2014年 10月 10日
40日間の長旅を終えて、引越荷物到着
d0221584_19325649.jpg8月30日に、米国日本通運のスタッフさんが梱包してくれた引越荷物。およそ40日ほど掛けて太平洋を渡り、昨日、無事に日本の我が家に到着しました。


思い起こせば、8月は荷作りと思い出作りにとかなりバタバタな日々を送っており、本当に荷作りが終わるのだろうかと一抹の不安とともに迎えた引越当日。
日通さんの手際の良い迅速な梱包に、ただただ感心し見入っているウチに運び出し完了。

アメリカで買った家電や家具の多くは、旦那さんの会社の人にもらって頂いたりして荷物を減らしたつもりですが、それでもクィーンサイズのベッドやゲスト用のシングルベッド、本棚など嵩張る物も多数残ってしまいました。が、それらは日通さんに引き取ってもらえて、ホント、助かりました。ベッドなどは荷物の運び出しと並行して、見る見る分解されて手際の良さに感心至極。
梱包を全て日通さんにおまかせした食器類も、サクサク箱詰めされるし、梱包の手際の良さも、さすがプロ、お見事!ってな感じでした。

すっかり空っぽになった部屋で、大家さんに鍵を返し、翌日はL.A.最後の日をのんびりと過ごし、何の心配もすることなく、飛行機で9月2日には日本に到着。
ハッキリ言って、荷物が大量だったことなんて、綺麗さっぱり忘れておりました。

それでも、この1ヶ月ほどは少しでも部屋を広くしようと、5年近くもほったらかしだった洋服等を中心に、随分と処分したつもりでした。それも、泣く泣く。だって、もともと物をため込むタイプですから、なかなか捨てられない〜(T T)。だけど、どー見たって流行遅れや、サイズがアウト(何せアメリカ生活でやっぱり太りましたもの。オホホホホ)な洋服たち。人様に差し上げるにはあまりな物達ばかりなので、どかどか処分。
なんとな〜く、すっきりした部屋になったので、これで良いだろうと高を括っていたら、昨日100個を超える荷物が到着。
がびょ〜〜〜ん。

d0221584_19334253.jpg日本の日通さんがこれまた手際良く、エレベーターや部屋の中を養生して、早速荷物の運び入れ。
組み立てが必要なテーブルや、特殊な梱包の物をガンガン開梱してくれて、凄いわ〜と夫婦で見とれておりました。

d0221584_19343297.jpgで、二時間もしない内に運び込み完了。見事段ボール箱の山が出来ました。
あちゃー(/ω\) 。
こんなにたくさんあったとは。。。。トホホホ(;´Д`) 。

ですが、本当の修羅場はこれからです。
厳重に紙で何重にも包まれた食器類は相当に嵩が増えているハズだから、それらから開封していけば、段ボール箱の数は減りやすいハズだ、と言う旦那さんの考えの元、キッチン用品が優先的に箱から出されていくのですが、時間を掛けての〜んびり片付ければいいやと思っていたので、受け入れ体制が出来ておらず、慌てて戸棚の中を整理し要らない物を処分する事から始める始末。なので、旦那さんがテーブルに並べて行くお皿たちをしまう場所がない! 
オタオタするモノの、なんとか場所を作って狭いキッチンに納めていきました。まあ、追い詰められないとなかなか動かない性格なので、仕方無いか、って感じです。


旦那さんは旦那さんで、本やらオモチャやらがやっぱり大量にあって、四苦八苦。なので、今日もまだまだ段ボール箱の山は健在です。
焦らず気長にやるしかないですねf(^_^;。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。
  よろしくお願いします。m(_ _)m。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
by suneya-m | 2014-10-10 19:52 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21195808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「相棒展 Premium 3」... 怪獣酒場へ行って来ました >>