2013年 09月 21日
サンフランシスコ観光3日目(1) ケーブルカー と クラムチャウダー
すっかりお待たせ致しました、今月頭に行ったサンフランシスコ観光の続きです。


これまでのサンフランシスコ観光はこちら ↓ でどうぞ。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


【Sep 4th Wednesday -1-】

d0221584_2493439.jpgいよいよサンフランシスコ観光も最終日を迎えました。
前日は長蛇の列にすっかり気圧され諦めた、サンフランシスコ名物「ケーブルカー」にリベンジです。

d0221584_2533567.jpgさすが通勤の足でもあるケーブルカー。朝は6時半から運転しているというので、朝食もそこそこに、フィッシャーマンズ・ワーフ近くの Powell-Hyde ラインの始発駅へと向かいました。
まだ8時前でしたから、がら〜〜〜〜ん。観光客もほとんどいません。ラッキー♪ 昨日の混雑が嘘のようです。

d0221584_2542062.jpgd0221584_2554471.jpg
d0221584_256364.jpgお陰で、写真も取り放題 ♪ 操縦桿(?)もバッチリ。天井にはワイヤーが走り、これで警笛を鳴らす他、後ろにいる車掌さんへの合図にも使います。
ちなみに上の写真、白シャツの方が運転手さん。

その車掌さんがいる最後部にもハンドルが。これもブレーキなんだそうです。
ちなみに、ケーブルカーのレールにはケーブルが通っているんですって。知らなかった〜。(◎o◎)。だから「ケーブルカー」って言うんですよねf(^_^;。それで、このケーブルを操作している(?)のが、先ほどの操縦桿のような大きなレバー。これで、ケーブルを掴んだり放したりして動いているんですって。いや〜、ビックリ。こんな大きなレバーで運転しているなんて、乗ってみないと分からないものですね〜。

さて、車掌さんに運賃を支払い、いざ出発です。

d0221584_2564623.jpgd0221584_257393.jpg
ちなみに料金は片道$6(約594円※)。結構高いな、と言う印象です。毎日の通勤に使ったらさほど遠くまで行かないのに、往復1,000円越え。う〜〜ん。
だけど、途中から乗って来た地元の人たちは、皆さん、suica のような専用のカードで支払をしていたので、もしかしたらそれなら割引などがあるのかも知れないな、と思うのでした。

d0221584_2574888.jpgd0221584_258649.jpg
d0221584_2591145.jpgd0221584_302141.jpg
さて、サンフランシスコの坂道をグイグイ登り、登ったかと思ったら今度は下り坂。運転手さんはレバーを巧みに操って、快適走行。Hyde 通りを左へ曲がり Powell 通りに入るとそこはチャイナタウン。風景が一変しますがそれもつかの間、ユニオンスクエア近辺になると、背の高いビルに囲まれ、車道脇にはレンタル自転車の駐輪場。さすが自転車の街サンフランシスコ。
d0221584_2595216.jpgそして、西海岸唯一のユニクロがありました。
日本ではユニクロは安いイメージですが、ここでは輸入品のため、そこそこお高いんだそうです。香港のユニクロは日本とさほど変わらない価格でしたけど、やっぱりアメリカは遠いって事ですね。

d0221584_313390.jpg終点の Hallidie Plaza 前に到着すると、すでに列を成してお客さんが待っていました。
すると、ここでケーブルカーは方向転換。しかも、人力です!


路面がターンテーブルの様に動いてくるっと一周し、反対側のレールに載せ替え完了。

d0221584_322628.jpgそして、乗って来たケーブルカーは満員のお客さんを乗せて帰って行きました。

私達はと言うと、ここからは別ルートのケーブルカーがあるので、そちらに乗り換えて、って、実は空いている車両に乗りたかっただけで、乗ってから別ルートだったと気付きましたf(^_^;。
ちなみにそれは、Powell-Mason ライン。途中までは同じく Powell 通りを北上。チャイナタウンのあたりで、来たときよりも東側の Mason 通りに入りさらに北上。別の景色を楽しみました。

d0221584_351289.jpgd0221584_353748.jpg
d0221584_361290.jpgこちらのラインでは途中乗車のお客さんが多くて、私の目の前にも立ち乗りのお客さん。これぞ、ケーブルカーですね。
Mason 通り沿いは可愛い建物が多く、サンフランシスコらしさを感じました。
d0221584_364422.jpgd0221584_37388.jpg
そして程なく終点に到着。このラインを運転していたのは、にっこり微笑んでくれた、こちらのお兄さん。運転中は革手袋をして、全身で大きなレバーを力強く操作していました。力仕事なんですね。

d0221584_37465.jpgd0221584_381268.jpgこちらでは先ほどの終点とは違って、ケーブルカーを待つ人はなく、ちょっと寂しげにケーブルカーが3台停まっていました。

d0221584_384746.jpgそしてこれが、サンフランシスコ名物(?)、公衆トイレ! 
初日に行ったツイン・ピークスにもひとつありましたが、あのときは大勢の観光客が列を成していました。ここは誰も使っていなかったので、中を見てみればよかったとちょっと後悔。


d0221584_39268.jpgこの終点、ベイ・ストリートからさらに北へ進むと、あっと言う間にフィッシャーマンズ・ワーフに到着。有名なカニの看板の前に出ます。
d0221584_31018100.jpgd0221584_310326.jpg
d0221584_3123589.jpgd0221584_3125357.jpg
旦那さんは、昨日食べられなかったシーフード屋台のカニのサンドイッチめがけて一目散。こんなに早い時間だとさすがに観光客もいなくて、貸し切り状態。
d0221584_311842.jpg旦那さんは左半分がカニ、右半分が海老と言う、何とも贅沢なコンビネーションのサンドイッチ($8=約792円※)を見つけ、
d0221584_3114582.jpgd0221584_31244.jpg
私は絶対に食べたいと思っていたクラムチャウダー・イン・ブレッドボール($6=約594円※)を頂きました。もちろん、美味しかったですよ〜。サワーブレッドは酸っぱいと言うよりは、ちょっとしょっぱく感じました。

d0221584_314225.jpgお腹が膨れたところで、街並みを眺めながら、車を停めてある最初のケーブルカー始発駅と歩きます。
途中見かけたお土産屋さんの中には、こんなミニオンのパーカーやTシャツ。やっぱり今年の人気者ですね。


さて次は車窓からの観光です。
d0221584_315815.jpgd0221584_3152699.jpg
ケーブルカーでも少し通りましたが、チャイナタウンの中を通り抜けると、そこには中国人がた〜くさん。特に野菜を扱うスーパーマーケットにはたくさんの人が群がり、まるでここだけ中国のよう、って香港しか知らないンですけどねf(^_^;。(あ、写真は取り損ねました。スミマセンf(^_^;。)久しぶりに背の低いアジア人集団を見て驚くような、懐かしいような、不思議な感覚になりました。

第2のチャイナタウンと言われている、Clement Street もチラッと眺め、次なる目的地は旦那さんのリクエストで、「WALT DISNEY FAMILY MUSEUM」へ。


ですが、やっぱり長くなっちゃいましたので、これはまた次回。
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
3日目 (2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムに続きます。


参照MAPはこちら。
http://goo.gl/maps/XGf9w

今回のサンフランシスコ観光、他のブログへはこちらからジャンプ出来ます。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダー
3日目(2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


※$1=99円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-21 03:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/19688808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 放送を休んで外出を促すテレビ 台湾系のパン屋さん「J.J. ... >>