2015年 03月 07日
「アニー」を観てきました
d0221584_15443974.jpg日本でも既に1月から公開されていたミュージカル映画「アニー」(もちろん字幕版)を、昨日ようやく観てきました。

公開最終日に滑り込みです。

日本に帰って来てから邦画も加わりアメリカ以上に映画が多く、さらに旦那さんが自由業となったので、いつでも行けると思うと逆に公開日当日に行くことも減ってしまった上に、この作品は旦那さんの範疇ではなかったので私一人で観に行くという、いつもとはちょっと違ったシチュエーションとなりました。

さて、映画の話に戻ります。
元々ミュージカルには抵抗があるのですが、さすがに有名なこの作品は観たいと思っていました。多分ミュージカルで観ることは無いと思うので、この機会を逃すときっと一生内容を知らないで終わりそうでしたしf(^_^;。

ぶっちゃけ、良かったです。
主役のクワベンジャネ・ウォレス(難しくて絶対覚えられない…)ちゃんの歌唱力たるや見事なもので、その風貌と相まって「天使にラブソングを」のウーピー・ゴールドバーグと重なって見えました(一応誉めてるつもりです)。

キャメロン・ディアスの嫌なおばさん役も板に付いているし…、彼女の麗しき頃を知っていると、なんだかちょっと寂しい気持ちにもなりましたけどf(^_^;。

ただ、やっぱり、唐突に歌のシーンが始まると「うっ、」とたじろんでしまいます。自然な流れで歌い出してくれれば問題無いンですけどね。

そして、残念なことにラストシーンにしっくりしない感情が残ってしまいました。
それは、誤解が解けたアニーとスタックス氏が喜んで歌い上げるのは良いのですが、その時アニーに促されてスタックス氏がデートの申し込みをしたグレースが、意外とそっちのけになるところ。成人男性の気持ちを考えると親子となる小さい女の子より、彼女となるグレースと喜びを分かち合う方が自然なんじゃないかな〜〜〜と。
まあ、アニーが主役ですから、アニーと喜びを分かち合うシーンで盛り上がるのは当然なので、私の偏見ですね。

いずれにしても、ハリウッドスターは皆さん歌もお上手ですね〜(^o^)。



■アニー



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-07 15:51 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21612203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大阪小旅行の続き、大阪城 と 道頓堀 「ジ・オリジン I 青い瞳のキ... >>