2014年 03月 22日
パン粉の英訳は「PANKO」
L.A.生活も丸3年。そろそろ驚くことも少なくなったと感じる今日この頃ですが、今日の買い物でちょっとした発見がありました。

私の住む街は、アジア系もメキシコ系も多く住む地域なので、ローカルスーパーのアジアンコーナーには、醤油お米も並んでいます。もちろん和食も中華もへたすればベトナム系の調味料も、み〜んな一緒くた。
メキシコ系の物なら、トルティーヤもパン並みに種類がいっぱい取り揃えてあります。


d0221584_826027.jpgそんな中、見つけたのがこちら、
PANKO

そう、「パン粉」です。


以前香港で、近所に日本食材なんて売っていなかった九龍に住んでいたときは、海老フライ用の「パン粉」を買うため、まずは辞書で英語名「bread crumbs」を調べてから、スーパーの店員さんに尋ね、およそ日本のパン粉とは違う、まるで細かいあられのようなものを渡され、なんとも不思議な海老フライを作った事があります。

こちら、L.A.に来てからは日系スーパーに週1で買い物に行けますから、なんら不自由は無いのですが、ほどなくしてローカルスーパーのアジアンコーナーに「PANKO」を発見。これと並んで天ぷら粉や唐揚げ粉もありました。これらは日本のメーカーの商品でしたので、さほど驚かなかったのですが、今日見つけたのはアジアンコーナーではなく、しかもアメリカ・クラフト社の商品だったので、へぇ〜と、なったわけです。(って、大袈裟に言ってますが、私が気付いたのが遅かっただけで、結構前からあったんだと思いますf(^_^;。)


d0221584_8283112.jpg
▲こちらの PROGRESSO は、なんと
イタリア系の食品メーカーでした。オドロキ〜。


他にも以前ご紹介した、お豆腐(http://suneya02.exblog.jp/18391662/)やポン酢(http://suneya02.exblog.jp/15284630/)も、すっかりローカライズされていますから、日本食はアメリカの家庭にも浸透しているようです。もっと広がれ、日本食(^_^)v♪。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-03-22 08:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20490380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Los Angeles Co... RANDY'S DONUTS >>