2017年 11月 30日 ( 1 )
2017年 11月 30日
ジャスティス・リーグを観てきました
昨日ようやく「ジャスティス・リーグ」を字幕版で観てきました。

d0221584_20585092.jpg
予告編からして「アベンジャーズ」のDC版だと思っていましたが、
観たらなおのこと、そう思いました(笑)。



ネタバレあります。


「バットマン」はこれまでたくさん映画化されていましたし、「ワンダーウーマン」はこの夏主演映画を観ました。
そして、実は最大のキーパーソンである「スーパーマン」も多くの映画を観ましたから、とても馴染みのあるキャラクターですが、今回の映画デビューしたフラッシュとかアクアマン、サイボーグはこれまで目にする機会がありませんでしたから、逆にちょっと楽しみでした。

彼らのバックボーンも語られましたが、やっぱり限られた時間内では充分では無かったので非常に残念でした。これから個々人の映画が作られることがあるのかな?
そんな駆け足のような説明でも、益々アベンジャーズっぽさを感じちゃいました(笑)。

バットマンはアイアンマン同様、お金の力があるし(アイアンマンは天才科学者でもありますが)、ワンダーウーマンとブラック・ウィドウは女性(ワンダーウーマンのほうが圧倒的なパワーがありますが)、スパイダーマンのポジションはもちろんフラッシュ。若くてムードメーカー、戦闘向きではないところもそっくりです。サイボーグは何でも出来ちゃうし、アクアマンの利点は今回あまり活かされなかったのがモッタイナイですね。

だけど、あの大胸筋の分厚さにはクラクラしちゃいました(笑)。戦闘用スーツを着ちゃうのがモッタイナイくらいでした。
もっとも今回は彼だけでなく、バットマンもスーパーマンもムッキムキ。
スーパーマンは胸毛もじゃもじゃで、バットマンはバットマンスーツがむちむちした感じで、古タイヤのような質感がな〜んかいやだったな〜。ブーツもただの長靴チックだったし。。。

と言うか、旦那さんも言っていましたが、今回ヒーローたちのスーツの出来があまり良くなかったように思います。
スーパーマンの青は恥ずかしいくらい明るいし、フラッシュのスーツも細かいパーツに分かれていて、動くとちょっと浮いた感じになるのが気になりました。
まあ、その反面、ワンダーウーマンの美しさ、特に素晴らしいプロポーションは前作と変わらず(しかめ面をしなくちゃならないシーンが多いのが、ちょっとかわいそうでしたが(笑))。アクションも力強くて素晴らしかったです。

エンドロールの後にはやはりおまけ映像が付いていて、当然続編を匂わせています。
ああ、また続くのか。。。。f(^_^;。











〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-11-30 21:03 | 趣味 | Trackback | Comments(0)