2013年 03月 04日
「Jack the Giant Slayer」を IMAX 3D で観てきました。
d0221584_647095.jpg昨日は久しぶりに IMAX 3D の映画を観てきました。それがこちらの「Jack the Giant Slayer(邦題:ジャックと天空の巨人)」。

日本ではまだちょっと先の22日に公開だとか。なので、さらっとご紹介。

劇場の中はそこそこ人が入っていて、人気があることが伺えました。まあ、内容はいわゆる「ジャックと豆の木」なんですが、やはり見どころは、巨人=Gaint のCGっぷり、かな。
IMAX の大画面&ハイクオリティで観ちゃうと尚のこと、良くできてるな〜って感心しちゃうんですが、この Gaint 、何せ風体もばっちぃし、やることもまー、お下品。人間を頭から丸かじりしちゃうのはもちろん、アメリカ人が大好きっぽい、巨人=鼻水絡みのシーン(ハリポタでもトロールであったし)がやっぱりあって、おえっつって感じがどうーにもこーにもf(^_^;。

それ以外はお姫様もアクション頑張っていたし、STAR WARS 以来久しぶりに観た印象の、私好みの俳優 Ewan McGregor(ユアン・マクレガー)が相変わらず“いい人”な役回りで頑張ってました。でも、彼、イイオトコなんだからもうちょっとあくの強い役でもやって、個性を出したら良いのに。なんか今ひとつパッとしないのは何故かしらん?

ま、それはさておき。
d0221584_6471976.jpgそれよりも主役のジャック役の Nicholas Coradoc Hoult(ニコラス・ホルト)君、弱冠23歳がまたひょろりとした長身で、なんだか頼りなさ気な感じが最初のジャックのイメージとは合っているんだろうけど、こういう映画って、大抵そういうひょろひょろ君が成長してたくましくなったりすると思うんだけど、彼は最後までひょろひょろ君にしか見えなかったのが残念だったわん。それじゃぁ、お姫様は惚れないでしょ?


d0221584_3555114.jpgそうはいっても、映画全体としては、グゴゴゴゴ〜って一晩で天まで伸びちゃう豆の木の迫力ある成長っぷりとか、そこまでリアルにしたんですか!っつーくらい生々しい巨人とか、やっぱり映像が凄い映画でした。
▲劇場入口にあった看板。この前で写真を撮れば、巨人に掴まれる恐怖を味わえる?


■「Jack the Giant Slayer」公式サイト
https://www.facebook.com/jackthegiantslayer
■「ジャックと天空の巨人」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/jackthegiantslayer/index.html



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-03-04 06:50 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/17924985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< PR MEGAFORCE メガ... 一時帰国を振り返る〜その7:記... >>