2017年 05月 30日 ( 1 )
2017年 05月 30日
アンコールワット観光旅行(8)タ・プロム
またまた間が空いてしまいましたが、先月行ったアンコールワット旅行の続きです。f(^_^;。
旅行最終日、午前中にアンコール・トムを訪れた後に行ったのは「タ・プロム寺院(Ta Prohm)」です。


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================


アンコール・トムのお隣にある、「タ・プロム寺院」。
映画「トゥームレイダー」の撮影にも使われた遺跡だそうで、案の定観光客がたくさんいました。



まずは、入口。
d0221584_17010690.jpg
狭い入口の両端の塀は既に崩れてしまっていました。

d0221584_17010802.jpg
参道の先には更に朽ちた建物があり、大木が建物を突き刺すように生えていました。
突き刺すというよりは、絡まるようにそびえ立っていました。


d0221584_17010809.jpg
こちらが裏側。
d0221584_17013651.jpg
タコの足のようです。

d0221584_17015778.jpg
d0221584_17015783.jpg
どの建物も今にも崩れ落ちそうで、幾つもの支柱で支えられていました。
d0221584_17020358.jpg
d0221584_17022925.jpg
d0221584_17025909.jpg
▲大乗仏教の寺院として建てられましたが、後にヒンドゥー教の王によって改築されたため、レリーフも強引に書き換えられていました。


d0221584_17034276.jpg
▲映画「トゥームレイダー」の撮影に使われた場所はさらに観光客が詰めかけ、そばに近づくのも一苦労。
なので遠巻きに観て終了f(^_^;。
d0221584_17034638.jpg
ちなみに裏側から観るだけでも、巨木の根の張り具合に圧倒されます。


d0221584_17060039.jpg
d0221584_17060107.jpg
d0221584_17060243.jpg
d0221584_17024116.jpg

巨木が絡まる遺跡は本当に圧巻でした。



観光を終えた後、昼食へ。
クメール料理を頂きました。
d0221584_17062928.jpg
右下が雷魚のココナッツ蒸し煮「アモック」。
ちなみにここ、カフェ・モイモイは3日目に国境沿いにある「プレアヴィヘア寺院」に行った時の、お弁当を作ってくれたお店でした。
なるほど、バナナの葉のカップが同じです。

店内には日本語の表示もたくさんあって、和食も食べられるようで日本人にはホッとするお店でした。
d0221584_17063051.jpg
▲カンボジア語のスプライト。


その後、アンコール国立博物館の隣にある、DFSっぽい高級ショップ「GALLERIA」でお買い物。
街中とはちょっと違った、お値段高めのお土産品が取りそろえてあり、今時の日本と同じく中国人向けのポップだらけですが、人に差し上げるお土産を買うには良いかと思います。



さて、次はいよいよ大本命、アンコールワット観光です。
(って、言っておきながらまた間が空いたらゴメンなさいf(^_^;。)


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-05-30 17:09 | 観光 | Trackback | Comments(0)