2014年 06月 29日
「TRANSFORMERS 4」をIMAX 3D で観てきました。
d0221584_4414667.jpgアメリカでは昨日(6月27日)公開となった「TRANSFORMERS: Age of Extinction(邦題:トランスフォーマー ロストエイジ)」。
早速、旦那さんと同僚の方々と共に観に行って来ました。


夜8時45分の回でしたが、30分前には劇場入口には長蛇の列(日本のシネコンのように座席が決まっていないので、早い者勝ち)。この3年半のアメリカ生活一番の長い列で、人気の高さが伺えます。
(ちなみに見終わった後は、次の午前0時30分の回もなかなかの列が出来ていました。)

さてさて、どんな映画かと期待大でいましたが、見終わった直後の正直な感想は……、


疲れました(;´Д`)。


なにせ、上映時間が2時間46分とちょー長い上に、相変わらず密度の濃ーい CG で情報量が半端無い画面、そして極めつけ、激しいカーチェイスに戦闘シーンがこれでもか! って言うくらい続くので、観ているほうが疲れてしまったという訳です。特に前半は迫力のカーチェイスが多いので、車好きの人には溜まらないのかも知れませんが。。。

d0221584_4435720.jpgCG での描写もさらに細かくなっていました。

老兵のハウンド(HOUND)はオートボットなのに、口ひげふさふさ。どんな描写になっているのか見極めようと必至に画面に食い入りますが、これがまた、良く動くのでちっとも解りません。

そして侍のようなドリフト(DRIFT)。ちょっと頭が大きいような気もしましたが、キラキラでこれまた CG の凄さを感じますが、実はトリプルチェンジャーだったというのは画面からは全く解らないという、残念なことに。さらに驚いたのはその声。ちょっとクセのある英語だな〜と思っていたらなんと、KEN WATANABE /渡辺謙! まさかハリウッドで声の仕事もしていたなんて、オドロキでした。



■TRANSFORMERS Age of Extinction
http://www.transformersmovie.com/
■トランスフォーマー ロストエイジ(8月8日公開)
http://www.tf-movie.jp/


ここから先はネタバレ注意

d0221584_445365.jpg
ロボット好きの旦那さんですらお腹いっぱいとなるような、今回の「トランスフォーマー4」。
相変わらずの無茶な変形もだいぶ見慣れました。けど、人造トランスフォーマーの変形は一旦細かく分解されて再構築という、ちょっとつまらない変形方法で、これにはガッカリ。
さらに、予告編で登場したダイノボットは、楽しみにしていたのですがなかなか登場せず、散々他の戦闘シーンを見せられそこそこ疲れて来た2時間後、ようやく登場。人型から恐竜型にグルリンパってな感じで変形してほほー、と思ったのもつかの間、あっちでもこっちでも戦闘シーンが繰り広げられるので、いや〜、目まぐるしい。(◎o◎)ぐるぐる。

それにしても、後半の舞台となる香港では歴史を感じさせる建物も、古いマンションも新しい高層ビルも、とにかく壊しまくり。以前香港に住んでいたことがある身としては、懐かしい背景も楽しみのひとつでしたが、ここまで壊しちゃっていいのかしらと思うほどでした。

そして、最後のシーンには「?」が幾つも浮かび、なんとも消化不良な結末。
ただでさえ激しいシーンが多くて長時間観ているだけで疲れちゃうのに、消化不良なエンディング。疲れがドッと増してしまいました。

CG とか本当に凄いんだから、ここまで盛りだくさんにせず、もうちょっと子供にも観やすいスッキリとした映画にして欲しかったなー。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-29 04:52 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20856788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< グリムロック の ペーパークラ... 自作ショットグラス用ショーケー... >>