2017年 08月 03日
深海展2017
d0221584_13222645.jpg

昨日、国立科学博物館の大人気企画の特別展「深海 DEEP OCEAN 2017」に行って来ました。

土日ともなればきっと長蛇の列なんでしょう。ですが、平日3時ごろでしたので、チケット売り場で少し並んだものの、すんなり入れました。


とは言え、中は結構な混雑ぶり。子供も多く夏休みなんだと実感します。

展示には意外にも古めかしい瓶に入った、年季の入った標本が列挙され、フューチャーされている深海魚は「デメニギス」と言う、頭部が半分透明になった目が大きな魚で、ギフトショップでは様々なぬいぐるみが販売されている、一押しキャラ的な存在でした。

もちろん、話題のダイオウイカの標本もありました。
d0221584_13222725.jpg

しかも平置きではなく、まさかの縦置き!
確かに見やすいですが、重力が標本に悪影響を及ぼさないといいな〜と、ちょっと心配になりました。

また、鮫の液浸標本もありました。
オンデンザメです。
d0221584_13222867.jpg

ちょっとシワっぽい(笑)。
以前「海のハンター展」で見たホホジロザメ(その時のブログはこちら)程ではありませんが、リアルで迫力がありました。

会場内は何処も賑わってましたが、一番はやっぱりギフトショップかなσ(^_^;)。

毎度毎度、工夫を凝らしたグッズが登場して感心しますが、今年は大きなぬいぐるみの種類も増えてて面白かったです(^-^)v。


by suneya-m | 2017-08-03 12:58 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/25166844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ミニオン大脱走カフェ」に行っ... 「ザ・マミー」を観てきました >>