2015年 10月 07日
日本でも水漏れ
楽しい思い出いっぱいのアメリカ生活でしたが、最大の悩みが頻発した漏れ事件でした。
3年半の内、キッチンのシンク下、トイレ3箇所などなど、数回に渡り床や絨毯を浸しにした漏れ事件。(詳しくはこちらのブログで)

日本に戻って1年。そんな心配とはもう無縁だと思っていたのですが、遂に今の住まいでも漏れが発生してしまいました。ガックリ。

d0221584_22050243.jpg夕食の後、お皿を洗っていると、なんだか足元のキッチンマットが濡れている。。。。
おや? が跳ねたのかな? なんて、呑気に思っていたらどんどんビシャビシャに。
慌ててシンク下を覗くと。。。。

d0221584_22050762.jpg我が家のキッチンの蛇口、ホースが伸びるタイプなんですが、シンク下に隠れているこのジャバラのホースからがポタポタ。ひえ〜〜、(~_~;)。


そしてふと考える。こんな時は何処へ電話したらいいんだっけ?
旦那さんと首を捻った先に見えたのは、冷蔵庫に貼ってある「のトラブル」などの文字が書かれたマグネット。
おー! これだ!

っつーわけで早速携帯を取り出し、はて? どの会社にする? と、ここでまた旦那さんと首を捻る。ポストに投函されていたのをなんとなく貼っておいたのですが、いつのまにやら8枚に。ダブっている会社もあったけど、それでも5社ほどから選ばねばならず、何を基準にしたら良いものやら。
24時間対応とか、割引とかどれも似たり寄ったり。最後はマグネットのデザインと、起用タレントで選ぶ結果となりましたf(⌒-⌒; )。

そして、電話するとあとはサクサク。丁寧な電話対応の1時間後、実際の作業担当者が来て現状を確認。
こんなこと、アメリカでは考えられないです。たいてい翌日以降の対応でしたからね〜(⌒-⌒; )。夜なのにすぐ来てくれるなんて、日本はありがたいです。

だけど衝撃的なことが。。。。
漏れしているジャバラホースのみの交換は不可。蛇口ごと新品への交換になるとのこと。

で、何がそんなに衝撃的かと言うと、蛇口のお値段、なんてお高い事!!
リフォームでもしない限り、普段蛇口の値段なんて気にしませんよね。今のタイプに近いものはなんと、4万円から5万円ほど。ひえ〜〜(⌒-⌒; )。

さらに選択肢が少ない。。。。
聞けば、他はもっとお高いんですって。背に腹は変えられないので、4万円ちょっとのを選択。しかも、今回はホース無しの伸びないタイプにしました。再度ホースの破裂で大枚を叩くのは痛すぎますからね。

で、見積書とか契約書とかいろいろ書類にサインして、作業スタート。
交換自体は40分程で終わりました。これまた素早くて助かりました。

d0221584_22060432.jpgd0221584_22061069.jpg
くたびれたシンクにひと際輝く新品の蛇口。う、眩しい。
しかも最近のはエコ設計とかで、これまでに無かったギミックが付いてました。
お湯を無駄にしないようにとの切り替えがハッキリしていたり、少ない量でも強いシャワーに切り替えできたり。さらにホースが無い分、蛇口の向きが広範囲にグリグリ変えられます。

っつー事で、前のはだいぶ汚れてきちゃっていたから、新品になってラッキーって思う事にしよう。


今のマンションを新築で購入してから早12年。この6月には大規模修繕も行いましたから、表面は一応若返ったのですが、やっぱり内部にも経年劣化は起きているんですね〜〜。
実は8月には給湯器の基盤が壊れ、やはり夜中にお湯が出ないというピンチに見舞われました。この時の作業は翌朝になりましたが、それでも迅速に対応してもらえてホント、助かりました。
この後もまだまだ油断出来ないのかな〜(笑)。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-10-07 22:32 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/22284151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハロウィーンのスィーツ 「バクマン。」を観てきました >>