2013年 06月 16日
Re-roofing 屋根の葺き替え作業進行中
突然ですが、我が家は古いタウンハウスの一軒です。
アメリカ引っ越しの際、物件探しで初めて耳にした「タウンハウス」。日本では聞き慣れない言葉ですが、見た目は日本の密集した建て売り住宅のようですが、ウチの場合4軒ほどが連なった長屋数棟で構成された、集合住宅。概念的に言えばマンションみたいなようなものかと。
My home is a one of old townhouse.
Townhouse is a like Japanese apartment house.

なので、マンションの大規模修繕のように、外装の修繕はタウンハウス全体での取り組みになるようで、数ヶ月前からオーナーによる話し合いみたいなものがもたれてきました。
と言っても当然の事ながら我が家は賃貸ですから、話し合いに参加する必要はなく、決めるのは大家さん。
一時期屋根瓦(タイル?)の見本などが展示されたりしていましたが、まるで人ごと。気にもしていませんでした。が、それは突然やって来ました。
Then all owners have to meeting about re-roofing. But I'm not owner, don't need that. I couldn't care less and forget.

d0221584_514172.jpg先月の半ば、タウンハウス北側からバギバギと板が剥がれる騒音と共に始まり、そしてその作業はすぐ裏の棟へと進みました。それでも、自分の住む棟もやるのかどうか、半信半疑。
興味津々に、だけどブラインドの隙間からこっそり作業を見守りました。
Last month, the re-roofing was started from north houses of my townhouse.

d0221584_51516.jpgまずは、古く痛んだ屋根瓦を撤去。って、全然瓦じゃありません。元はこーんな板きれ。これでよく何十年も(たぶん)持っていたモノです。さすが雨の少ない地域。
At first old tiles removed. But there are not tiles, just little boards.

d0221584_5155287.jpgd0221584_51679.jpg
そー言えば、昨年野リスがこの板きれをかじっているのを見かけたっけ。
作業員は命綱を付けての作業で、すっかり丸裸になった屋根。
この板も腐食していたりすると取り除いて、新しい板を打ち付けてました。それにしても、この作業員は命綱を手で持ってるだけ。それって命綱にならないんじゃないの? 危ないな〜。
This worker grabbed a life line by just his hand. It's very dangerous!

d0221584_5165680.jpgd0221584_5172080.jpg
d0221584_5182538.jpgd0221584_518740.jpg
そして先月末ウチの棟も遂に作業が手が伸びてきました。
いやー、屋根の上に人がいるってなかなかうるさいですね。しかもバキバキと古い屋根板が外され、ドサーっと落とされ。。。まるで家が壊されている感じ。家の中で窓も閉め切っているのになんだか埃っぽいし。振動で家中の埃が踊っているのかしら。
そして、見る見る家の周りはガレキだらけとなりました。
The end of last month re-roofing was started on my house.
I couldn't stand the noise or dust.
Before I know it there were many debris around my house.

d0221584_519121.jpgd0221584_5193493.jpg
おまけにウチの場合、何故か天窓まで外されてしまい、屋根の作業員から声まで掛けられるなんて事にも。
彼は家の中にビニールシートを敷こうか?と言ってくれたので当然お願いしましたが、何せ予期せぬ出来事故、ほんとビックリでした。
ビニールシートのお陰で部屋は大して汚れることもなく、天窓も程なく元通りにはめ直してくれましたが、作業が終わる午後6時、危うく忘れ去れてしまうところを作業員を呼び止めて撤収してもらい、そこから家中の窓を開け掃除機をかけることとなり、この日はろくな夕飯は作れませんでした。
Also skylights were removed. Why is that?
The worker covered my living room by plastic.

d0221584_5202430.jpg さて、作業はまだまだ続いています。
次の行程で使う防水シートと思われる材料が、ベルトコンベアで次々と屋根の上へ。今回はさすがに板ではなく、タイルのようなもの(瓦よりもザラザラした粗い感じのモノです)も、次々と屋根へと運び上げられました。
d0221584_5213728.jpgd0221584_522204.jpg
Now re-roofing still continued.
Tarpaulin and tiles were up by conveyor belt.

d0221584_5294017.jpgd0221584_5241077.jpg
黒いシートの上から角材が打ち付けられその上に、タイルをこれまた打ち付けているようです。
すぐ裏の棟はもうこの通り、すっかり綺麗になりました。
けど、良く見ると一部作業が止まっている部分がありました。それは天窓付近。これは我が家も同じ。
そして、大家さんから天窓を取り替えるという連絡があったと、不動産屋さんから電話がありました。。。げっ! また天窓外すのかしら? そろそろ作業が終わりそうと期待していたのに、どうやら完成にはまだちょっと掛かりそうです。。。トホホ(/ω\) 。
Almost houses finished. But a port of them not finished.
My house is not finished because skylights will be exchanged. When is that???




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-06-16 05:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/18982030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本からのお土産はビグ・ザム豆... 忘れた頃に到着、日本の「アイア... >>