2017年 04月 28日
「恐竜ライブ」を観てきました
またまたアンコールワット観光から脱線ですf(^_^;。

d0221584_22310664.jpg先日、何気なくテレビのニュースを見ていたら、以前にも見たことがある良く動く恐竜「DINO-TRONICS」のイベントが、渋谷で開催されるというので、早速ネットで検索。すぐさまチケットを購入して、昨日行って来ました。


d0221584_22313222.jpg
それがこの
恐竜ライブ DINO SAFARI ーディノサファリー
渋谷ヒカリエ 9階のヒカリエAホールで5/6まで開催中です。



香港駐在中にかなり本格的なライブ「WALKING with DINOSAURS」(映画じゃないほうね)を観に行った事がありますが(その時のブログはこちら)、それよりもかなりリーズナブル(ちなみにお値段、2,800円)でこぢんまりとした分、恐竜をかなり身近に感じる事が出来ました。




ネタバレあります







d0221584_22313380.jpg
会場は中央の広場を囲むように人工芝が敷かれていて、自由に座ることができます。丸い芝生はお座布団。壁際にはイス席があるので座り込むのが嫌な方はこちらへ。

ガイド役の恐竜研究博士リチャードと助手のお姉さんが登場し、世界観の説明と諸注意が説明されます。ちょっとしたヒーローショーのようなノリなので、ワクワクしちゃいます(^o^)。

当然のようにここでは写真撮影はNG、と告知されるのですが、ここでカメラを鞄の奥深くにしまってはいけません。すぐに取り出せるようにスタンバっておきましょう。


d0221584_22313344.jpg
会場が暗転したあと最初に登場したのは、旦那さんの大好きなトリケラトプス!
ひゃー! 凄く大きいです。
d0221584_22313430.jpg
しかも、恐竜のほうから寄ってくるので、運が良ければその距離は目と鼻の先くらいまでなるかも。
d0221584_22322030.jpg
そうでもなくても、尻尾が頭上をかすめたりとヒーローショー並みの親近感をもって恐竜を観ることが出来ます。

と、写真撮影NGなのに、どうしてこんなに写真があるのかというと。。。。

リチャードがタイミングをみて撮影OKを出すんです。
「この恐竜はおとなしいから写真を撮っても大丈夫そうですね。さあ、皆さんカメラを出してください。でも、フラッシュは切ってくださいね」
と言うような感じで撮影を促してくれるンです。

今時は撮影無しは悲しすぎますから、これは嬉しいですよね〜。
選ばれし者ならば、恐竜に近づいての撮影も可能です。が、誰が選ばれるかは解りません。


その後もラプトルやアロサウルス、フクイラプトルなども登場します。
d0221584_22322156.jpg
d0221584_22322152.jpg
d0221584_22322380.jpg
お客さんが座っている芝生ゾーンには恐竜は入って来ないという説明でしたが、ラプトルは例外みたい。気がつくとすぐ後ろに、なんてこともあるのでご注意ください(笑)。
これ、結構迫力あって怖いンですが、あまりに近くて笑っちゃいますけどね(^o^)v。


d0221584_22322257.jpg
d0221584_22322294.jpg
クライマックスはティラノサウルス vs トリケラトプス!
巨体同士のバトルは迫力あります。


「WALKING with DINOSAURS」とは違って、恐竜がとても近くまで来てくれるのと、恐竜そのものが機敏で自由に動き回るところが、とてもリアルで楽しかったです。
もちろん、恐竜好きの旦那さんも大満足でした。

なので、お土産コーナーでさぞかし散財するかと思いきや、ぱったり。
何故なら、このライブ限定のオリジナル商品がほとんどなかったから。他の恐竜イベントや博物館でも買えそうな、見たことがある商品ばかりだったのが残念でした。
イベントのロゴと恐竜の写真のクリアファイルの1枚でもあったら、買ったのにね〜。
次回はグッズにも期待したいところです。





■恐竜ライブ DINO SAFARI





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-04-28 22:40 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/24130703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アンコールワット観光旅行(3)... 前売り券のぷにゅぷにゅミニオン >>