2013年 10月 05日
コンデジが動かない! ので、新しいのを買うハメになっちゃいました。
 今年の初め、2月の一時帰国の際に真っ先に買ったコンパクト・デジタルカメラ「FUJIFILM FINEPIX F800EXR」。(その時のブログはこちら
そのコンパクトさのお陰で、ちょっとした買い物でも持ち歩き、日々のスナップを撮ったりと、とても重宝していました。
が、先月のサンフランシスコ観光旅行のちょい前くらいから、ちょっと様子がおかしい。

3枚くらいと撮ると、固まってしまいボタン操作が一切できない。電源ボタンさえ反応してくれず、当然伸びたレンズもそのまま。仕方無く、バッテリーを取り出しての強制 OFF。それでもレンズは引っ込まず、バッテリーを入れ直して電源ボタンを操作。これでようやくレンズが引っ込むという、なんとも面倒なことが頻繁に起こるようになりました。
しかも、撮影モードを変えた途端操作不能になる、なんてことも。

取り敢えずサンフランシスコ観光中は慎重に操作しながら、騙し騙し使って、ブログにあったような写真を撮って来たわけですが(そのブログはこちら、それでもバッテリーを入れ直しての対応はしょっちゅうでした。
旅行から帰ってきてもその症状は治まらず、むしろ悪化しているような。。。ちょっと撮影するだけでフリーズですから、もうイライラ。

一体どうしちゃんでしょう? カラビナ付きケースに入れて腰からぶら下げて、大した気遣いもせずに歩き回っていたのが悪かったのでしょうか? 扱いがぞんざいだったかな? カメラは精密機械ですモンね。はぁ〜(;´Д`)。

折しもちょうど旦那さんが日本へ出張するという頃。これ幸いと、日本で修理に出して来て欲しいと相談すると、難しい顔。
そりゃあ、面倒ですよねf(^_^;。修理ってどれくらいの日数掛かるか解らないし。
なので、メーカーのスピード修理の受付があることを調べ、それならどうか、と相談するもやっぱりNG。
限定された時間内に彼の行動範囲とはちょいと外れた池袋へ行って、修理に出して数時間後受け取りに行って、って暇な私なら問題無いですけど、仕事のスケジュールでいっぱいの旦那さんにはちょっと、ね。(だけど、ダイオウイカには行くんですよね〜。ブログはこちら

そして何を言い出すかと思ったら、
「修理に持っていく時間はないけど、
 新しいのを買う時間ならあるよ

えー! 
新しいのを買っちゃうんですか〜!?

って驚いたけど、考えてみればカメラの扱いがぞんざいな私。直したカメラをまた壊さないとは限らないですモンね。

と言う事で、今度は耐久性重視でコンパクト・デジカメを選んでみることにしました。
すると、その手のカメラには必然的に耐水性機能が付いてくるのに、びっくり。
アクティブでアウトドアライフを楽しむ人の為のカメラなので、当然なんですね。私にはとーっても縁遠いジャンルで、こんなカメラがあったのか、と目からウロコ。

そして下記の3つをチョイス。リストにして旦那さんに託しました。
(1)Canon PowerShot D20(詳細はこちら
(2)Panasonic DMC-FT25(詳細はこちら
(3)Panasonic DMC-FT4(詳細はこちら

そして、日本出張へ旅立った旦那さん。出張中の日曜日にデジカメを買ったと電話がありました。
聞けば、お願いしたリストには無いカメラだというので、これまたびっくり。
(1)は店頭で持ってみたら意外と重く、私が気軽に持ち歩きたいだろうと考えて却下。
(2)は機能がライトユーザー向けだったので、私が満足しないだろうと却下。
(3)は、既に生産終了になっており、新型が発売中というので、却下。

で、その新型「Panasonic DMC-FT5」(詳細はこちら)の購入と相成りました。
d0221584_892713.jpgd0221584_89436.jpg
今度は水中でも使えるくらいですから、レンズは伸びません。なので光学4.6倍ズーム。接写は5センチまで寄れますし、撮影モードも色々。もちろん動画も撮れますし、有効画素数も1610万画素なので、ズーム以外は以前のカメラと遜色ないと思っています。しかも、20g程軽くなりました。

それに加えて今回の選考基準とした耐衝撃性能が2m。さらに驚いたのが、GPS 機能や気圧/高度センサー。緯度経度の情報や地名まで表示されて、私には猫に小判の too much な機能にびっくりです。日本のカメラって、本当に高性能ですね。

何はともあれ、また操作方法の憶え直しが厄介ですが、説明書とにらめっこしつつ地道に憶えて行こうと思っています。
あ、もちろん自分が一時帰国出来た際には、壊れたカメラは修理に出すつもりです。

d0221584_8102982.jpg
▲故障中の FINEPIX F800EXR(左)とほぼ同じサイズ。
だけど、使用目的が違うとこんなにもデザインが違うモノなんですね。




<Oct 26. 2013 追記>
10月上旬のニューヨーク旅行に、この「Panasonic DMC-FT5」を持って行きました。(その時のブログはこちら

二泊三日の旅行中、実際にこのカメラを使ってみての感想ですが、幸いお天気にも恵まれ、水に落とすような事故もなく、うっかり地面に落としちゃうなんて事も無かったので、彼の最大の魅力である「耐水性」「耐衝撃性」を発揮するチャンスは皆無で、その代わり光学 4.6 倍ズームがあまりにもどかしく感じ、さらには意外と手ぶれ補正が弱いな、暗いところも弱いな、と弱点が次々と露わになりました。さらにうっかり GPS を ON にしておくと、電池の消耗が激しい。。。

しかしながら、あんな小さなボディにあれもこれもと機能を高望みするのは、あまりに酷な話です。
そこはやはり自分の使い方に合った機能を優先していくしかないわけで、カメラを終始バッグの中にしまい、扱いもそこそこ丁寧にすることを心掛ければ、「耐衝撃性」を重視するよりは、光学20倍ズームで、暗いところにもそこそこ強い、以前の「FUJIFILM FINEPIX F800EXR」がやっぱり良いのかな? なんて思っている今日この頃です。
日本に帰る機会があったら真っ先に修理しなくては!



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-10-05 08:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/19768349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Macross World C... 日本のお土産 ーダイオウイカ ... >>