2013年 01月 18日
LOS ANGELES COMIC BOOK AND SCIENCE FICTION CONVENTION に行って来ました。
d0221584_1019896.jpg先週の日曜日はこれに行って来ました。あ、もちろん旦那さんの趣味です!
LOS ANGELES COMIC BOOK AND SCIENCE FICTION CONVENTION」。タイトル長っ!


d0221584_10204852.jpgd0221584_10211253.jpg
アメリカではよくあるコミックブックのコンベンションのひとつのようですが、開催された場所がちょっといつもと違っていました。「Shrine Auditorium Expo Center」で、建物の見た目もとてもオタクイベントが行われているとは思えない、その名の通り礼拝堂というか講堂(?)でした。入口にある看板は、小学生が夏休みの自由研究で使うようなディスプレイボード(厚紙製)にコピーを貼っただけの、簡素なもの。果たして中は?

d0221584_10221927.jpgd0221584_10224733.jpg
まず入口もしっかり礼拝堂風なので(当たり前か)圧倒されましたが、奥へ入ると極めて普通なコミックブックのコンベンションでした。(ちなみに入場料は$8=約704円※でした。)

d0221584_1023502.jpgd0221584_1024868.jpg
コミックブックの他にも、もちろんオモチャやDVDなどを売っている店もたくさんありました。その辺は外せませんよね。とは言え、こんなに熱心にコミックブックを物色している風景は珍しいかも。もっとも日本アニメのオタクイベントに行く機会が多いから、そう感じるのかも知れませんけどf(^_^;。

d0221584_10244185.jpg会場の奥、黒い幕の前には、サイトにあったように今回のメインとなる「猿の惑星」の、当時のキャストと思われる方々がテーブルを構え、場面写真やメイキング写真を並べ、当時の撮影秘話をファンに語ったりしていましたが、何分にも古い作品故、どのテーブルの方もそーとーにお年を召しておりまして、一応作品は全部観たのですが、残念ながら当時の写真を見ても「はて? どなた?」ってな具合でしたf(^_^;。


d0221584_10251491.jpgd0221584_10253061.jpg
いやーそれにしても、こんなところでも、オタクイベントが行われるんですね〜。まあ、他の用途にも色々と使われているんでしょうけれどf(^_^;。(写真右は会場の二階)
イベント内容よりも建物にとっても興味引かれたコンベンションでした。


ちなみにまだ、咳が出てノドが痛いです。う〜、長引いてます(+ +)。


■LOS ANGELES COMIC BOOK AND SCIENCE FICTION CONVENTION
http://www.comicbookscifi.com/

※$1=約88円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-01-18 10:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)