2014年 12月 11日
「フューリー」を観てきました
d0221584_12493327.jpg昨日は朝から映画を観てきました。
朝から観るにはちょっとヘビーな戦争映画「フューリー」。

水曜日と言う事もあって、女性もちらほら。朝イチでも数人のお客さんが入っていて、ちょっと意外でした。


辛くなるのでなかなか戦争映画を観るのはシンドイのですが、朝イチならなおさらf(^_^;。
今年は「永遠の0」を DVD で観たり、原作を読んだりしていましたので、第二次世界大戦への予備知識がそこそこインプットされた状態で観たわけですが、やっぱり戦争映画は辛いですね。だけど、戦争を知らない世代だからこそ、やはり観たほうが良いとも感じます。
ましてや、ドイツでの戦場がどんなモノだったかなんて、皆目検討も付きませんから。

脚色されている部分も多いでしょうから、鵜呑みはいけないかも知れませんが、私には映画が歴史の教科書になってます。

さて、肝心の「フューリー」の感想ですが、
狭い戦車の中を良く撮影したな、と思うほど狭苦しさが伝わってきました。こんな狭い鉄の塊の中でいつ殺されてしまうか解らない恐怖と戦いながら、殺さなければ殺されてしまう、だからドイツ兵を殺す。やっぱり戦争は異常だと強く思わせてくれました。

出演者に目を向けると、主役は言わずと知れたハリウッド・スターのブラッド・ピット、前「トランスフォーマー」シリーズの主役を務めたシャイア・ラブーフ、「パーシー・ジャクソン」シリーズの主役を務めたローガン・ラーマンと、それぞれ主役級の役者が勢揃い。なんとも豪華な映画です。
シャイアなんて、トランスフォーマーの頃から比べたらグッと貫禄も付いていて、時の流れを感じちゃいました。



■フューリー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。
よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ



by suneya-m | 2014-12-11 12:57 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21382407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国宝 松本城に登閣 パイたい焼き >>