2014年 04月 30日
潜水艦「パンパニト」と 輸送船「ジェレマイア・オブライエン」(サンフランシスコ旅行3)
ああ、日本はゴールデンウィークなんですね。
連休は自分で有給使って作らないといけないのが、アメリカ。ホント、祝日が少ないです(;´Д`)。と言いつつ、先週旦那さんとサンフランシスコ旅行に行って来ました。その続きです。

===サンフランシスコ旅行、このほかのブログはこちら========
(1)アルカトラズ島に上陸!
(2)ボウディンとチョコレート・ストア
(4)ダンジネスクラブに甲殻類好き男が悶絶
(5)ピア39 と アクアリウム・オブ・ザ・ベイ
(6)ギラデリ・スクウェア と 高速鉄道バート
==================================


フィッシャーマンズ・ワーフのピア45 に繫留されている潜水艦「USS Pampanito(パンパニト)SS-383」と、リバティ船(輸送船)「SS Jeremiah O'Brien(ジェレマイア・オブライエン)」。前回来たときは外観のみでしたが、今回はどちらも中へ入って見学してきました。


まずは 潜水艦
「USS Pampanito(パンパニト)SS-383」

d0221584_6531569.jpgd0221584_653325.jpg
d0221584_654665.jpgd0221584_6542487.jpg
入場料は一人$12(約1,225円※)。艦内は狭いので、後ろの入口から入り一方通行で進みます。
d0221584_6552866.jpgd0221584_6554556.jpg
d0221584_656570.jpg階段を降りるといきなり、魚雷のお出迎え。後ろ向きにも発射するんですね。
色々な計器が所狭しと並んでいて、なんか松本零士の世界のようです。
d0221584_6565156.jpgd0221584_657739.jpg
隔壁のドアは小さく、旦那さんは元より、小柄な私も頭をぶつけないようにかがんでくぐり抜けます。急いでいたら絶対に頭をぶつけそうです。

d0221584_658840.jpgd0221584_6575077.jpg
d0221584_6582893.jpgd0221584_6584611.jpg
d0221584_6591618.jpgd0221584_701852.jpg
ベッドも、こんなに狭いのに3段になっています。
オドロキなのは、ちゃんと食堂と厨房があり、しかも陶器のお皿が並んでいること。陶器じゃないのかな? 遠目には陶器に見えるのですが。

d0221584_705310.jpg司令室らしき部屋には航路を示した地図。
そして最後も魚雷。
d0221584_712142.jpgd0221584_71392.jpg
d0221584_732294.jpg梯子のような階段を昇り外へ出ると、まだ先がありました。どんだけ長いんでしょう。

d0221584_722560.jpg
▲潜水艦でも船外に大砲があるんですね。




そして潜水艦の奥に繫留されている
リバティ船
「SS Jeremiah O'Brien(ジェレマイア・オブライエン)」

d0221584_735933.jpg

d0221584_743161.jpgこちらも入場料は一人$12(約1,225円※)。チケットブースにいたのは、見るからにベテラン(退役軍人)っぽいおじいちゃん。計算大丈夫?ってちょっと心配になりましたが、もっと心配になったのは、こちらの艦へと繋がる階段。ものすごく揺れて恐いくらいでした。

d0221584_753361.jpg甲板には頑丈そうなマスト。船首まで進むとサンフランシスコの街並みがよく見えます。
d0221584_774671.jpg

d0221584_78522.jpg

d0221584_782548.jpgd0221584_784453.jpg
▲機銃は大人気。写真右は操舵室。古い感じが伝わってきます。


残念ながらこちらはパンパニトほど博物館然としてなくて、手入れが行き届いてない感が否めませんでした。お金がないのかな? ギフトショップも看板はあれど店は無し。その代わりあちこちに寄付金箱が設置されていました。

甲板で受ける海風と陽射しが気持ち良かったので、ベンチで一休み。
実は今回の旅行出発前日、特別なイベントに出かけていたので、夫婦揃ってお疲れ気味。観光で歩き疲れてもいましたから、ちょうど良い休憩場所となりましたf(^_^;。


d0221584_7105035.jpg一休みしたところで、同じくピア45 にあるゲームセンターを覗いて見ました。ちょーレトロなゲームセンターでした。1回25セント〜50セントで遊べる、単純なゲームが並んでいます。

d0221584_7122935.jpgd0221584_712767.jpg
こんな手相を見る機械(写真右)、昔からアメリカにもあったんですね! 

d0221584_7131951.jpgアメリカにもあったと驚くのはこの足のマッサージ機。そう言えばサンディエゴのサファリ・パークにもあったけ。ブログはこちら
50セントで足元の銀色のプレートが激しく振動して足の疲れを取ってくれます。これが結構気持ち良〜い (^_^)v。

d0221584_715974.jpgd0221584_7152639.jpg
他にも様々なゲームがありました。「パイレーツ・オブ・カリビアン」のピンボール発見! 

d0221584_7162096.jpgペニープレスもたくさんあったのですが、気に入ったものをひとつだけ。ちなみにこのろう人形館のペニープレスは、あまりに似ていないのでパス。

d0221584_7165011.jpgカニの看板とケーブルカーがひとつになってるお得な絵柄と、パンパニートの前にあったペニープレス(写真右)。


ゲームセンターの中で、私の目を惹いたのはこちらでした。
d0221584_7173387.jpgd0221584_7175017.jpg
シート式のオルガン。

d0221584_7184451.jpgd0221584_71929.jpg
d0221584_7192568.jpg大きな紙のロールに穴が開いており、その穴を読み取って音楽を奏でるものなんですが、オルガン型をしていたり、キャビネットに見えたりと実に様々なオルガンがあり、しかもクォーターを入れればちゃんと音楽を奏でる現役ばかり。相当古いものだと思いますが、すごいです。

d0221584_720541.jpgすごいと言えば、これもすごかった。爪楊枝で出来た遊園地。これもクォーターを入れると列車が走ったりと、ちゃんとゲームになっていました。


意外にもアメリカの歴史を感じる事ができたゲームセンターでした。

さて、続いてはちょっと早めの夕食へ。
夢中になって黙々と食べてしまった「ダンジネスクラブ」料理です。が、それはまた次回

最後までお読みくださりありがとうございました。


■USS Pampanito(パンパニト)SS-383
http://www.hnsa.org/ships/pampanito.htm
■SS Jeremiah O'Brien(ジェレマイア・オブライエン)
http://www.ssjeremiahobrien.org/


※$1=102円で計算。

===サンフランシスコ旅行、このほかのブログはこちら========
(1)アルカトラズ島に上陸!
(2)ボウディンとチョコレート・ストア
(4)ダンジネスクラブに甲殻類好き男が悶絶
(5)ピア39 と アクアリウム・オブ・ザ・ベイ
(6)ギラデリ・スクウェア と 高速鉄道バート
==================================


ふー、それにしても今日のL.A.はとっても暑いです。予想最高気温は33℃! サンフランシスコが涼しかっただけに、同じ州内なのに気候の違いに驚かされます。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-04-30 07:41 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20634890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダンジネスクラブに甲殻類好き男... ボウディン と チョコレート・... >>