カテゴリ:趣味( 222 )
2015年 03月 26日
「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」を観てきました
第1作からファンでした「ナイトミュージアム」。この映画のお陰で、ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館だって行きました。(その時のブログはこちら

d0221584_17181578.jpgその最新作「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」が公開中と言う事で、先日観に行って来ました。

金の石板の魔法で展示物が動き出す、楽しいファミリー映画ですが、今回も最初のキャラクター達が勢揃いして夜間警備員のラリーと共に、暴れ回りました。
しかも、今回は舞台をイギリスに移しての大騒動。

新キャラも登場しました。新入り原始人のラーはベン・スティラーの二人一役だし、エジプト王役のベン・キングズレーや、大英博物館の夜間警備員ティリー役のレベル・ウィルソンなど相変わらず個性的な人ばかり。他にも楽しいキャラがたくさん登場して、やっぱり楽しい映画でした。
カメオ出演のヒュー・ジャックマンも嬉しかったし(^o^)v。

だけど、テディ役のロビン・ウィリアムズが亡くなり遺作となり、そして何よりシリーズ最後の作品だからでしょうか。なんだか最後はちょっぴり寂しさも感じたのは、私だけでしょうか。




■ナイトミュージアム エジプト王の秘密


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-26 17:22 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 03月 19日
「イントゥ・ザ・ウッズ」を観てきました
d0221584_14213197.jpg昨日、ジョニー・デップも出演しているディズニーのミュージカル映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を、字幕スーパー版で観てきました。


レディース・ディだったので女性客が多かったのはうなずけますが、それ以上にモール全体に人が多くて賑わっていたのにちょっとオドロキました。もう、春休みかしら?

もちろん「イントゥ・ザ・ウッズ」も人気で、中央席が埋まってしまいちょっと前寄りで観ましたが、迫力が増して良かったかも。


さて感想ですが、元々はブロードウェイのミュージカルと言う事でしたので、のっけからバリバリ歌い上げてのスタート。でも、大丈夫だいぶ慣れて来ました(^_^)v。

d0221584_14213130.jpg「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」と、有名なおとぎ話の登場人物が入り乱れるこの作品。全く別世界のお話を一体どう繋げているのか、とても興味がありましたが、実に巧みにそれぞれの登場人物が絡んでくるのが面白かったです。

観終わってから調べて知った事ですが、全てを繋げているキーパーソンの魔女とこどもを欲しがるパン屋の夫婦は、グリム童話「ラプンツェル」のキャラだったんですね。
なので、ディズニーアニメの「ラプンツェル」とはちょっと設定が違います。
しかも「ラプンツェル」って野菜の名前だったなんて、びーっくり(◎o◎)。

d0221584_14213210.jpgまた「シンデレラ」も、ガラスの靴ではなく「金の靴」。これもグリム童話を元にしているからでしょう(ガラスの靴についてはリスの毛皮だったなど諸説あるようです)。魔法使いも出てこないし。。。

ガラスの靴のイメージが強いので、しかも、本編上映直前には次回作の「シンデレラ」の予告編が流れるしf(^_^;、かなり強く思い込んでいるので、ちょっと違和感を感じましたけど、こういう事だったんですね。

そして魔法を解くために魔女から集めるように言われた4つの宝、赤いずきん、金の靴、黄色の髪、白い牛を手に入れる為に森の中で奔走するパン屋夫婦。
それだけも盛りだくさんですが、さらにそれらを手に入れ、無事にこどもが授かった後にも一波乱。こんなに長いストーリーだったんだ〜と、ちょっとお尻の痛さを感じながら鑑賞続行。

最後はあらあら、そんな展開? ちょっとお説教臭い歌をみんなで歌い上げて、一応のハッピーエンド(?)となりました。

それにしても、皆さん歌がお上手。メリル・ストリープやジョニー・デップが上手いことは知っていますが、赤ずきんやジャックを演じた子役達も素晴らしい歌声でした。
そんな中クリス・パインが演じたシンデレラの王子と、その弟でラプンツェルの王子が一緒にそれぞれの彼女への愛を歌い上げたシーンでは、そのナルシストぶりにちょっと苦笑い。ふざけているのか? と、この作品自体をどこまで真面目に観たら良いのか、少しだけぶれる瞬間でした(笑)。





■イントゥ・ザ・ウッズ


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-19 14:27 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 09日
大阪小旅行の続き、大阪城 と 道頓堀
すっかり間が空いてしまいましたが、先月2月に行った大阪小旅行の続きです。

これまでのブログはこちら↓==========
====================


d0221584_22445173.jpg二泊三日で行った大阪、初日は移動とあべのハルカス内の近鉄百貨店やあべのハルカス美術館を見て回って終わり、二日目は大本命の、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ(その時のブログはこちら
そして最終日。眺めの良い大阪マリオット都ホテルをチェックアウトして、電車に乗って大阪城へと向かいました。



d0221584_22445175.jpgd0221584_22445166.jpg
▲西日本のICカード、icoca のキャラ(イコちゃん)が可愛い♪。カモノハシなんですね〜。


d0221584_22454214.jpg意外と行った事が無かった大阪城。
大阪城公園駅からはちょっと歩きましたが、普段運動不足のアラフィフ夫婦にはちょうど良いくらいでした。

d0221584_22454374.jpgお堀も石垣も立派ですが、何より天守閣周りのキンピカの伏虎やシャチホコが派手で大阪らしい〜。

d0221584_22454321.jpgd0221584_22454368.jpg
早速チケットを買って城の中へ。
d0221584_22454350.jpg
▲券売機も派手ですね〜(笑)。

入ってビックリ。だって、以前行った長野の松本城のように靴を脱ぐのかな?なんて思っていたら、オフィスビルのようでエレベータも完備。内装は立派な博物館でした。(松本城のブログはこちら

d0221584_22473660.jpgd0221584_22473613.jpg
まずはエレベータで5階まで上がり、そこから階段を昇り天守閣のある8階へ。そこは天守閣と言うより、展望台。ギフトショップまであってびっくり。
いや〜、近代的なんですねぇ。だけどなんとなく、ガッカリ感が否めませんでした。
あ、眺めは良かったですよ。


d0221584_22473695.jpgd0221584_22483893.jpg
d0221584_22483858.jpg
そして帰りは階段オンリー。

d0221584_22492327.jpg各階に展示されている歴史的資料を眺めつつ2階まで降りてくると、シャチホコのレプリカの展示の他、戦国武将の兜や陣羽織を着て写真撮影出来るコーナー(有料)があったりして、外国人が喜びそうです。

d0221584_22492383.jpgd0221584_22492393.jpg
▲もちろん、ギフトショップも充実してました(写真右)。


d0221584_22510103.jpgd0221584_22510107.jpg
大阪城内を見学したあとは、大阪城前の売店で安納芋の焼芋をほおばり小休止。美味しかったです。

d0221584_22512947.jpgd0221584_22512904.jpg
その後は JR と地下鉄を乗り継ぎ、心斎橋へ。
心斎橋筋商店街を眺めながら、道頓堀へ向かいました。その途中で見つけた「新世界元祖串かつ だるま」で、本場の串カツを楽しめると入ったら、まさかの回転寿司風でびっくり。

d0221584_22512999.jpgd0221584_22513030.jpg
モニターで注文すると、熱熱の串カツを列車が目の前までぴゅ〜と運んでくれます。衣が細かくて全然違〜う。ああ、これがホントの串カツなんだ〜、とキャベツと共に堪能しました(^_^)v。

d0221584_22523323.jpgd0221584_22523355.jpg
お腹を満たしたところで、戎橋に到着。
綺麗になったグリコの看板と共に記念撮影。それにしても、ホントに鮮やかになりましたね。
そして道頓堀川には遊覧船があるんですね、へぇ〜。

そしてそして、巨大看板の数々。たのし〜い。
d0221584_22533595.jpgd0221584_22533583.jpg
d0221584_22533619.jpgd0221584_22543984.jpg
d0221584_22545819.jpgd0221584_22545865.jpg
▲回転寿司の店先には大きなマグロがいました(写真右)。


d0221584_23003599.jpg有名たこ焼き店の「くくる」はやっぱり大行列でしたが、これって新大阪駅にも店舗がありますから、ここはちょっと目先を変えてこちらのたこ焼きを頂きました。
「たこ焼き 十八番
まっぷるとぐるなびの、大阪たこ焼きランキング第1位ですって。

d0221584_23003669.jpgd0221584_23003603.jpg
焼いている手元を覗くと、天かすがいっぱい付いているのが見えます。
店長おすすめのハーフ&ハーフ(600円)で、ソースと塩の両方を楽しみました。なるほど、塩味はさっぱりしてました。

d0221584_23012220.jpg新幹線の時間までこの辺りをうろうろして、再び心斎橋へと戻る途中、お茶屋さん「宇治香園」にある喫茶コーナーで一休み。歩き通しで足も痛くなっていましたから、静かに落ち着いた雰囲気でゆっくり休めました。
▲美味しい日本茶と共に頂いた抹茶パフェ(972円)。
抹茶が濃くて美味しかったです。

そして、心斎橋から新大阪へ移動し、お土産を物色。
d0221584_23015163.jpgこんな看板を見たらやっぱり欲しくなっちゃう、ミーハーな私f(^_^;。
「神戸魔法の壷プリン」(1,530円/4個入り)

d0221584_23021107.jpg大阪のお土産ぢゃないじゃん、とセルフ突っ込みしたくなりますが、とろとろで美味しいプリンでした。

d0221584_23023660.jpgd0221584_23023643.jpg
そして、こちらも柔らかくて美味しかった「たま卵チーズ」(1,134円/8個入り)。口にほおばると、ホントに「たまらん」って言いたくなりました。


d0221584_23030582.jpg
▲こちらはあべのハルカスの近鉄百貨店で購入した、チョコクランチ「あべのべあクリスピー」(大1,296円、小648円)。



大阪城でのお土産はこちら。
d0221584_23030523.jpgd0221584_23030598.jpg
なんか、懐かしい。こういうのって、昭和の家庭ならテレビの上や玄関あたりにひとつやふたつありませんでしたか?
そして、ここにもありました、ご当地ふなっしー(写真右)。"限定"に弱いんですよね〜(笑)。

d0221584_23033758.jpg

▲配り用のお土産は、やっぱりクスって笑えるものを買っちゃいますね。


たった一日の観光でしたが、随分と長いブログになってしまいました。スミマセンf(^_^;。
だけど、実はまだちょっと書き足りないことが。。。。近いウチにアップ出来るといいんですけど。それでは、また(^_^)v。


その後のブログはこちら↓


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-09 23:54 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 07日
「アニー」を観てきました
d0221584_15443974.jpg日本でも既に1月から公開されていたミュージカル映画「アニー」(もちろん字幕版)を、昨日ようやく観てきました。

公開最終日に滑り込みです。

日本に帰って来てから邦画も加わりアメリカ以上に映画が多く、さらに旦那さんが自由業となったので、いつでも行けると思うと逆に公開日当日に行くことも減ってしまった上に、この作品は旦那さんの範疇ではなかったので私一人で観に行くという、いつもとはちょっと違ったシチュエーションとなりました。

さて、映画の話に戻ります。
元々ミュージカルには抵抗があるのですが、さすがに有名なこの作品は観たいと思っていました。多分ミュージカルで観ることは無いと思うので、この機会を逃すときっと一生内容を知らないで終わりそうでしたしf(^_^;。

ぶっちゃけ、良かったです。
主役のクワベンジャネ・ウォレス(難しくて絶対覚えられない…)ちゃんの歌唱力たるや見事なもので、その風貌と相まって「天使にラブソングを」のウーピー・ゴールドバーグと重なって見えました(一応誉めてるつもりです)。

キャメロン・ディアスの嫌なおばさん役も板に付いているし…、彼女の麗しき頃を知っていると、なんだかちょっと寂しい気持ちにもなりましたけどf(^_^;。

ただ、やっぱり、唐突に歌のシーンが始まると「うっ、」とたじろんでしまいます。自然な流れで歌い出してくれれば問題無いンですけどね。

そして、残念なことにラストシーンにしっくりしない感情が残ってしまいました。
それは、誤解が解けたアニーとスタックス氏が喜んで歌い上げるのは良いのですが、その時アニーに促されてスタックス氏がデートの申し込みをしたグレースが、意外とそっちのけになるところ。成人男性の気持ちを考えると親子となる小さい女の子より、彼女となるグレースと喜びを分かち合う方が自然なんじゃないかな〜〜〜と。
まあ、アニーが主役ですから、アニーと喜びを分かち合うシーンで盛り上がるのは当然なので、私の偏見ですね。

いずれにしても、ハリウッドスターは皆さん歌もお上手ですね〜(^o^)。



■アニー



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-07 15:51 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 05日
「ジ・オリジン I 青い瞳のキャスバル」を観てきました
d0221584_12200094.jpgファースト・ガンダム世代にとってはバイブルとも言える、安彦良和氏の漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN ジ・オリジン」。
我が家にも旦那さんが買った愛蔵版が揃っています。

絵柄の素晴らしさに加え、テレビ放映では描かれなかったバックグランドの緻密なストーリーが、目から鱗で懐かしさの中に新たな感動を与えくれる作品なのは、今さら私が言うのもおこがましいくらい周知の事実。

それが映像化されるというので楽しみにしていましたが、昨日ようやく観ることが出来ました。

冒頭、赤い彗星が活躍するシーンでは新しさを感じつつ、懐かしさ爆発。これはこれで感涙ものですが、それ以上に漫画原作通りの人間ドラマは涙無しでは観られません。
漫画原作を読んで内容も知っているのに、キャスバルの母、アストライアのアルテイシアへの優しい言葉に涙。・゚・(ノД`)・゚・。

その他、テレビ放映では立派なおじさんだったランバ・ラルの若造時代も微笑ましいし、それ以上にデキル女、ハモンさんの活躍が「この人、一体何者!?」と痛快。
魅力は挙げて行けばきりがありません。

そしてあっという間の1時間。ええ! ここで終わりですか、残念。
早く続きが観たいと思うのでした。

ああ、久しぶりに良いアニメを観た気分。
ほら、アラフィフですからf(^_^;。



■機動戦士ガンダム THE ORIGIN



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-05 12:26 | 趣味 | Trackback | Comments(4)
2015年 02月 26日
「アメリカン・スナイパー」を観てきました
d0221584_12295984.jpg昨日、アメリカで大ヒットしている映画「アメリカン・スナイパー」を観てきました。


レディース・ディの影響があったとしても、平日なのに中高年を中心にお客さんが多くてビックリ。さすが話題作ですね。


<ネタバレあります>



映画の冒頭は予告編でも使われている、主人公クリス・カイルが戦車用手榴弾を隠し持った少年をライフルで狙っているシーン。いきなり緊張感。

そこから場面はクリスの子供時代へと飛び彼の生い立ちが語られ、テキサスのカウボーイだった彼が特殊部隊ネイビー・シールズに志願し、厳しい訓練を受け屈強な兵士になっていく様が描かれます。
恋人と出会い結婚もして、幸せになるかと思いきや、9.11のテロ事件が起きイラク戦争に派遣されると、彼の人生が変化していきます。

戦地に赴いたクリスは、次々と敵を倒し何時しか「レジェンド」と呼ばれる凄腕スナイパーになりますが、徐々に心はむしばまれて行きます。
アメリカに一人残された妻は、彼の無事の帰還を祈りつつこどもを育て家庭を守っていますが、計4回の派遣によって、身体の損傷こそ無いモノの心がすっかり病んでしまったクリスに心を痛めます。
意を決して除隊したクリスですが、彼の心はなかなか元の平和な生活に戻れず、戦地をさまよっているかのよう。PTSD であることを受け入れようやく平和な生活が取り戻し始めた矢先、皮肉な事に相談に乗っていた元アメリカ兵士に銃で殺されていてしまうと言う実話。
あまりに悲しすぎます。

イラク派遣問題は、帰還兵の PTSD問題を始め退役軍人病院のあり方など、アメリカ駐在中もテレビのニュースでよく取り上げられていて、アメリカにとってはとても身近な問題。それが如実にそしてリアルに描かれていて、映画を観ているこちらにも心にずしんと重くのしかかります。
また戦場シーンの渇いた軽い銃声が、妙にリアルで緊張感も高まり、戦場の過酷さが伝わってきました。

戦争は戦地だけでなく、帰国した後も多大な弊害をもたらすモノ。やらなければやられてしまうのかも知れませんが、戦争を避ける方法はないのだろうかと、心が痛みました。


ちなみに、クリスを殺害した犯人には終身刑が言い渡されたと、映画を観たあとに知りました。


■アメリカン・スナイパー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-02-26 12:33 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 24日
ニョロニョロドーナツ と 地上300m からの眺望
すっかり間が空きましたが、前回のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの続きです。

■前回のブログ「大阪の【ハリポタ・ワールド】へ行ってきました!」はこちら
■前々回のブログ「USJ で進撃の巨人に会ってきました」はこちら



閉園まで楽しんだユニバーサル・スタジオ・ジャパンですが、まだ書き残した事があったので補足しますね。

帰り際、夕食を摂ろうとユニバーサル・スタジオ・ジャパンの目の前の CITY WALK に立ち寄りました。
d0221584_21444525.jpgまずは、朝見かけて絶対に寄ろうと思っていた「moomin stand(ムーミン・スタンド)」。
東京スカイツリーのたもとにある「ムーミン・ハウス・カフェ」には行った事がありますが(その時のブログはこちら)、ムーミン・スタンドは初耳。
しかも、店の大きな看板にはムーミンではなく、私の大好きなニョロニョロがぁ!!!

と言う訳で、早速店内に。
ですが、店頭にはこんなにたくさん魅力的な商品を紹介する看板がありました。
d0221584_21444507.jpgd0221584_21444598.jpg
これはもう、これらを買うしかありません。

それがこちら。
ストロベリーホットチョコレート(¥463/税別)と、ニョロニョロドーナツ SOPO(¥200/税別)のミックスベリー&ナッツ味。
d0221584_21454560.jpgd0221584_21454565.jpg
寒かったこの夜にはホットチョコレートはホント、美味しかったですし、ドーナツは小腹を満たすにはちょうど良いサイズでした。

d0221584_21454566.jpgちなみに、ホットチョコレートのストローには、ニョロニョロのクリップが付いていました。可愛い〜(^o^)。

d0221584_21470923.jpg改めてレストランを探してウロウロして、「たこ焼きミュージアム」の前を通りましたが、大行列。大阪に来たからには、たこ焼きなどの粉モノは食べておきたいところでしたが、残念ながら今回は断念。

d0221584_21470999.jpgHARD ROCK CAFE で大きなハンバーガーを頂き、アメリカを懐かしみました。

d0221584_21470933.jpg帰りにさらにお店を見て回ると、ミニオン・グッズを扱っているオモチャ屋さんを発見。とは言っても、スペースはささやかなもので、しかもアメリカ在住中に見かけたものばかり。ああ、残念! 新しいモノがあったらウェルカム、お財布全開状態だったのに!

d0221584_21470908.jpg唯一見つけたのが、こちらのぬいぐるみ(¥648)。
タグも何もついていないので、オフィシャルなのかも解りませんが、アメリカでは無かったかも。いずれにしても私は持っていない物でしたので、購入してきました。
やっと買えたミニオンにニンマリ。


買い物も済ませ、電車に乗って今回の宿泊先であるホテルへ向かいました。

d0221584_21501029.jpgそれがここ。
あべのハルカスです。


d0221584_21501104.jpgこの中にあるホテル「大阪マリオット都ホテル」は、あべのハルカスの19階にロビーがあり、その上57階までがホテルとなっています。

夜のロビーですが、見晴らしに加えて天井も高くて、開放感溢れています。

d0221584_21501002.jpg宿泊したのは48階でしたが、大きな窓からの眺望は素晴らしく夜景もGood!でした。

d0221584_21501145.jpgd0221584_21501169.jpg
▲アメニティも充実。コーヒーカップやワイングラスの他に、鉄瓶まで備え付けられていてびっくり。外国人は特に喜ぶでしょうね、今人気があるようですから。

そしてこのホテルに宿泊すると付いてくる特典のひとつに、あべのハルカスの最上階の展望台「ハルカス300」に開場時間前の特別入場、しかも無料というのがあります。

なので、朝8時前にこの「ハルカス300」に登ってきました。
48階に宿泊しているのに、まずはホテル専用エレベータで19階のロビーへ降り、そこからエレベータを乗り換え16階にある展望台入り口へ。16階からまた専用のエレベータに乗り換え、60階の展望台へ。
と、上に行きたいのに一度下へ降りるという不思議なルートでした。

d0221584_21514413.jpgd0221584_21514449.jpg
d0221584_21514404.jpg高さは東京スカイツリーには及ばないけど、それでも見晴らしは素晴らしく、朝日が眩しーい。

d0221584_21514418.jpgd0221584_21514469.jpg
▲ビルをぐるっと一周出来る通路。

d0221584_21514504.jpgd0221584_21514506.jpg
そしてここからは、あの「太陽の塔」も見えました。ほら、ここ(矢印)です。
って、実は現場で確認する事が出来ませんでしたf(^_^;。パソコンで拡大して、ようやく旦那さんが発見。さすがに遠かったんですねf(^_^;。

というわけで、次こそ、他の観光地の話題をお届けします。たぶんf(^_^;。

その後のブログはこちら↓


■大阪マリオット都ホテル




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-02-24 22:23 | 趣味 | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 07日
「エクソダス:神と王」を観てきました。
d0221584_22451498.jpg先月末から公開している「エクソダス:神と王」を、昨日観てきました。


金曜の昼間ということでやはり映画館内はちょー空いていて、さらに公開から一週間経っているせいか観客は私達を含めてたったの七人。ゆったりと観てきました。

さて、アメリカではあまり好評では無かったそうで、つまらなかったらイヤだな〜なんて思いながら観ていましたが、エジプトの繁栄を再現したCGが凄くて、これだけでも壮大で大画面での見応えバッチリでした。

モーゼ役のクリスチャン・ベールは私の中ではバットマンの印象大。だけど、ストーリーが進む内に「本当にバットマン?」と思うほど、顔つきが変わっていきました。まあ、特殊メイクとかCGとかあるんでしょうけれど、それにしたってイケメン将軍からの予言者モーゼへの変貌ぶりはさすが、ストイックな役作りをすることで有名なだけありますね。

また、キーパーソンでもあるヘブライ人の奴隷ヌンが、アイアンマン3でマンダリンを演じたベン・キングスレーだったのが、どーにも気になっちゃって(笑)。さらに、ラムセス王の母であるトゥーヤはシガニー・ウィーバーだし、だめですね〜。これまで観たSF映画の印象深い役を思い出しちゃう。それだけ作品にのめり込めていなかったのかな?

10の奇跡も凄かったけど、魚を始めカエルや虻の大量発生&大量死がグロイし、最後はこどもまで死んでしまうのを観るとどうにも痛々しい。
モーゼと聞いて思い浮かぶあの、海がパカーンと割れるシーンですが、もっともらしく演出されていてその分迫力不足な感じでしたが、逆にその海の水が戻るシーンはほぼ津波で大迫力。だけど、今の日本ではちょっと。。。と思ってしまいます。

そしてラストシーン。「出エジプト記」に基づいているとはいえ、年老いて尚旅を続けているモーゼを観ると、なんともスッキリしない終わり方。なので、映画全体もなんかスッキリしない印象となってしまったのでした。



■エクソダス:神と王


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-02-07 22:50 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 22日
ガンダム参り
先日、長野でお世話になったお友達のA子ちゃん夫婦と、お台場のダイバーシティ東京へ行ってきました。
d0221584_16084470.jpgここは言わずと知れた巨大ガンダムの立像があるところで、昨年日本に帰国した直後に一度訪れていますが、その時と変わらず、いえ、晴天に恵まれ前回よりも更に凛々しく立派にそびえ立っていました! とは言え、ビルの傍に立っているので、18mって意外と低いのね、と実感させられるんですが、足元から眺めると断然大きく感じるので、もっと近づきたいと思っちゃいます。(2009年、初めてお台場潮風公園にガンダムが立った時は、かなり近づけたんですけどね。)

d0221584_16084448.jpgd0221584_16084473.jpg
d0221584_16084460.jpg
▲こんな可愛いオブジェがガンダムの足元にありました。

d0221584_16084411.jpg
ガンダムを眺めた後はもちろん、すぐ後ろにある Gundam Cafe をチェックします。秋葉原や東京駅などにもありますが、ここでも同じお土産を買うことができます。

d0221584_16084450.jpgd0221584_16084400.jpg
d0221584_16084484.jpg
さらに、まだ食べたことがない「ガンプラ焼き」も頂きました。以前秋葉原店で見た時はガンダムだけだったのに、ここではザクがありました。 味もそれぞれ2種類から選べます。
旦那さんは「ガンダム 連邦のチーズハンバーグ」、私は「シャアザク ジオンの野菜&ソーセージ」(各240円)を頂きました。
さらに、カフェラテ(390円)の絵柄もハロだけでなく、ガンダムやザクなどがありましたが、残念ながら選ぶことは出来ません。

d0221584_16111859.jpgさて、わざわざお台場に来たからには、ここを訪れないわけには行きません。それが「ガンダムフロント東京」。以前に来た時にも訪れましたが、その時は無料エリアを覗いただけでした。なので今回はしっかり有料ゾーンにも行ってきました。

d0221584_16111865.jpgまずはドーム型シアター「DOME-G」で、天井の360度スクリーンに投影されるムービーを鑑賞。これは2種類あって、モビルアーマーやモビルスーツが激しく戦うシーンでは、あまりに動きが速くて目が回りそう。しかもモビルスーツの真下から上を見上げたり、と、ドームの形を活かしたアングルで迫力もあって面白かったです。

ムービーを楽しんだ後はじっくり展示を見て回ります。巨大なガンダムの胸像があったり、コア・ファイターがあったりで、キョロキョロ。コア・ファイターの傍にはガンダムの操作マニュアルが落ちてたりして、演出も憎いです。
d0221584_16101631.jpgd0221584_16101613.jpg
d0221584_16101625.jpgd0221584_16101652.jpg
d0221584_16101655.jpg
▲こんなフォトスポットもあります。

d0221584_16140998.jpgd0221584_16101767.jpg
「機動戦士ガンダム35周年展」が開催中で、安彦さんのアニメの原画の展示には、思わずかぶりついてしまいました。

d0221584_16101659.jpgd0221584_16101728.jpg

ここではガンダムの歴史が解るようになっています。古いモノなら解るんですけど、新しい物となるとトント解らず、ガンダムの歴史の長さを感じるのでした(笑)。

d0221584_16101758.jpg
▲帰り際のガンダム。
木々の間から見るとよりリアルですね〜。


■Gundam Cafe

■ガンダムフロント東京



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-01-22 16:36 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 20日
「トッキュウジャー VS キョウリュウジャー THE MOVIE」を観てきました
日本に帰ってきて嬉しい事のひとつに、日本の映画が公開時に観られるというのがあります。特にそれを実感するのが特撮モノの映画。
昨今は本数も多いから、ビデオが発売になってからレンタルで観ていたアメリカ生活中は、貸し出し中とかになると順番がもう解らなくなる、なんてこともザラでございました。

d0221584_22490895.jpg今はそんな心配も無く、1月17日に公開となった「烈車戦隊トッキュウジャー VS キョウリュウジャー THE MOVIE」を、今日観に行ってきました。


さすが平日の午前中、映画館はと〜っても空いていてゆ〜ったり鑑賞。

入口ではこんなノートを頂きました。
d0221584_22490846.jpg
▲ちなみに2種類あるのではなく両A面の、小さめノート。



上映時間は64分ということですが、山場が多かったせいか、長く感じるほどの盛りだくさんな映画で、久しぶりに観たキョウリュウジャーがやっぱり派手でカッコイイな〜と。だけど、キングが髪も短くなり顔も白く、しかも痩せた?って思うほどパッと見の印象が変わってしまっていましたが、芝居はそのままなのでちゃんとキングでした。

d0221584_22490833.jpg一番面白かったのは、こどもに戻ってしまったライトたちが、そのままトッキュウジャーに変身して戦ったシーン。こどもトッキュウジャーたちが可愛い! こどもトッキュウ1号の声がちょいハスキーで良かったわん。
テレビシリーズでもちょいちょい出して欲しいな〜と思うのでした。


■烈車戦隊トッキュウジャー VS キョウリュウジャー THE MOVIE


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-01-20 22:56 | 趣味 | Trackback | Comments(0)