2016年 03月 26日
「バットマン vs スーパーマン」を観てきました
d0221584_16250612.jpg昨日から公開となった「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を昨日、字幕版(2D)で観てきました。

アメコミヒーロー満載の映画はこれまでにたくさんありましたし、何より「スーパーマン」も「バットマン」も、歴代の名優によって数々映画化されてきましたので、ちょいとうんざり感がなくも、無いf(^_^;。とは言え、予告編を観てからすごく楽しみにしていました。



ネタバレあります






基本は前作の「マン・オブ・スティール」の続編と言った感じ。前作でスーパーマンと闘ったゾッドも死体ながら重要な役割を担いますし、もちろんスーパーマンの彼女、ロイス・レインもキーパーソンとなります。(なので、事前に観ておくと良いかも知れません。)

さらにそこに「バットマン」が絡んでくるという。
しかも、今回のバットマンのブルース・ウェイン役はベン・アフレック、192cmもある大男。劇中ではそこまで圧は感じませんでしたが、装甲車のようなアーマー版バットマンのコスチュームを身にまとっても負けない迫力があります。
(このバットマン、耳が小さくてなんだか猫みたいで可愛かった(笑)。)

それにしても、ブルースの両親が殺される場面は何度見た事か。配役が新しくなる度に描かずにはいられない、バットマン誕生のきっかけとなる重要なシーンですからね。今回も、幻想的に描かれていました。
また、今回のアルフレッドはこれまでの従順な執事というよりは、むしろブルースと対等につき合っているような感じですが、それもそのはず、彼の知識と技術は並大抵ではなく若かったら彼自身がバットマンになっても良いくらいです。
風貌もなんとなくトニー・スタークっぽくて、アイアンマン好きの私としては彼が気になって仕方ありませんでした。


そして問題のバットマンとスーパーマンのバトルシーン。これも見事でした。圧倒的なパワーを持つスーパーマンに対して、バットマンが知識とガジェットを駆使して互角に渡り合うのは迫力満点。

そして、この二人を闘うように仕向けたのがレックス・ルーサー。元々スーパーマンの宿敵だそうですが、なんで彼がそこまで出しゃばってくるのか、私には今イチ理解出来なかったのが残念。
残念と言えば、やはり、最後に登場したクリーチャー。
ハリウッドの発想は何故そこから進化しないのか、と毎回嘆かずにはいられないほどワンパターンな風貌。日本の怪獣を見習ってほしいと思うのでした。

それから付け足しのように登場したワンダーウーマン。
彼女だけ衣装も異質だし、剣と盾で立ち向かう様はさながら「300」。あ、同じ監督でしたか(笑)。
彼女、必要だったのかな?



d0221584_16250664.jpg
▲劇場入口でもらったクリアファイル。
裏(写真下)は9月公開予定の「スーサイド・スクワッド」でした。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」も来月公開だし、
今年もヒーロー映画が目白押しですね。



■「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-03-26 16:32 | 趣味 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/23012029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ポロポロ at 2016-03-28 15:37 x
自分も先日見てきました。
アルフレッドが老トニーっぽいというのは他所で聞きますが、やはり見えますよね。
実は自分自身、自称MARVEL派を貫いておりダークナイト3部作等興味があるもののDCを見たことがありませんでした。
ただ、前夜にテレビ放送をしたマン・オブ・スティールを見てあまりのカッコよさに興味急上昇。
次の日の予定をすぐさま増やしたのでした。

感想としてはやっぱ鳥肌が立つ場面が多かったなと思います。
冒頭のバットマン(というか主人公以外の第三者)から見たマン・オブ・スティールのラストバトル。
アニメや特撮だと多分被害出てるだろうけどラスボス倒したしハッピーエンド!がお馴染みですが、ちゃんと裏を描くのは流石アメコミだなと関心しました。
この点はシビルウォーも同じく軸になるので楽しみですね。
そしてサラッと入ってきたジャスティスリーグメンバーのネタバレ。
サイボーグ、フラッシュ、アクアマン
彼らも楽しみでDCEUを追いかけることを決めました!
ラストは衝撃的でしたが、一瞬だけ土が動いたような……?

とりあえずDCEUではないですが、ダークナイト三部作や80年代スーパーマンやリターンズも機会があれば見て見ようと思います。
Commented by suneya-m at 2016-04-03 19:36
>ポロポロさん、熱いコメントをありがとうございます! また、返信が遅くなり申し訳ありません。

MARVEL も DC もヒーローはやっぱりカッコイイですよね〜。どちらも今後はどんどんと作品が増えて、追い掛けるのは大変ですが、その分楽しみも多くなって嬉しいですね。
<< あら便利、セルロースの台ふきん まぶたが腫れるのも花粉もせい? >>