2014年 07月 15日
「DAWN OF THE PLANET OF THE APES」を real 3D で観てきました。
d0221584_11522738.jpgアメリカでは11日から公開中の「DAWN OF THE PLANET OF THE APES(邦題:猿の惑星:新世紀 ライジング)」を real 3D で観てきました。


完全に前作「RISE OF THE PLANET OF THE APES」の続きです。なので、あらかじめ前作を見直しておくことをお薦めします。我が家は前々日からDVDで本編と特典メニューをしっかりおさらい。お陰で映画のグレイドアップを実感できました。

本作はあれから10年後なので、シーザーにはしっかり家族が出来ています。もちろん、前作でも活躍した類人猿(APESーエイプスー)仲間のコボ、ロケット、モーリスらも登場します。それどころかすっかり数を増やしたエイプスが、シーザーを中心に社会を築き平和に暮らしていますから、画面中エイプスだらけ。これが全てCGかと思うと本当にビックリします。

サンフランシスコの森の中で暮らす彼らの毛並みはもちろん、肌の質感などまるで本物のチンパンジーやオラウータンに、ゴリラです。まさかこれらがパフォーマンス・キャプチャー用のドットがたくさん付いた専用スーツに身を包んだアンディ・サーキスら、人間が演じているなんて。。。想像するだけでCG技術の凄さが伝わってきます。

それにしても、前作同様、いえそれ以上にアンディ・サーキス演じるシーザーの凛々しさと言ったら、もう! 人間の役者も霞んでしまいます。っていうか、人間要らないんじゃない?って言うくらいエイプスだけでも成り立ってしまいそうな映画でした。

ちなみにエイプス達は手話を使いこなし、カタコトの英語を話すのですが、この英語は私にもよくわかるので凄く助かりました(笑)。


d0221584_11535547.jpgd0221584_11541360.jpg
▲劇場ロビーにある看板(左)と、少し前に見かけた3Dグラス返却ボックス(右)。



■DAWN OF THE PLANET OF THE APES
http://www.dawnofapes.com/
■猿の惑星:新世紀 ライジング
http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r/

それにしても、変な邦題ですね。
だって、“ライジング” って前作のタイトル
(RISE OF THE PLANET OF THE APES)っぽくないですか?



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-15 12:00 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20909758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 久しぶりのディズニーストアで、... クレイジー・ホース、その大きさに圧倒 >>