2013年 01月 25日
2013年も値上げされるアメリカの郵便料金
今日のロサンゼルスは昨夜からの土砂降りが続いて、朝から雨です。前回の土砂降りは先月下旬でしたから、約1ヶ月ぶりですね。雨期とは言え、やはり雨は少なめのロサンゼルス。日々お肌の乾燥が気になりますが、今日はこれでちょっと一息つけるかな?

d0221584_3181497.jpgさて、度々ネタにする郵便切手。マニアというわけではありませんが、切手の絵柄が気になる私としては頻繁にネタにするわけですが、今回は絵柄ではなく郵便料金のお話です。

初めてアメリカで買った郵便切手は、1枚44セント(約34円※1)でした。が、翌2012年の1月には45セント(約36円※2)と1セント値上がりました。そして、今年2013年も1月27日に46セント(約40円※3)に値上がると言うことです。

2011年にアメリカに来てから、今回で二度目の郵便料金の値上げ。つまり、毎年郵便料金が値上げされています。しかも、とっても少額。なんともまあ、細かく頻繁に値上げをするんでしょう。日本と同じくメールや宅配便に押されているUSPS(UNITED STATES POSTAL SERVICE)のひっ迫した現状も理解出来ますが、それにしても細かい値上げですこと。
新しい切手を発行する手間が掛かって、より経営を圧迫しそうですけどねぇ?

ところが、アメリカで良く使われる FIRST-CLASS(日本で言う普通郵便)の切手には FOEVER と言う、金額表記のない切手があります。
これが便利な代物で、買った時の料金がどうであれ、そのまま現在の料金分の切手として通用してしまうんです。つまり、44セントの時に買った切手でも FOEVER なら、46セントに値上がりしてからも使える、と言う物なんです。
と言う訳で、我が家では家賃や光熱費の小切手の郵送に毎月数枚ずつ使うのがわかっているので、セコイ私は値上げ前にこの FOEVER 切手を2BOOKS(20枚綴りを2シート)購入してきました。40セントの節約? 節約と言える程の金額では無いですねf(^_^;。だけど、値上がると解っているんですから、値上がり前に買っておきたいと思うのは人情ですよねぇ。

とは言え、そんな便利な切手はこの一種類のみで、日本向けエアメールで必要な切手は$1.05(約92円※3)から$1.10(約96.8円※3)に値上がりされ、当然新しい切手にするか、不足分を貼らなければなりません。なんとも面倒な事になりそうです。

だもん、面倒になってメールでいっか。ってなりがちですよね。だけど、Eメールのない母や義母への手紙はやっぱり欠かせないので、まだまだ切手にはお世話になります。


◆過去の切手ネタ・ブログもよろしかったらどうぞ。
2011年「クリスマスカードと切手
2012年「切手の組み合わせの悩み と 新料金の郵便切手

■UNITED STATES POSTAL SERVICE
www.usps.com


※1:当時のレート$1=約78円で計算。
※2:当時のレート$1=約80円で計算。
※3:最近のレート$1=約88円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-01-25 03:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/17685409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 炊飯器チーズケーキで Happ... 「How to Train Y... >>