2014年 02月 19日
巨大恐竜カバゾン・ダイナソー
d0221584_101291.jpg三連休だった先週末、日曜日に旦那さんのかねてからの希望だった、Cabazon Dinosaurs(カバゾン・ダイナソー)を求めて、ロサンゼルスから片道99マイル(約160km)およそ2時間弱ほどのドライブに行って来ました。
d0221584_1021350.jpg
( ↑ A地点=Cabazon/カバゾン。Googleマップより)

d0221584_1035913.jpg途中数カ所、渋滞っぽい所もありましたが、東へと進み91号線から60号線へと入るとすっかり車の台数も減り、辺りも本当にカリフォルニアかと思うような景色に変わりました。そしてさらに10号線に入って15kmくらいでしょうか、いよいよ目的地・カバゾンに到着。ガソリンスタンドの向こうに、何やらそれらしきものが見えて来ました。

d0221584_1045768.jpgd0221584_1051335.jpg
「World's biggest Dinosaurs」と公言するだけあって、本当に大きな恐竜です!
d0221584_1054236.jpg
d0221584_1065349.jpgいや〜、ずっと運転してきた旦那さんの疲れも吹っ飛ぶ、超巨大アパトサウルス。早速持参したお気に入り、ピローペッツのトリケラトプスと記念撮影。

d0221584_1073250.jpgd0221584_1074867.jpg
d0221584_1081362.jpgお〜っと、奥には2頭目の巨大恐竜、ティラノサウルスの Mr. Rex もいるではありませんか。もちろん彼の前でも記念撮影。下から眺めると更に大きさを実感できます。

彼は100トンもあるんですって。

d0221584_1085439.jpg
アパトサウルスの裏側には従業員用の階段がありました。彼のお腹の中はギフトショップになってます。
d0221584_1095671.jpgd0221584_10101351.jpg
d0221584_10105480.jpgしっぽの先にある入口には、こんな看板が。そして店内。
店内には ← こんな野望を頂いた未来予想図が。巨大なテーマパークの隣には2つのホテルと2つのレストラン、それに広い駐車場が描かれています。いつか実現出来るといいですね。


d0221584_1012439.jpg看板にもあった「Robotic Dinosaur Exhibit」にも行こうと、左手奥へ進むと、またもや巨大な恐竜。今度は頭だけですが大迫力です。

d0221584_10124072.jpgチケット売り場と思われた小屋にはトリケラトプスの頭が。でも、ここはCLOSED。奥へと進んでチケットを購入。大人$7.95(約810円※)。

そして、出迎えてくれたのは。。。。
d0221584_10135093.jpgd0221584_10142743.jpg
d0221584_1014742.jpgうひょ〜。
なんとも微妙なバランスの恐竜たち。ジュラシック・パーク並みに怖い顔した恐竜もいるけど、やっぱり。。。絶句。っつーか。笑いが止まらない〜〜〜。何なんだ!? このお間抜けな造型は(笑)。
d0221584_10151749.jpgd0221584_10153677.jpg
ふと足元を見れば何故かゾウガメやワニ。場所によってはライオンまでいて、とにかく置けるモノはなんでも置いてます、ってな感じ。
d0221584_1016164.jpgd0221584_1016363.jpg
d0221584_10165513.jpgd0221584_10171447.jpg
d0221584_10174024.jpgd0221584_1018688.jpg
d0221584_10182636.jpgそんな中、割とシリアスっぽい展示もあるし、全く不思議な造形物もあるしで、もう、恐いんだか、おかしいんだか、訳がわからず笑いが止まりませんでした(笑)。

d0221584_10185725.jpgそして、一番奥にいたのはアパトサウルスの奥に見えた Mr. Rex。
d0221584_10192837.jpgd0221584_10195639.jpg
実は彼の中に入れるんです。階段を昇っていくと、頭の中に到着。口の中から外が見えました。ああ、高崎観音とか東京湾観音とか、牛久大仏を思い出すわぁ。(全然低いし、あんなに高尚ぢゃないですけどf(^_^;。)

d0221584_10215946.jpgd0221584_10221780.jpg
それにしても、アラフィフ・オヤジが恐竜のぬいぐるみ片手に歩く姿って、ちょっとヤバイ。子供ならまだしも。。(;´Д`)。
どんだけ大事なぬいぐるみなのかと思っていたら、あっさり恐竜に食べさせちゃうし、ひどいオーナーだ。

d0221584_10225891.jpg
▲トイレにも恐竜のイラスト。残念ながら中は普通でした。


屋外の展示は全て見終わったのに、はて? 看板にあった「Robotic Dinosaur Exhibit」は一体どこに? と思ったら、入口脇のギフトショップの中にありました。
d0221584_1023401.jpgd0221584_1024151.jpg
とは言え、狭いスペースに押し込められている感じで、あまりよく見えません。窓際にもありましたが、割とぞんざいに並べられており、一応吠えて動いていましたが、中にはモーター音ばかりで明らかにスタックしている子もいて、年季が入っているようすが解ります。
d0221584_10244041.jpg
▲店内中央には、子供用乗用ダイナソー(写真奥)。
ちゃんと動いたので驚きました(笑)。



d0221584_10254083.jpgちなみに以前はこんなレストランも営業していたようですが、今はほぼ廃墟。看板だけがこんなに鮮やかなのがとても不思議です。

それにしても、ハイウェイ沿いに突然現れる不思議な恐竜公園(勝手に命名)。アパトサウルスの建設が1964年から始まったということですから、かれこれ50年! これまでに先ほどの展示場が出来たり、「Robotic Dinosaur Exhibit」が出来たりとマイナーチェンジはあったようですが、現在も維持し続けているなんて凄いことだと思うのでした。

d0221584_10262056.jpg
▲帰宅後、オリジナルグッズのお土産を眺め思い出にふけるの図。


ちなみに帰りはここから数マイルのところにある、デザート・ヒル・プレミアム・アウトレットへ立ち寄りました。
が、それはまた次回。



■Cabazon Dinosaurs
50800 Seminole Drive Cabazon, CA 92230
大人$7.95
www.cabazondinosaurs.com


※$1=102円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-19 10:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/20374674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「デザート・ヒルズ・プレミアム... 「ROBOCOP」を IMAX... >>