2017年 05月 02日
アンコールワット観光旅行(4)ベン・メリア遺跡
先月行ったカンボジア旅行ブログの続きです。

d0221584_16461791.jpg
前回の「プレアヴィヘア寺院」を観光したあと、シェムリアップへ戻る途中にある、「ベン・メリア遺跡」に立ち寄りました。


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================

d0221584_16585331.jpg

d0221584_16475093.jpg
d0221584_16475178.jpg
ここは11世紀末から12世紀初頭にかけて作られた寺院です。
遺跡全体を大きな木々が覆っていて、私がイメージしていた秘境の遺跡に近い感じでした。

カンボジアを訪れるまでは、アンコールワットは森の奥にあるものだと思い込んでいたので、実際には街中にあると言う事が解り、ちょっと残念に思っていました。
d0221584_16475233.jpg
d0221584_16475374.jpg
ところが、ここベンメリアは、大木に浸食された遺跡ばかり。
まさに森の中に溶け込んでいるようです。
d0221584_16491381.jpg
d0221584_16491414.jpg
d0221584_16502170.jpg



d0221584_16475320.jpg
d0221584_16491310.jpg
だけど悲しいかな、昨今の有名観光地同様、ここも御多分に洩れず観光客がわんさか。特に中国・韓国系が多くて眉をひそめます。
かつての日本人もそうだったのかも知れませんが、他人の迷惑を考えず我が物顔で写真を撮ったりしていましたが、それは欧米人にも見られました。SNS用の写真を撮っているんですね。自分もそうならないように注意しなければ。。。人の振り見て我が振り直せ、ですね。


d0221584_16502286.jpg
d0221584_16502353.jpg
d0221584_16502360.jpg
d0221584_16475147.jpg
これらの遺跡ですが、もちろん国は遺跡の修復をしたいと思っているようですが、崩れかけた遺跡を支えているのもこれらの木々なので、むやみに切り倒す事も出来無いンだそうです。
なので、これらの木々は遺跡を支えつつも徐々に破壊しているんです。
凄いな〜。


次回は「プレ・ループ」と「バンテアイ・スレイ」の予定です。
でしたが、その日の早朝に行った「アンコールワットの朝日」に続きます。




======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-05-02 17:00 | 観光 | Trackback | Comments(0)