2016年 07月 28日
「ロスト・バケーション」を観てきました
d0221584_22004989.jpg昨日、「ロスト・バケーション」を観てきました。
最近は「シャーク・トルネード」シリーズなどのB級映画が流行っていますが、同じ人食いサメでもこちらは至って真面目な映画です。
「シャーク・トルネード」ももちろん好きなんですけどねf(^_^;。



ネタバレあります



とにかく海が綺麗!
白い砂のビーチから眺める景色もさることながら、海の中から見る波なんて見た事ないからみとれちゃいますし、上空からのカットも微妙に変わる海の色が鮮やか。
と、まずは景色に見とれます。

が、やはりメインはサメとの攻防戦。
そんな近くに鯨の残骸? と思う距離感と、鯨を食べたならもうお腹はいっぱいぢゃね? なのに、人を襲うの? と言う疑問は少々ありましたが、たった一人で絶望感に襲われる中、必死に知恵を絞り生き抜いていく様は緊迫感があって、引き込まれました。

私が覚えている限りでは、総出演者たったの10人。しかも、舞台はサメが現れたビーチのみ。とても小さな世界なのに、壮大なドラマに感じられました。

だけど、泳げない私としては、やっぱり海は怖くて行けないわ〜f(^_^;、でした。


ちなみに、原題「THE SHALLOWS」。辞書で調べると「浅瀬」とか「浅はか」とか。ダブル・ミーニングかな、って思える内容でした。




■ロスト・バケーション


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-28 22:02 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/23339853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ドラゴンクエスト ライブスペク... 骨付き肉のパン >>