時がありました。
カリフォルニアの日較差の大きさには本当に驚きます。
昼間は夏の陽射しでも、夜にはグッと冷え込むことがあるんですから。

そんな夜は暖かい飲み物が飲みたくなるもの。
コーヒーも良いのですが、私はこれをよく飲みます。
d0221584_16355690.jpg
「HOT COCOA MIX with Marshmallows(マシュマロ入りココア)」。
別にマシュマロ好きというわけではなく、売場でこれしか見つけられなかっただけなんですが、意外においしいし便利です。
マシュマロがお砂糖代わりになって、ほどよい甘さを加えてくれるんです。
カップのほうはもの凄い事になっていますが、これはちょっとイレギュラーな入れ方をしたから。
まず水をカップに入れて電子レンジでチン。お湯になった所にココアを入れて、かき混ぜる直前です。まだココアにまみれたマシュマロが溶けずに見えるでしょう?
これだと、一人分のお湯をわざわざ沸かさなくても済むので、一人の時はこれが私の定番になっています。
d0221584_16364693.jpgアップにするとこんな感じ。
小さいマシュマロが、今まさに溶けようとしています。

甘めにしたいときは、缶からマシュマロを多めにすくってカップへ。旦那さんに出すときは甘さ控えめなので、マシュマロを少なめに。と、微妙ですが調整して作ることが出来ます。

それにしても缶が大きいので驚きました。20オンス(1ポンド4オンス)つまり567g入りです。でも、これが一番小さかったんですよ。コーヒーもそうですが、他はもっと大きな物ばかり。ちなみにお値段はVONSで$2.99(約245円)でした。
初めて買う時は味が分からないので、口に合わなかったらどうしよう、といつも心配しながら買っています。
お味見サイズがあると良いのにね。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-17 16:48 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 15日
洗濯物の糸くず(綿ぼこり)に困っています。
アメリカ生活も早1ヶ月半を過ぎ、だいぶ慣れて来たのですが、未だに困っていることがあります。
それは洗濯機。
d0221584_11103216.jpg
アメリカ式の洗濯機は、洗濯槽の真ん中にこーんな大きなスクリューがあるので、やっぱり衣類の傷み方が早いような気がします。毛玉も出来やすいですし。。。。
ただ、香港の時に使っていた小さいドラム式とは違い、一度にたくさんの洗濯も出来ますし洗濯時間も短いので、それはとても助かっています。
ですが、やはり大事な服は洗濯機で洗うのをためらいがちに。。。と言いつつも、根がものぐさなので、やっぱり洗濯機に頼って後悔したり、諦めたり。

でも、それ以上に困るのが「糸くず」というか「綿ぼこり」。黒いTシャツが一面白っぽくなってしまうこと。
皆さん、どうしていらっしゃるのでしょう?

一番ひどかったのは、こちらで買った新しいバスタオルを何も考えずに、いつもの洗濯物と一緒に洗った時。
もの凄い「綿ぼこり」が全ての洗濯物にくっついちゃって、そりゃぁもう、大変でした。
d0221584_11115899.jpg
そこで、活躍したのが梱包用のテープ(写真左)。これでもって、シャツもパンツも一枚一枚、綿ぼこりを取りました。
ふわふわのバスタオルは、まさに綿ぼこりの塊なんですね。これ以降は他の洗濯物とは別に洗っています。
最近は、粘着テープのコロコロ「lint roller」(写真右)を買って、やっぱり付いちゃう「綿ぼこり」をぺたぺた。手放せません。
それにしても「lint roller」(綿ぼこり用ローラー)って商品名からすると、アメリカの人もこれで綿ぼこりを取るのが当たり前って事なのかしらん?


でも、これでは根本的解決になっていませんから、いつも洗濯は試行錯誤。
色の濃いTシャツなどは、日本から持って来た黒シャツ用洗濯ネットに入れたり。
こちらにもランドリーネットは売っているのですが、その目の細かさは日本製には到底及びません。
なので、日本からいらっしゃる方は是非、100円均一の物で充分なので、日本製の目の細かい洗濯ネットをたくさん持ってくることをお薦めします。
それから、タオル類はなるべく別にして洗ったり、それでもうっかり者の私はタオルを一緒に洗っちゃって、またコロコロのお世話になります。
d0221584_11131930.jpg
ちなみに、これは旦那さんがパジャマ代わりに着ている薄手の綿のズボン。目の細かいネットに入れたので大丈夫と思ってタオルも一緒に洗ってしまい、この有様です。何事も過信はいけませんね。このあと、コロコロで綿ぼこりを取ったのは言うまでもありません。

最近気がついたのは、アメリカでは必ずと言って良いほどある乾燥機の役割
ここでは外で干すことが出来ないので、衣類を乾燥させることが最も重要な役割なのですが、先日、天気があまりに良いので部屋干しでも乾くだろうと、乾燥機をせずに干してみました。予想通り確かに乾いたのですが、その仕上がりがパリパリの上に、いつもよりも綿ぼこりが多く感じました。
そうなんです、乾燥機には綿ぼこりを取り除いてくれる役割があると思うんです。
実際、乾燥機には綿ぼこりを溜める大きなフィルターが付いていて、洗濯物の量や種類によって違いますが、かなりの量の綿ぼこりがそこに溜まります。とはいえ、全ての綿ぼこりを取ってくれるわけではないので、ここでも過信は禁物です。
d0221584_11154376.jpg
写真左のように、フィルターは乾燥機の天面から取り出せます。取り出してみると、意外な程大きなフィルターなのが分かります。
数回溜めてしまうと、ひどい時にはフェルト地のようなシート状の綿ぼこりがごっそり取れます。(火事の原因にもなるそうなので、こまめに取り除きましょうf(^_^;。)
なので、今は完全に乾燥させるまでは使いませんが、ほどほどに乾燥機を使って、綿ぼこりとパリパリになるのを防ぐようにしています。

さらに、洗濯機の使い方も見直してみました。
根がケチですから、も節約しようと洗濯物が少ないともケチっていました。が、これは衣類の摩擦を増し、毛玉ができる原因になるのでは? と思い直し、最近では少々余裕を持たせる量にするよう、心掛けています。

これらがどれくらいの効果があるのかは、具体的な数字では表せませんが、私個人の感想としては、いくらか良い効果があるように思えます。
ほかにも、アメリカでは大切な衣料は枕カバーに入れて洗う、という主婦の知恵があるようです。

日本の洗濯機が使えれば一番良いのですが、こちらは排水口が床から1m位の高さにあって、ポンプの圧力で排水する機能の無い日本の洗濯機は使えないのだそうです。

というわけで、今日も試行錯誤で洗濯です。
どなたか良いお知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非是非教えてくださりませ。m(_ _)m。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-15 11:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)