2016年 07月 22日
「ファインディング・ドリー」を観てきました
d0221584_23400147.jpgアメリカで「アナ雪」すら抜き、歴代アニメ映画のトップになりそうだと言う「ファインディング・ドリー」(日本語吹き替え版)を観てきました。
前作の「ファインディング・ニモ」は、親切にもテレビで放映してくれたので、もちろん事前にチェック。懐かしくしっかり楽しみました。


ネタバレあります







前作ではサブキャラだったドリーが主役と言う事でいささか不安はありましたが、なんのなんの、ドリーはしっかり主役を務めていました。

と言っても、すぐに何でも忘れちゃうのは治る訳はなく、それにつき合うマーリンとニモは偉いな〜と感心します。
前作の個性的な魚たちに加えて、新キャラも登場。だけど、海洋生物研究所で保護されていると言う設定上なのか、どこかしら不具合がある子たちばかり。
ちょっとクレイジーな鳥とかも登場して、なんかふつーじゃない子がいっぱい。
世界は個性的な人で溢れている、って感じがしました。


ストーリーは、今回は人間界でのアドベンチャーがたくさんで楽しく、もちろんメインとなる家族との出会いも感動的で、思わず涙がぽろり。なるほどヒットの理由がわかったような気がします。

あ、もちろん吹き替えの声優陣も素晴らしかったです。誰一人ミスマッチなキャスティングは無く、前作から引き続きドリーを担当した室井滋さんは、今回は膨大なセリフに大変だったろうな〜と、その労をねぎらいたいと思うのでした。
ちなみに赤ちゃんドリーの声も可愛かった。そう言えば、気がつきませんでしたがニモの声優は前作とは違っていたんだそうですね。当時少年だった声優くんもあれから12年。大人になって声代わりしたってことでしょうねf(^_^;。




■ファインディング・ドリー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-22 23:43 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/23325240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ポケモンGO 始めました? 「KINGSGLAIVE FI... >>