2013年 03月 02日
一時帰国を振り返る〜その7:記憶は美味しい食事と共に(おやつ編)。東京ばな奈ツリーと チョコまんと〜
d0221584_1219569.jpgカレンダーも3月になり、気がつけばタウンハウス内ではツツジ以外にも、こんな可愛い花も綺麗に咲いていて、すっかり春の装いの L.A. です。
けど、2月上旬の一時帰国のブログ、まだ続きますf(^_^;。

やっぱり日本のお菓子の美味しさは外せませんから、今回は「おやつ編」です。
1月下旬にアメリカ人の友達の誕生日パーティがありましたが、その際にポッキーとかコアラのマーチとか、かりんとうとかお煎餅とか日本のお菓子をしこたま持って行ったら、凄く喜ばれましたし、アニメのコンベンションでも日本のお菓子を売る店が大繁盛していたりと、アメリカ人にも日本のお菓子は人気です。


東京ばは奈ツリー チョコバナナ味、「見ぃつけたっ」(東京スカイツリー ソラマチ限定/4個入り500円)
東京ばな奈 バナナプリン味(成田空港第2ターミナル限定/4個入り500円)
■東京ばな奈ワールド

www.tokyobanana.jp
d0221584_12205818.jpgd0221584_12211237.jpg
東京スカイツリー見物に行った際、東武スカイツリーラインのとうきょうスカイツリー駅、正面改札口の真ん前にあるお店で、限定品「チョコバナナ味」を購入しました。
ひょう柄がなんとも大阪チックですが、チョコ味がしっかり効いたとろーりクリームがなかなかグーでした。

d0221584_12221934.jpgそして、日本出発時、成田国際空港第2ターミナルの売店「AKIHABARA」で見つけた、第2ターミナル限定の「バナナプリン味」。ちなみにこちらはキリン柄。
この時は数の多いものしかなかったので購入を諦めたのですが、つい先日、旦那さんの会社に日本から出張でいらした方からいただく事が出来、早速旦那さんとパクリ。プリンな感じは今ひとつでしたけど、美味しかったです(^o^)。
あれ? だけど公式サイトを見ると、成田空港以外でも購入可能のようですね。ちょっと騙された?


濃厚 とろけるチョコまん(210円)
■PAOPAO

www.mj-sangyo.co.jp/paopao/index.html
d0221584_12234567.jpg大宮駅のエキュートで見つけた中華屋「PAOPAO」のデザート。昼食用の焼売などを買った時についでに買ったのですが、餡は昔のチョコパンみたいな感じで、ちょっと懐かしいお味でした。


しぼり豆 丹波黒大寿
■宝泉堂(ほうせんどう)

www.housendo.com/housendou.html
d0221584_1225125.jpgこちらは頂き物なんですが、京都の老舗のあずき処のお菓子。丹波の黒大豆を使った優しい甘さの甘納豆で、籠に入っているのも何とも和風で素敵です。
普段甘納豆はあまり食べないのですが、これは上品なお味な上に表面に砂糖が付いていませんから、甘納豆にありがちな口の中に残る砂糖のざらつきがありません。口当たりの良い食べやすいお菓子でした。
姫、ありがとうございましたm(_ _)m。


チョコレート詰め合わせ
d0221584_12261100.jpgこちらも頂き物なのですが、花の形をかたどった綺麗なチョコレートの他に、ウイスキーボンボンならぬ日本酒や梅酒が入ったボンボンが入っていました。
しかも綺麗な梅柄のハンカチで包まれていて、何だかお花見のお弁当みたいで思わず顔がほころびました。Sさん、ありがとうございました。
そして、何とおバカな事に、大事なお店の紙を無くしてしまい、今やどこの何という商品だったのか全くわからなくなってしまいました。。。とほほ(/ω\)


ASTORONOMY プラネット ポップ
■マイネローレン

d0221584_12272720.jpg日本に帰った時期はちょうどバレンタインデー間近。なので、デパ地下も駅ナカも、至る所でバレンタイン・フェアの真っ最中でした。
そんな中見つけたのが、こちらの惑星型チョコレート「ASTORONOMY プラネット ポップ」と、半球ではありますが、地球、金星、水星をプリントした天体型チョコレート「GALAXIE」。
これは味をどうこう言うよりも、その見た目のインパクトでやられてしまいました、もちろん旦那さんが。なので、今年のバレンタイン・チョコはこれに決定。って、私もちゃっかり頂きましたf(^_^;。


pino ストロベリーチョコ&ミルクチョコ
■森永乳業

www.pinoice.com/pc/
d0221584_122919.jpgd0221584_12292698.jpg
チョコレート繋がりでもう一品。こんな限定品があったんですね。pino自体久しぶりで、やっぱり美味しかったです(^_^)v。


タニタ食堂の 100kcal デザート カスタードプリン
■森永乳業

www.morinagamilk.co.jp/products/brand/tanita/
d0221584_1230193.jpgタニタ食堂、もの凄く流行っているとは聞いていましたが、森永乳業と共同開発してこんなデザートまで販売しているんですね。いや〜、びっくり。アメリカ生活でもこうしたカロリーを制限したデザートなどで食事をすれば、もう少しサイズダウン出来るかな?
 

フルーツプリンケーキ
d0221584_12304082.jpgd0221584_12305553.jpg
スーパーで買えちゃうよくあるプリンケーキのひとつですが、大抵底にスポンジケーキが入っていたりしますけど、これはプリンオンリーだったので、つい手が。。。。やっぱり日本に居たらいたで、こういうお菓子の誘惑に勝てないんだろうな〜。
結局日本に居ても L.A.に居ても、太るってこと? 
がーーーん(◎o◎)。


d0221584_12333243.jpgじゃがポックル
■POTATO FARM(Calbee)

www.calbee.co.jp/potatofarm/

萩の月
■菓匠 三全

www.sanzen.co.jp

甘えび姿詰め合わせ
■海老御菓子處 桂新堂

www.keishindo.co.jp
そして、日本出国前の最後の砦・成田国際空港第2ターミナルの売店「AKIHABARA」で、日本のお菓子をまとめ買い。いえいえ、最初はそんな気はさらさらなかったんです。
たまたま、日本出発前夜テレビで観た「成田空港の裏側」みたいなニュースのひとコーナーで紹介されていた「じゃがポックル」。これが韓国だか台湾だかで大人気で、カートン買いしたいとお店の人に交渉している姿があったものですから、それなら是非ひとつ買って帰ろうと思っただけなんです。

確かに人気商品のようで、店頭では山積みされているにもかかわらず「お一人様5箱まで」の貼り紙。
これを見た旦那さんが、
「あー、知っている! 北海道のお土産でなかなか買えないやつでしょ?」
だって。それなら尚のこと買って帰らねば。
でもって、他にも無いかと店内を見ていたら、冒頭でご紹介した「東京ばな奈 バナナプリン味(成田空港第2ターミナル限定)」を見つけたわけです。
だけど、それ以上に嬉しかったのは、宮城県内でしか販売していないと言う「萩の月」! じゃがポックル同様、東京でも手に入らないのに、ここで買えるなんて! 驚きでした。ふんわりしたカステラとカスタードクリームが、なんとも美味しいんですよね〜。

そしてその姿に魅了されてしまった旦那さんが選んだのは、「甘えび姿詰め合わせ」。こちらは北海道の海老を仕入れて加工して、名古屋の会社が販売しているお菓子。名古屋で海老と聞けば「ゆかり」を思い出しますが、それとは違う会社だったんですね。
とにかくここにいるだけで、日本全国に行った気になれちゃいます(笑)。これから日本を離れる人間にとっては、有り難い事です。


ああ、次の旦那さんの日本出張はいつかな〜。わくわく。



[ BACK NUMBER ]
一時帰国を振り返る〜その1:東京スカイツリー と ムーミン・ハウス・カフェ〜
一時帰国を振り返る〜その2:GUNDAM Cafe と KAMEN RIDER THE DINER と〜
一時帰国を振り返る〜その3:3DSLL と FINEPIX F800EXR と〜
一時帰国を振り返る〜その4:円空展〜
一時帰国を振り返る〜その5:記憶は美味しい食事と共に(外食編)。鰻 と 蒸ししゃぶと〜
一時帰国を振り返る〜その6:記憶は美味しい食事と共に(お持ち帰り編)もっちりパンと お総菜と〜
一時帰国を振り返る〜その8:おまけ・埼玉県警のマスコットキャラ・ポッポくんのグッズ〜



《写真をクリックすると「画像一覧」が表示されるようになりました。
戻るときは左上に表示される「カリフォルニアの広い空」をクリックしてください。》




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-03-02 12:47 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/17916119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Jack the Giant... 一時帰国を振り返る〜その6:記... >>