2014年 06月 09日
「EDGE OF TOMORROW」をIMAX 3D で観てきました。
ウチから一番近い映画館には18スクリーンもありますが、IMAX シアターはひとつのみ。そこで上映される映画が、先月は「THE AMAZING SPIDER-MAN 2」、「GODZILLA」、「MALEFICENT」、そして今週は「EDGE OF TOMORROW」と約2週間でコロコロと変わるほど、続々と新作映画が公開中のアメリカです。

d0221584_13554446.jpgその「EDGE OF TOMORROW(邦題:ALL YOU NEED IS KILL/オール・ユー・ニード・イズ・キル)」を IMAX 3D で観てきました。


この映画は、なんと! 日本のライトノベルが原作と言うからオドロキです。ま、そんなことはこちらアメリカの宣伝文句には一言も出てくることはありませんが。
先週日本に出張していた旦那さんは、早速原作本を購入し読んでしまったそうです。で、映画を見終わって尋ねると、ぶっちゃけ、原作とは全く”別物”になっているとのことです。
そもそも原作の主人公は少年兵だっていうじゃないですか、それを今年52歳になるトム・クルーズが演じるわけで、その為彼の役は少佐。自ずとストーリーは変わって来ると言うモノですね。

ということで、この先ネタバレありますので、ご注意ください。


d0221584_13554928.jpg
圧倒的な強さで攻めてくるエイリアンと戦う人類ですが、かなり劣勢。そんな戦場に専用のアーマードスーツのようなギアを装着した兵士が次々と送り込まれているのですが、なぜかその最前線へ一緒に送り込まれることになった MAJOR CAGE(ケイジ少佐/トム・クルーズ)。(理由は英語力不足で解りませんでした、スミマセンf(^_^;。)

d0221584_13573855.jpg兵士ではない彼は武器の取り扱いも解らないまま放り出され、案の定なす術もなく戦死。と思いきや、まるで悪夢でも見ていたかのように飛び起きる。するとそれは戦場に行く前の、”昨日”だった。と、まあ予告編からも解るストーリーですが、これが数回繰り返されるのかな〜と思っていたら、飛んでもない。ゲームでもそこまでリセットしないよ、というくらい、何十回(何百回?)となく1日が繰り返されるのでオドロキです。
まあ、そのお陰で彼はスーパーソルジャーに成長するわけで、敵の正体も倒し方も学んでいく訳なんですが。。。
成長の度にその先の物語が楽しめるわけですが、あとちょっと、と言う所でまた殺されたりして、「ええ〜、また始めから?」ってな感じになるのも、またゲームっぽい。


そんなわけで、トム・クルーズが何度も死にまくる映画です。
ボロボロになりながら訓練したり、戦場で重たそうなギアを付けて走り回ったりと、痛々しいし。。。とにかくトム、頑張ったね。ってちょっと同情したくもなります。

トム・クルーズ、見かけは確かに若いけど、このキャスティングはちょっと無理があるんじゃないかなー。



d0221584_13584346.jpg
それにしても、あのアーマードスーツ(?)、
イケてなかったなー。






■EDGE OF TOMORROW
http://www.edgeoftomorrowmovie.com/
■ALL YOU NEED IS KILL(オール・ユー・ニード・イズ・キル)
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-09 14:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20792947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フジヤマイチバン THE MO... 手作り佃煮海苔 >>