2013年 02月 25日
「A GOOD DAY TO DIE HARD」と「Hansel & Gretel: Witch Hunters」を観てきました。
この週末は二日連続で映画を観てきました。
d0221584_14564942.jpgまず土曜日に観たのは日本でも既に公開中の「A GOOD DAY TO DIE HARD(邦題:ダイ・ハード/ラスト・ディ)」。
ダイ・ハードシリーズは1作目2作目は印象深くよく覚えていますが、3作目になるとうろ覚え、4作目になると観たかどうかも覚えていない、そんな状況のまま5作目となる本作を観たわけです。

ジョン・マクレーンの登場シーン。射撃練習場でのシーンですが、あまりにブルース・ウィリスが老け込んでいてビックリしました。本編上映前に流れた「G.I.ジョー」(昨年公開予定だったのに2013年に延期されました)の予告編に登場するブルースは、撮影が先だったかもしれませんが、全然若いし元気だしその差は歴然。大丈夫か?と思いましたが、本編が進むに連れてなんだか若返っている感じ。これは狙いだったのかしら? 

それにしても今回のジョンは、これまでのダイ・ハードの《巻き込まれちゃった》系とは違って、いくら息子が関わっているからと言って《自分から首突っ込んじゃった》系になっているのが気になりました。だって、事情もわからないうちから他の車両を踏みつぶしてまで、無茶なカーチェイスする理由がわからないもの。

それから、カメラワークも気になっちゃいました。アクション中にカメラが揺れるのは良い効果があると思いますが、落ち着いて会話しているシーンでもカメラがゆらゆら。今時ホームムービーでもあんなに揺れませんよね。狙いにしてもやり過ぎでしょ? やたらアップが多いのも気になるし、アップが多いせいか、会話中のお芝居なんて皆無だし。なんだかな〜。
これで上映時間が2時間オーバーだったりしたらちょっとツライな〜、と思っていたら、結局ロシア内で決着着いて1時間37分で終わってくれました。

この映画でブルース・ウィリスは「ダイ・ハード」を息子へ引き継いだつもりなのかな? それにしたら息子役の Jai Courtney(ジェイ・コートニー)はあまりパッとしないし、彼では力不足な感じが否めなかったわん。


d0221584_14575615.jpgそして日曜日に観たのが、日本ではどうやら公開されないらしい「Hansel & Gretel: Witch Hunters(ヘンゼルとグレーテル:ウィッチハンター)」。
アメリカでは1月25日に公開されていたので既に5週目となり、上映館が減っていたので、いつもよりもちょっと離れた映画館へと足を伸ばしました。

ポスターを観る限り、タイトルと絵柄がマッチしていない上に、私はグレーテル役の女優さんを「アベンジャーズ」のマリア・ヒルと勘違いして、ホークアイ(Jeremy Renner/ジェレミー・レナー)とマリア・ヒルの映画だと思っていました。その二人を主役にするにはあまりにスピンオフ過ぎますけどねf(^_^;。

旦那さんに指摘されて童話「ヘンゼルとグレーテル」のその後のストーリーだとわかった上に、この女優さんもマリア・ヒル役の Cobie Smulders(コビー・スマルダーズ)ではなく、「007 慰めの報酬」でボンドガールだった Gemma Artertonジェマ・アータートン)だと、帰宅しネットで調べてようやく気付く有様でした。

さて、内容ですが、これ、私は好きです。
日本公開未定と言うことで、ネタバレしていいものかどうか悩みますが。。。
ネタバレが困る方は ↓ こちらのトレーラーで終わりにしてくださいまし。ま、大したネタバレはしてませんけどねf(^_^;。




何しろウィッチハンターになったグレーテルが強いのなんの。ガンガン殴るし、殴られる。もちろんヘンゼル(英語発音だとハンセル/演:ジェレミー・レナー)も。観ているこっちが体中痛くなりそうなほどのアクションシーン満載で、さらにガジェット燃えする武器も色々出て来て面白い。とは言え、R指定なだけあって、血や肉片が飛び散るシーンも多く、私的に眼を覆いたくなるようなグロイシーンもあるのがちょっとf(^_^;、でした。
ですが、童話「ヘンゼルとグレーテル」の新解釈もあって、見終わって旦那さんとも「どうして日本で公開されないのかな? 面白いのにね」と話すほど、アリ!な作品でした。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-02-25 15:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/17888117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< PR MEGAFORCE と ... 一時帰国を振り返る〜その5:記... >>