2014年 12月 06日
「インターステラー」を IMAX で観てきました
d0221584_12310904.jpg日本での初 IMAX は「インターステラー」となりました。

アメリカ駐在中は近所のショッピングモールにある映画館に IMAXシアターがあったので、気軽に観ていましたが、日本でいつも行っている映画館には IMAXシアターがなく、はてさてどこで観ようか?と思って検索してみると、意外な程少なくてビックリ。

そんな中、電車で数駅ほどの所、しかも駅前に見つけられたのはラッキーでした。
と言う事で先月末から公開中の話題作「インターステラー」を、昨日観に行ってきました。


アメリカ駐在中に予告編は観ていましたが、広大に広がるトウモロコシ畑と土星の輪っかの前を漂う宇宙船がどーにもこーにもミスマッチで、内容が今イチ伝わってこず、一体どんな映画なんだろう?と首をかしげておりました。

まずは、IMAXシアターの印象から。
あれ? 画面小さくない? って感じたのは、天地が通常の上映とさほど変わらなかったからでしょうか? アメリカで観たときはむしろ正方形に近いくらい上下も広くて、画面が迫ってくるような広がりを感じたのですが、こちらの IMAX では綺麗な画質で観ることができましたが、迫力の点ではいささか期待はずれでした。
これが3Dだったらまた違ったのかしらん?

そして内容についてですが、やはりトウモロコシ畑の広がる世界と宇宙へ旅立つと言う壮大なプロジェクトが今ひとつ頭の中で噛み合わず、でも、人類が生き延びるには食料は必要なので畑は大事だし、と、頭の中が混乱しつつ、最後は5次元世界まで登場し、しかも相対性理論とか難しい理屈ばかりが目立ってしまって気持ちが付いて行かず、ますます頭の中は混乱するばかり。アメリカで観てたら日本語字幕も無いし、絶対理解出来ない! 日本で観られて良かったですけど、それでもやっぱり理屈っぽいよー(T T)。
 
だけど、不思議なモノでそんな頭が混乱する中でも、娘を思う父の愛はじ〜〜〜んときちゃうし、また父を思う娘の愛もひしひしと伝わってきて、今回もまた涙ポロポロさせらてしまいました。
う〜〜ん、年とともに涙腺が緩くなっているのか?

というわけで、へりくつ捏ねてるけど映像は綺麗で、更に親娘愛にじーーんとしちゃう映画でした。
それにしても、尺長すぎ! 2時間49分、ほぼ3時間は辛いわ〜。 



■インターステラー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。
よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ




by suneya-m | 2014-12-06 12:39 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21367865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本国宝展で縄文のビーナス 「西遊記はじまりのはじまり」を... >>