2014年 09月 11日
「るろうに剣心 京都大火編」を観てきました
久しぶりの日本、雨の多さ、そして激しさに驚いている今日この頃です。

d0221584_11162937.jpgさて、今週末には後編の「伝説の最期編」が公開となる「るろうに剣心」。その前編となる「京都大火編」を、昨日ようやく観てきました。

後編の公開前に間に合って良かった。(-。-)ホッ。


もともと原作漫画のファンなのでコミックスも読んでますが、如何せんそのコミックスは日本に置き去りにされたまま。海外生活中に読み直すこともなく、そのまま今回の鑑賞となり、細かいストーリーなどはすっかり忘れていましたが、キャラクターの雰囲気は覚えていたのでコスプレ風のキャストに頬が緩みました。と言っても、それは2012年の第1作でも体験したことですが(公開時期に日本にいなかったので、後にDVDで鑑賞)、今回初出の志々雄真実など、漫画ならではと思うような風貌をちゃんと実写で再現しているから、見事です。

それにしても、佐藤健君の剣心はすっかり板についている上に、大立ち回りなど様々なアクションを見事にこなしていることに、「仮面ライダー電王」から観ている身としては、その成長ぶりにいたく感心してしまいます(←ほぼ親戚のおばちゃん状態)。
ついでに「仮面ライダー」目線で言わせてもらうと、「オーズ」のアンクだった三浦涼介君との立ち回りも別の意味でも楽しめました。
そうそう、瀬田宗次郎役の神木隆之介君だって、子供の頃に「仮面ライダーアギト」に出演してますしね。特撮ファンとしては嬉しいキャストのオンパレードでした。
と、作品世界とは違うキャストの繋がりをも考えてしまうのでした(笑)。
他にも、あ、この人知っている、と言う人が大勢出演してる、なんとも豪華な映画ですね。ちょっと出演者が多すぎな気がしなくもないですがf(^_^;。

作品全体としても、テンポもいいしもちろん、アクションシーンはスピード感溢れていてカッコ良かったし。ただ、前後編になると解って観ている分、いつブツッと切れるのかな? と案じつつ観てしまい、なかなか終わらないぞ、ちょっと長いな〜と感じました。実際2時間オーバーの上映時間ですから、長いんですけどねf(^_^;。

と言う訳で、これで安心して今週末公開の後編「伝説の最期編」を楽しめるというモノです。



■るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編
http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html?oro=mile




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-09-11 11:20 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/21101225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< さすが、ジャパン・クオリティ 「ルパン三世」を観てきました。 >>