2016年 01月 29日
「信長協奏曲」を観てきました
d0221584_00030595.jpg旦那さんが観ないと言ったので、レディース・ディだった水曜日にひとりで「信長協奏曲」を観に行って来ました。
当時テレビドラマも観てましたので、その結末がどうなるのかとても興味がありましたから。


さすが、レディース・ディ。女性がいっぱい。平日の昼間で、しかも1番大きなスクリーンなのに、そこそこ席が埋まるほど。さすが、小栗旬効果? はたまた向井理効果か、山田孝之効果か。と、考えてみれば、若手実力派俳優が出ている映画だったんですよね〜。





ネタバレあります


冒頭に少しドラマのダイジェストがあったので、ドラマを見直していなかくてもノー・プロブレム。モウマンタイ(無問題)でした。

しかし実生活では子供もいる小栗くんが高校生役というのもいささか無理な話ですが、それ以上に年齢不詳の帰蝶とか、いつの間にやら安土城を建てちゃっていたりとか、ちょっと時間の流れが今ひとつよくわからないのは、私が実際の歴史をちゃんと勉強していないから? 
はて? 小栗くん演じるサブローは一体何年間、タイムスリップしていたのかな? 
と、見終わったあとに頭をひねりましたが、映画としては楽しめる作品でした。
奇をてらったラストでもないので、そーきたか、というのは無いもののしっくり落ち着く感じでした。

しかしながら、史実を元によくここまでアレンジできるものだな〜と、感心しました。
とは言え、その史実、よく解って無いかもf(^_^;。日本史を勉強しなくっちゃと、思うのでした、ハハ(笑)。





■信長協奏曲



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-01-29 00:07 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/22825967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 誕生日には花束を ごまみそシュウマイ鍋を作ってみた >>