2014年 06月 20日
エンデバーと再会
先週、日本から来米中の母と妹と、カリフォルニア・サイエンス・センターへ行って来ました。
もちろん、スペースシャトル・エンデバーを見るためです。

d0221584_4595913.jpg
現在は「ポンペイ展」を開催中の同センターですが、エンデバーだけだったら公式サイトから予約時間のチケットを申し込み、その際1枚につき$2(約204円※)の手数料のみを支払えばOK。

と言う訳で、事前にネットでチケットは手配済み。
この日も良い天気で、暑いくらいの陽気。L.A.は既に夏です。

平日ということもあって、駐車場もガラガラ。センター内も人が少なく。。。と思ったら、おそろいのTシャツを着た小学生くらいのグループがいくつも来ていて、むしろ賑やかでした。

展示コーナーを抜けると次はいよいよエンデバーの格納庫。
残念ながら彼は、未だにこの狭い格納庫に押し込められているのです。
とは言え、母と妹は初めてのご対面。大きな機体を見上げて感心していました。

エンデバーは毛利さんが乗っていたので、日本人にもなんだか馴染み深い感じがします。

d0221584_50462.jpg
▲ちなみにこちらは展示コーナーの最初にある、シャトル内のトイレ。
以前のブログでもアップしたと思いますが再度ご紹介。やっぱり宇宙生活の「へ〜」がいっぱい詰まっているので、みんな興味津々で眺めていました。




d0221584_52921.jpgお土産も買って、次に案内したのは、大きな看板が目印の「Randy's Donuts」。アイアンマンにも登場したあの有名なドーナツショップです。

なんでも、日本ではあの行列ができた「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が、すでに飽きられていると言うではありませんか! いや〜、ビックリ。あのドーナツのように柔らかくて、さらに大きなドーナツなので、是非一度食べて欲しくて案内したのですが。。。日本人の熱しやすく冷めやすい性質は恐ろしいですね(;゚Д゚i|!)。

でも、二人は美味しいと言ってくれたので、ひと安心でした。

ところで、肝心のお店の看板が大変な事になっていました。
大きなドーナツに黒いカバーが掛けられていたんです。
これは一体なに!?

と、家に帰ってから調べてみると、地元 L.A.のアイスホッケーチームの応援旗だったんです。ま、これはこれでレアかな?


日本ではサッカーのワールドカップで、日本全土が盛り上がっているようですが、ここ L.A.ではあまり表立ってワールドカップを騒いでいる様子はありません。もちろん、スポーツバーに行ったり専門チャンネルでは盛り上がっているのでしょうけれど、それ以外は、ワールド・カップやっているの? と思うくらい静かです。

それどころか、このアイスホッケーの試合が大盛り上がり。しかも優勝したので、当日の夜の騒ぎや翌日のパレードのことなど、地元のテレビニュースにもなりました。

その後は地元のテレビニュースでもサッカーは取り上げられるようになりましたが、アメリカではサッカー人気は今イチな印象を受けました。




■California Science Center
http://www.californiasciencecenter.org/

※$1=102円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-20 05:11 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20827598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< バグダッド・カフェ と グラン... ミニオン・ライド再び。 >>