2016年 07月 31日
ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーを観てきました

d0221584_17005741.jpg

d0221584_17011632.jpgd0221584_17005772.jpg
金曜日に「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」を、さいたまスーパーアリーナで観てきました。


d0221584_17013829.jpg開場時間前、外に設置された物販は直前に行ったのでは、めぼしいものはほぼ売り切れ。😢


かろうじて買えたのは、スライムのご当地スライムストラップ(¥1,000)。しかも、さいたまの名産品サツマイモに擬態()しているのも売り切れ。全く関係のない名古屋バージョンを購入。ツインテールみたいで、可愛かったので。確実に買えるのは、パンフレットくらいなものでした。

やっぱり、日本人ってグッズが好きなのね~。

d0221584_17020502.jpgd0221584_17020594.jpg



会場の外に物販ブースを設けて、しかも開園時間とは関係無く朝から営業していたそうで、誰でも買えるようになっているのは非常に親切だとは思いますが、ショーを観て盛り上がろうと、もしくは盛り上がった人が買えないのは如何なものかと思います。単に売れ行きを読み違えただけかも知れないけど、観る前にちょっとテンションが下がっちゃいました。


これから観る方で物販を買いたい方は、開場時間に関係なく早めに行くことをお勧めします。とは言っておきながら、後日サイトを確認したら公演後に通販するみたいですね。


ネタバレあります。






d0221584_17023461.jpg

さて、肝心のショーの中身ですが、横長で上下に自在に動く舞台を中心に、これまた上下するスクリーンを巧みに使って映し出す映像と演者のアクションをシンクロさせ、あのドラゴンクエストの世界を見事に再現していました。

座席も結構舞台近くまで設置されていて、ここならかなりの迫力が感じられると思いますが、少々後ろの席でも全体が見渡せるので、これはこれでアリだと思います。


そして、上演中キャストは観客を盛り上げようとするのですが、日本人の悲しい国民性のせいか、盛り上げ役が非常に苦労している感が否めませんでした。かく言う私もどうにも照れが出ちゃって、ねー(-; )


そうそう、ドラクエ大好きで、キャスティングされた時はちょー嬉しかったと言う、しょこたん。体育の成績が「1」だった(本人がテレビで言ってました)にも関わらず、それなりに様になったアクションを見せてくれましたよ。

お芝居の方は声優もできちゃう彼女なので、全く問題なかったです。

っつーか、彼女のセリフのなんと多いことか。

d0221584_17023485.jpg

原作がゲームと言う作品の性質上、主人公である勇者はほとんど喋る事なく、しょこたんとテリーがもっぱらの進行役。イケメン声がするので、勇者が喋っているのかと思ったら、テリーだった、ってこともしばしば。

ムードメーカーの パノンも喋る喋る。案外この人が一番セリフが多かったかも。



モンスターたちも、ゲームの世界から抜け出てきたように良く出来ていて、BGM や効果音とともに、世界観をきっちり作り出してくれていました。



前半1時間ほどが済んだところで20分の休憩を挟み、後半戦。こちらは1時間弱で物語を畳み込んでいきます。


なので、実質2時間弱ではありましたが、旅立ちからモンスターバトルも盛り込み、ゾーマ退治のクライマックスまで、なかなか盛りだくさんで楽しませてくれました。

そんなにドラクエに思い入れはないけど、楽しかったです。



そうそう、忘れちゃいけないのは、歴代の勇者たち。

セリフもなくアクションもほとんどないけど、最後にカーテンコールで客席まで来てくれたとき、そのお顔をしっかり拝見すると、なんとどの勇者様もイケメンばかりじゃないですか~(^o^)。

最後に目の保養をさせて頂きました♪。


d0221584_17030618.jpg

▲しょこたんに届いたお花はスライムの形になってました。

シャレてる~(^_^)


d0221584_17030606.jpg

▲会場内に特設店舗を出店していたケンタッキーフライドチキン。

カーネルサンダースおじさんは、スライムを持っているというだけなのに、格好の被写体になっていました。




ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

http://dragonquestlive.jp/




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-31 17:14 | 趣味 | Trackback | Comments(2)