2016年 06月 03日 ( 1 )
2016年 06月 03日
「デッドプール」を観ました
早いモノでもう6月になりました。
ラッキーな事にここしばらく関東地方は雨の心配はないそうで、梅雨入りまでの時間が結構稼げそうです。
この時期の気候が爽やかで過ごしやすくていいですよね〜。


d0221584_13491112.jpgさて、そんな6月の1日に公開になったのが「デッドプール」。異色のマーベルヒーロー(本人はヒーローではないと否定)の登場です。
なんでも、本家アメリカでは大ヒットしているとか。はてさて、破天荒なヒーローは日本でも受け入れられるのでしょうか?


ネタバレあります。






予告からしてぶっ飛んだ映像が流れていますが、中身はもっとぶっ飛んでいました。
なにせ、お下品なワード連発、しかも早口。やることもエッチだし暴力的。ヒーローならカッコ良く決めるアクションシーンでは、血しぶきだけでなく、肉片まで飛び散っちゃう。極めつけは自分の手首を切り取っちゃう!!うぎゃぎゃぎゃ〜〜〜!(◎o◎)。こりゃ、R指定になるわけです。

さらに、面白いのは主人公が観客に向かって話し掛けちゃうこと。これって、原作のアメコミがそうなんですって。さらに他の映画や役者を皮肉ったりして、現実と架空の世界がごっちゃまぜになってます。

ストーリーもとにかく破天荒。嫌いじゃないけど、大丈夫?って心配になります。

とはいえ、セリフが多くて早口、しかも皮肉や洒落がたっぷりなので、恐らく字幕ではその半分も文字にしきれていないのではないかと思います。ああ、こんな時、やっぱり英語ができればな〜と、アメリカ人を羨ましく思います。これって、日本語吹き替えになったら、全く別物のギャグとかに置き換えられちゃうのかしら? そうなるともはや別の映画になりそう。。。。

そして、そのぶっ飛んだ主役デッドプールことウェイド・ウィルソンを演じているのが、「グリーンランタン」の印象が強いライアン・レイノルズ。
パンフを見るとなんと、プロデューサーも兼ねてます。
へぇ〜(◎o◎)。

彼ってどんな役でもやるのね、って言う印象ですが、今回のハチャメチャぶりは凄いです。それに、よく喋る。彼って、こんな声だったかしら? って思うくらい彼の印象が変わる程でした。

本人もデッドプール役が相当気に入ってるみたいですから、この役は絶対に手放さないでしょうね。シリーズ化されるのかな?

そうそう、スパイダーマンの時も思ったけど、アメコミヒーローってコスチュームを自分で手作りするのがお約束なの? ごつい手でちくちくお裁縫する姿は、デッドプールでは尚のことコミカルでした(笑)。



■デッドプール


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-03 13:56 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(2)