2014年 07月 11日
デビルスタワーのタワートレイルを歩く
先週アメリカ独立記念日に合わせたツアーに参加して、初めてアメリカの内陸へと足を伸ばしました。
前回の「マウントラッシュモア」に続き、今回は「Devils Towerデビルスタワー)」です。
デビルスタワーは、35年以上も前の映画「未知との遭遇」(1977年公開)に登場した事でも有名な、独特の形状をした岩山です。映画ファンとしてはやっぱり見ておきたい物のひとつですから、今回のツアー参加の決め手となりました。


=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー と デッドウッド
(3)クレイジー・ホース
   ウィンドケーブ国立公園(ニードルズ・ハイウェイ、カスター州立公園)
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================

■地図はこちら→ MAP


【DEVILS TOWER /デビルスタワー】

ツアー2日目。
朝、予定外のマウントラッシュモアに立ち寄った後(詳しくは前回のブログ参照)、バスは北上したあと西へと進み、お隣の州「ワイオミング」へ。
車窓からは永遠と広がる草原ばかり。北海道よりもだだっぴろい!(たぶん)幸い天気が見る見る回復してきて、とても綺麗な景色を楽しめました。

d0221584_12352055.jpg途中「ワイオミング・ウェルカム・センター」で小休止。ワイオミングでは化石もよく出土するようで、こんなオブジェもあり、思わず旦那さんのテンションが上がりました。

d0221584_12355315.jpgそして午前11時半。遂に見えて来ました! うほー! ワクワクしてきます。
d0221584_12372299.jpg
Devils Tower National Monument
(デビルスタワー・ナショナル・モニュメント)
のゲートから見るデビルスタワー。
日に照らされて縦筋もくっきり。



d0221584_123835100.jpgキター! デビルスタワーの西側に位置するビジターセンター前から見るだけでも、この迫力。

しかも、ここはタワーの麓をぐるりと一周出来るのです。「Tower Trail」は一周約1.3マイル(約2km)。写真を撮りながらゆっくり進むと1時間くらいの距離です。
じっくり写真を撮りたい旦那さんは、陽射しも当たっておりベストアングルだという、右側(南側)から攻めることに。
d0221584_12385426.jpgd0221584_12394454.jpg
d0221584_12404210.jpgd0221584_12412281.jpg
山裾が左に流れています。溶岩の流れなんでしょうか。

d0221584_1242836.jpgちなみにこの山は、にょきっと生えたのではなく、地中でゆっくりと冷えて固まったマグマが、長年の浸食で周りの土が削られて残った溶岩の塊。大昔はあのてっぺんまで土があったらしいです。
さらに、ネイティヴ・アメリカンが言うグリズリーベアの爪痕とされるあの独特の縦筋は、柱状節理(ちゅうじょうせつり)という、溶岩が冷却する際に出来る割れ目なんだとか。一つ一つが六角形もしくは四角形をしています。なので、あんな風にぎざぎざした表面になっているんですね。

d0221584_1243123.jpgd0221584_12433181.jpg
▲ひゃ〜、本当に大きいです! こんなに近づけるなんて感激〜!。
d0221584_12444096.jpgd0221584_12454747.jpg
また、デビルスタワーは登る事も出来ます、有料ですけど。
登れないシーズンもあるようですが、私達が行ったときには数組のクライマーが大きな溶岩に挑んでいました。
d0221584_1245064.jpgd0221584_12462993.jpg
d0221584_1247965.jpg
← ここでほぼ真後ろ。あと少しで一回りです。

それにしても暑い! ゆっくり歩いて回りましたがしっかり汗をかきました。なので、水分補給は必至。必ず水を持って行きましょう。


トレイルを歩いた後は、ビジターセンターでお土産を買い、バスに乗り込み数分。ゲートを出る前の草原で、可愛らしい野生のプレイリードッグに出会いました。
d0221584_12504077.jpgd0221584_1251062.jpg
d0221584_12514536.jpgd0221584_1252968.jpg
草原が広いせいなのか、観光客に慣れているのか、特に人間を見て逃げ出す風もなく、穴からひょっこり顔を出し、日光浴。仲間とのじゃれ合いも見せてくれました。

d0221584_12524649.jpgですが、ここで注意。
自然のままに保護しているので、絶対に餌を与えてはいけません。また、迂闊に近づくのもNG。なぜなら彼らは野リス同様人間に病気をうつす可能性大なので、噛まれたりしたら大変な事になるからです。また、彼らは地中に無数の穴を掘っているので家畜が足を折るなどの被害も多く、これまた野リス同様害獣でもあります。
なので道路端から、カメラのズームで彼らの可愛らしい姿を見るだけで我慢です♪


d0221584_12532993.jpgそして最後はゲートのすぐ傍にあるギフトショップ「DEVILS TOWER TRADING POST」で買い物&昼食。
ちなみに「トレーディング・ポスト」とは、昔白人とネイティヴ・アメリカンが物々交換をしていた場所の名称の名残なんだとか。今ならマーケットって事ですかね。

d0221584_1254520.jpgお土産をじっくり見たい私達は、買い物を優先。ちなみに大汗をかいた旦那さんは、ここでTシャツを買い、すぐさま着替えました。
そして、残った時間でホットドッグなど軽い昼食を摂り、次の目的地「デッドウッド」の街へ向かいました。


★お土産★
購入したお土産はこちら。
d0221584_12545212.jpgキャップ、ショットグラス、ピンズ、ワッペン、置物、絵はがき、指ぬき、などなど。お店の中にはたーくさんの土産物があって時間が足りないくらいでした。
d0221584_1257214.jpgd0221584_12573844.jpg
そして、ペニープレスもありました。さすが、エイリアンも。って、「未知との遭遇」のエイリアンじゃないww(;゚Д゚i|!)。



ヒストリックな街・デッドウッド」に続く。


■Devils Tower National Monument
http://www.nps.gov/deto/index.htm




長文を最後までお読み下さり、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-11 13:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20896906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「EARTH TO ECHO」... 独立記念日に見る、マウントラッ... >>