2016年 09月 08日
2年ぶりのL.A.。ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのハリポタ・ワールド
気がつけばアメリカ旅行からもうすぐ1ヶ月が経とうとしていますが、ちっともブログにできていないf(^_^;。ヤバ〜イ。

d0221584_20053063.jpgと言う訳で、今回は久しぶりの「UNIVERSAL STUDIOS HOLLYWOOD」(以下USH)の模様をお伝えします。

本場のはずなんですが、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」は今年出来たばかり。果たしてフロリダ・オーランド、日本との違いはどこなのかチェックします。
(フロリダのブログはこちら
 日本のブログはこちら(1)(2)



まずは USH の入口から。
d0221584_20060099.jpg昨今のテロ対策からか、金属探知機が導入されていました。

なので、USH のキービジュアルでもある回る地球儀にも、セキュリティチェックを済ませた後でないと近づけなくなっていました。
(ちなみに帰りは人が減ったせいか、セキュリティチェックは入口近くに移動して、誰もが地球儀に近づけるようになってました。)


アッパーロットのほぼ中央に作られた「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」(以下ハリポタ・ワールド)。日本以上に狭いここで果たしてどんな風に作られたのか、興味津々&心配も多分にありました。


d0221584_20094134.jpg 案の定、日本のように森を抜けて、なんて気の効いた演出は出来なかったようで、いきなりゲートがどーん。
しかも、真夏のカリフォルニアの炎天下に、不釣り合いの雪景色。軽装のお客さんと相まって異様な雰囲気も醸し出していました。

d0221584_20094198.jpgd0221584_20101460.jpg
d0221584_20101494.jpgd0221584_20104136.jpg
中に入れば、フロリダや日本と大差なく、ホグワーツ特急がお出迎えしてくれ、バタービールのワゴンには大行列。ダイアゴン横丁も再現され、3本の箒のレストランもありました。
ただ、やっぱり手狭感が否めず、どこへ行ってもだだっぴろいと言う本来のアメリカのイメージはありません。まあ、ハリポタ・ワールドに限ればこの手狭感は逆にリアルなのかも知れません。
ただ、日本のように通り抜けができないので、もう一方のゲートはとっても小さくひっそりとしたものに。ちょっと寂しいですね。


メインのホグワーツ城は、↓こんな感じ。パッと見違いは解りません。
d0221584_20111988.jpg

▼こちらはフロリダ・オーランド
d0221584_20113891.jpg

▼こちらは日本のUSJ
d0221584_20115502.jpg

そして、大人気アトラクション、「HARRY POTTER AND THE FORBIDDEN JOURNEY」は。。。。
すみません、あまりに長蛇の列なので早々に諦めましたf(^_^;。

d0221584_20122427.jpgd0221584_20122721.jpg
ちなみに、日本ではハリポタ・ワールドへの導入の森にあったロンのパパの空飛ぶ車は、アトラクションへの通路の途中に展示されていて近づけなかったので、動くかどうかは確認できませんでした。

d0221584_20124737.jpg長蛇の列の奥には温室の屋根も見えますので、たぶんルートはほぼ同じような作りになっているのでしょう。しかし何しろ狭いので、すぐ裏の建物が見えてしまうのがちょー悲しい。
ましてや日本のような湖に映る逆さホグワーツ城なんて、皆無です。
ハリポタ・ワールドだけなら日本のほうが断然良いのでは? アトラクションも3Dですしね(笑)。

d0221584_20130535.jpgギフトショップでは、魔法の杖などはもちろん売っていました(むしろマイナーな杖まであって、旦那さんは驚いていました)が、日本のようなクッキーなどのお菓子は少なく、名前入りのキーホルダーなどが目立っていました。

d0221584_20133264.jpgハリポタ・ワールドが出来た事以外にも随分と変化がありました。
以前はかろうじて残っていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクのチキンをメインとしたレストランはすっかりなくなり、近くにシンプソンズのキャラがついた「CLETUS’ CHICKEN SHACK」という別のレストランが出来ていました。

d0221584_20133246.jpgd0221584_20133249.jpg
▲他にもアメリカらしいお店が出来ていました。

d0221584_20135529.jpg
▲唯一「BTTF」を見つけることができたのは、
ギフトショップにあったデロリアンのおもちゃのみ。
時代の流れとはいえ、寂しいなぁ〜。
良く出来た映画なんですよ〜。


d0221584_20142621.jpg映画と言えば、8月18日からの公開を控えた(訪れたのは8月15日)新作クレイアニメ「KUBO AND THE TWO STRINGS」が、映画製作に使用された人形やセットの展示が行われていました。

d0221584_20145237.jpgd0221584_20145712.jpg
d0221584_20145820.jpgd0221584_20145891.jpg
「PARANORMAL」や「THE BOXTROLLS」を作ったLAIKA の新作アニメです。「KUBO」は侍や折り紙、三味線など日本の要素を取り入れた作品のようですが、日本での公開は未定? アメリカ駐在中に「PARANORMAL」は観て面白かったので、「KUBO」もちょっと興味が惹かれます。


さて、続いてローワーロットへ移動すると、そこは旦那さんの大好きな恐竜とロボットの世界。

d0221584_20153044.jpgd0221584_20153114.jpg
エスカレーターを降りるとすぐに「RAPTOR ENCOUNTER」があり、ラプトルとの記念撮影ポイントがありました。
映画のように飼育員が彼女をなだめながら、順番にお客さんとの写真を撮らせてくれます。けど、結構ラプトルが動き回るので、ベストショットを納めるのは難しいかも(笑)。



d0221584_20155805.jpgとっても暑かったので、ジュラシック・パークのアトラクションでずぶ濡れになっても平気そうですが、あえてパス。ここに来たからには絶対に外せない「TRANS FORMERS THE RIDE-3D」へ。

やや混雑気味とはいえ、出来たばかりの頃ほどではなく、見慣れた展示品も割とスルー気味で中へ。
3Dメガネは相変わらず重くて暗くなるので見づらいのですが、やはり面白い! 映像とライドの動きがマッチしているし、水や炎の演出も臨場感や迫力を増してくれます。ああ、日本にも出来たらいいのに〜〜、と再度思いました。

d0221584_20161797.jpg他にもアメリカならではの新しいアトラクション「THE WALKING DEAD ATTRACTION」が出来ていましたが、お化け屋敷っぽいのでパスf(^_^;。怖いのやだもん。


と、久しぶりの USH を満喫しました。

あ、ミニオンがなかったのはお買い物とまとめて次回にご紹介しようと思っています。
特に「SUPER SILLY FUN LAND」という、映画に登場した遊園地エリアはすっかり夏仕様になっていましたよ〜。



■UNIVERSAL STUDIOS HOLLYWOOD
■KUBO


よろしかったらこちらもどうぞ。
===今回のアメリカ旅行、
 「2年ぶりのL.A.。」シリーズのブログはこちら===
============================


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-09-08 20:49 | 観光 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/23475685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2年ぶりのL.A.。USハリウ... 「ゴーストバスターズ」を観てきました >>