2016年 03月 24日
「オートマタ」を観てきました
d0221584_12191415.jpg「オートマタ」を旦那さんが観に行くと言った時は、「何それ?」と思うほどの全くノーマークの映画。予告編すら観たことがなく、久々に事前情報無しでの鑑賞となりました。


ネタバレあります









設定はありがちな近未来。しかも、人口の99.7%が失われ、さらにヒューマノイドロボットが社会に浸透していると言う、これまたどこかで見た事のある情景。
スタート時の映像も「ブレード・ランナー?」と思わせるような、人口雨のシーン。
と、どれもこれも観たことある感満載の映画でしたが、不思議と嫌な感じがしませんでした。
なんでだろう?

科学が後退していると言う設定でもあるので、ネットは無し。そこが最近のSF映画とはちょっと違い、そのせいでレトロ感は増してますが、逆にそこがちょっとホッとさせてくれたのかな? とも思います。さらに、ヒューマノイドロボットのぎこちない動きもレトロ感に拍車を掛けてました。

そして主役のアントニオ・バンデラスはスキンヘッドになっていて、エンドロールで確認するまで全く気がつきませんでした〜f(^_^;。




■オートマタ

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-03-24 12:22 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/23005556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< まぶたが腫れるのも花粉もせい? 揚げない「唐揚げ」を作りました >>