2015年 10月 06日
「バクマン。」を観てきました
d0221584_00570771.jpg先週末から公開中の、週刊少年ジャンプの人気漫画が原作の映画「バクマン。BAKUMAN。」を昨日観てきました。

月曜日のお昼ですから、やっぱり映画館はガラガラ。
だけど、公開した先週末の観客動員数では初登場1位を獲得していると言うから、すごいですね。


ネタバレあります




あの「デスノート」と同じ原作者なので興味はあったんですが、残念ながらマンガは読んだことがありませんでした。でも、ポスターなどを見る限り好印象。
って言うか、なにせ、佐藤健くんと神木隆之介くんと言う、実力若手俳優のコンビですから間違いないでしょ。(神木くん、メガネがお似合いです♪(^-^)v)
さらに私の中でこの二人は「仮面ライダーアギト」と「仮面ライダー電王」に出演している、ライダーコンビ。まあ、それ以上に「るろうに剣心」でも共演していますから、さらに間違いない!と。

さて、内容はと言うと、漫画家を目指す高校生が、天下の週刊少年ジャンプでの漫画連載を目指して、身体を壊しても頑張っちゃうというお話。さらにそこには週刊少年ジャンプの漫画のテーマである「友情、努力、勝利」をも盛り込まれています。

さすがにぶっ倒れてまで漫画を描くのはいかがなものかとは思いましたが、まあ、それくらい熱血のほうが盛り上がるのかな。
盛り上がると言えば、どうしたって漫画を描いている姿は地味〜〜〜になりがち。それを映像技術とセンスで補っているのは、凄いと思います。
アンケート1位を掛けて、染谷将太演じる(彼は映画に何本立て続けに出ているのかしら?)同じく高校生の天才漫画家・新妻エイジと勝負となるのですが、そこはペンを剣に見立てて戦っているかのような演出。凄いと思う反面、ちょっと引いちゃうかなf(^_^;。

そして、その天才漫画家を演じる染谷将太を始め、脇を固める役者陣の凄い事。原作を読んでいないのでイメージと合っているのかは解りませんが、キチンと知名度&実力を兼ね備えた役者が並んでいるのでオドロキです。

Gペンのガリガリと紙を削るような音や墨で汚れた手、若い頃絵を描く学校へ通っていた身としては、ちょっと懐かしくなりました(笑)。

若い高校生の彼らが夢を叶えるために、ひたむきになる姿は素晴らしかったです。
が、やっぱり漫画家は尋常じゃない職業だとも思うのでした(笑)。
世の中の漫画家の皆様、どうかご自愛くださいませ。





■バクマン。BAKUMAN。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-10-06 01:05 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/22273954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本でも水漏れ K・Kドーナツ の マッド・フ... >>