2015年 08月 07日
「ガンダム展」に行って来ました
d0221584_11015332.jpg明日から上野の森美術館で「大河原邦夫展」が始まりますが、その前にと、六本木で開催中の「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」に先月末、行って来ました。

d0221584_11015314.jpgd0221584_11015345.jpg
六本木ヒルズはテレ朝夏祭りの真っ最中で、たくさんのドラえもんが子供のみならず大人も喜ばせていました。

d0221584_11022150.jpgまずは森アーツセンターギャラリー52Fへ上がり、臨時の「GUNDAM CAFE」となったMuseum Cafe THE SUN でジャブローモヒート(¥810)を頂き、暑気払い。
d0221584_11022119.jpgd0221584_11022111.jpg
店頭のガラスには、ずらーっとガンプラが展示され圧巻。ちなみに中央はガンダムVSシャアザク。ザクの後ろはドムやグフなどジオン軍が並んでます。

では、いよいよガンダム展の中へ。
おっと、残念な事に中は撮影禁止(一部を除く)。

ちなみに最初に通されるのは、ホワイトベースを模したシアター。ここでオリジナルの映像を鑑賞。
その後、展示エリアへと移動します。

ファーストガンダムを中心とした、安彦良和氏や大河原邦男氏らのイラスト原画やアニメの設定画や原画など多くが展示されていましたが、かれこれ35年以上も経つと言うのに、実物が現存しているなんて!と驚くと共に、その作品の素晴らしさに驚愕。とりわけ鉛筆で描かれた線のなんと美しいことか。こんな繊細なタッチで描かれていたなんて!

セル画用原画を目の前に旦那さんも
「これは10億円払っても安い!」
と、大興奮。

ホントに良いものを見せてもらい、アナログならではの素晴らしさを再確認させて頂きました。
d0221584_11025279.jpgd0221584_11025256.jpg



d0221584_11031411.jpgそして最後は、1/1ガンダムの頭部の展示と、特殊なレンズガラスとの組み合わせで幻想的な世界を生み出している立体物の展示の数々が並び、ガンダムの世界観を表現していました。
d0221584_11031438.jpgd0221584_11031409.jpg

d0221584_11033578.jpgさらに、この秋から放映を開始する新シリーズ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の予告映像も観ることができました。
そして早くも 2m 近い大きなスタチューも登場。
ガンダムは次の世代へとまた受け継がれて行くんですね。



そしてお約束。ひろーい物販コーナー。やっぱり何か買いたくなっちゃうんですよね〜f(^_^;。

何やら限定品など数多くあるようですが、希少なものはとっとと売り切れになってましたので、山積みとなったものからいくらかチョイスして買って来ました。

d0221584_11033633.jpg写真奥から、ガンダム展限定 HGUCガンダム Ver.G35th BASE(¥1,300)、ビームサーベルポッキー(¥1,350)、ハンカチタオル グフ柄(¥650)、アニバーサリーピンズ(¥500)、並ベストショーSIDE2ジオン(¥1,800)、マフラータオル ハロ柄(¥1,750)。



次は「大河原邦男展」に行かねば!




■機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-07 11:18 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/22004100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「大河原邦男展」に行って来ました 「ジュラシック・ワールド」を3... >>