2015年 03月 19日
「イントゥ・ザ・ウッズ」を観てきました
d0221584_14213197.jpg昨日、ジョニー・デップも出演しているディズニーのミュージカル映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を、字幕スーパー版で観てきました。


レディース・ディだったので女性客が多かったのはうなずけますが、それ以上にモール全体に人が多くて賑わっていたのにちょっとオドロキました。もう、春休みかしら?

もちろん「イントゥ・ザ・ウッズ」も人気で、中央席が埋まってしまいちょっと前寄りで観ましたが、迫力が増して良かったかも。


さて感想ですが、元々はブロードウェイのミュージカルと言う事でしたので、のっけからバリバリ歌い上げてのスタート。でも、大丈夫だいぶ慣れて来ました(^_^)v。

d0221584_14213130.jpg「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」と、有名なおとぎ話の登場人物が入り乱れるこの作品。全く別世界のお話を一体どう繋げているのか、とても興味がありましたが、実に巧みにそれぞれの登場人物が絡んでくるのが面白かったです。

観終わってから調べて知った事ですが、全てを繋げているキーパーソンの魔女とこどもを欲しがるパン屋の夫婦は、グリム童話「ラプンツェル」のキャラだったんですね。
なので、ディズニーアニメの「ラプンツェル」とはちょっと設定が違います。
しかも「ラプンツェル」って野菜の名前だったなんて、びーっくり(◎o◎)。

d0221584_14213210.jpgまた「シンデレラ」も、ガラスの靴ではなく「金の靴」。これもグリム童話を元にしているからでしょう(ガラスの靴についてはリスの毛皮だったなど諸説あるようです)。魔法使いも出てこないし。。。

ガラスの靴のイメージが強いので、しかも、本編上映直前には次回作の「シンデレラ」の予告編が流れるしf(^_^;、かなり強く思い込んでいるので、ちょっと違和感を感じましたけど、こういう事だったんですね。

そして魔法を解くために魔女から集めるように言われた4つの宝、赤いずきん、金の靴、黄色の髪、白い牛を手に入れる為に森の中で奔走するパン屋夫婦。
それだけも盛りだくさんですが、さらにそれらを手に入れ、無事にこどもが授かった後にも一波乱。こんなに長いストーリーだったんだ〜と、ちょっとお尻の痛さを感じながら鑑賞続行。

最後はあらあら、そんな展開? ちょっとお説教臭い歌をみんなで歌い上げて、一応のハッピーエンド(?)となりました。

それにしても、皆さん歌がお上手。メリル・ストリープやジョニー・デップが上手いことは知っていますが、赤ずきんやジャックを演じた子役達も素晴らしい歌声でした。
そんな中クリス・パインが演じたシンデレラの王子と、その弟でラプンツェルの王子が一緒にそれぞれの彼女への愛を歌い上げたシーンでは、そのナルシストぶりにちょっと苦笑い。ふざけているのか? と、この作品自体をどこまで真面目に観たら良いのか、少しだけぶれる瞬間でした(笑)。





■イントゥ・ザ・ウッズ


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-19 14:27 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21642432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< プーさんの「はちみつプリン」 上野東京ラインの乗り換えで、焼... >>