2015年 08月 04日
「進撃の巨人」を観てきました
d0221584_13475564.jpg昨日「進撃の巨人(前篇)」を観に行って来ました。



原作もアニメも大人気の「進撃〜」。昨年のアメリカのアニメ・コンベンションでもコスプレイヤーがごっそりいて、コンベンション全体が侵略されているかと思うほどファンがたくさんいて驚きました。

そして、本家日本では遂に実写化。
これだけ人気があると、実写化するのは本当に大変でしょうね。どう作っても賛否両論盛りだくさん。へタすりゃ”否”ばっかりになりかねない。まだ時期尚早な気もしますが、凄いチャレンジですね。

私は興味はあるものの原作は第一巻を、アニメは断片的に垣間見た程度(USJ には行きましたけどねf(^_^;)、ゆる〜〜い知識しかないので、実は意外と楽しめちゃいました。

キャラクターもよくわかっていないので、どれが原作にはいないキャラなのかも見分けが付かず、そのお陰で全員をフラットな気持ちで見ることができました。
三浦春馬君演じるエレン、折角の演技が前髪長すぎて表情が解りづらいのが残念でしたけどf(^_^;。

本編最初のほうは、高い塀に囲まれた中牧歌的な生活を送る若者たち、ってこれどこかで見たな〜。そう、「メイズ・ランナー」を思い出しちゃいましたが、「進撃」のアイコンでもあるあのどでかい巨人が天災のように登場し、そんな気持ちはぶっ飛んじゃいました。

あんな筋肉むき出しの巨人は彼と、後のエレンくらいなんですね。その他の巨人(ちょっと小さいのね)は、なんともまー、気持ちの悪い笑みを浮かべて、手当たり次第に人間を喰っちゃう。それも引きちぎったりして、血しぶきブシャー! 音まで生々しくて、なんとも胸が悪くなるシーン続出。多少覚悟はしていたとは言え、途中ちょっと気分が悪くなるほどでした。
こういうの、若い人はお好きなんでしょうかねぇ?

主役のエレンですら手足もげちゃうし。。。(;´Д`)。
そんでもって、お待ちかねの巨人化。すごい顔になりますね〜、おー怖。

訳のわからないことがいっぱいでしたが、果たして後篇では解明されるんでしょうか? ちゃんと決着つけて欲しいと思うのでした。




■進撃の巨人 ATTACK ON TITAN


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-08-04 13:51 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21997669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ジュラシック・ワールド」を3... 「ミニオンズ」を観てきました >>