2012年 12月 27日
「The Hobbit: An Unexpected Journey」を IMAX 3D で観てきました。
今日は12月25日、クリスマスだったので、トイザらスを始めとするメジャーな店舗は軒並みお休みでした。(閑散とした街の雰囲気は去年のブログでどうぞ。)
意外と思われるかも知れませんが、本場アメリカのクリスマスは、実はとっても静かな日なのです。そんな中やっているのは、ディズニーランドと映画館くらいなもの(ちょっと大袈裟f(^_^;)。ディズニーランドはクリスマスパレードが行われ、テレビ中継までされていました。そんな人気のディズニーランドのチケットなどはなから買えるとも思っていないので、我が家はいつもの週末のように映画館へと足を向けました。

d0221584_1536525.jpg今月14日から公開となっている「The Hobbit: An Unexpected Journey(邦題:ホビット 思いがけない冒険)」を、IMAX 3D で観てきました。

超大作「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前を描いたこの作品(しかもこれも三部作とは!)。それだけでもう期待に胸膨らむわけですが、それに加えて新規格の、1秒間のコマ数が通常の2倍の48フレームもあるという「High Frame Rate 3D (HFR 3D)」で製作されたといいますから、尚のこと楽しみでした。


クローズしているショッピングモールの中で、唯一いつもの週末のような賑わいを見せている amc シアターでしたが、客席はそこそこ埋まる程度。既に公開から一週間以上経ってしまっているからかしら? お陰で中央を陣取り快適な環境で観ることが出来ました。

「ロード・オブ・ザ・リング」の出演者もたくさん登場し、相変わらずの、いえ、それ以上に精巧に作られた CG 映像がこれでもか、と言うくらい迫ってきて、カメラが横にパンする度に映像ではなく、自分が動いているかのような錯覚を起こし、空撮シーンでは自分がヘリにでも乗っているかのよう感覚にもなり、なんだか乗り物酔いしそうな感じでした。
さすが、HFR 3D !

と、思っていたのに帰宅して上映スケジュールを確認したら、なんとこれは HFR 3D ではなかった
と、言う事実に驚きました。IMAX 3D でもすごい臨場感だったんです。さらに HFR 3D だったらもっと乗り物酔いしていたのかも? 

d0221584_1539058.jpgd0221584_15393442.jpg
それにしても、「ロード〜」のフロドのような美少年もいない(冒頭にほんの少し出て来ましたけど)、むさいオジサンばかりがたくさん出る映画でしたが、物語が進むに連れてドワーフのプリンス、Thorin(トーリン)の凛々しさにクラッ。時々 Kili(キーリ)のドワーフらしくない端正な顔にも心奪われながら、2hr 50min の冒険を楽しみました。

だけど、やっぱりセリフで説明されちゃうシーンは、今ひとつ理解出来なかったので、早く日本語吹き替えのDVDが発売になって欲しいなと、今から願うのでした。

d0221584_15415120.jpg

■The Hobbit: An Unexpected Journey
http://www.thehobbit.com/
■日本語公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-12-27 15:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/17510286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 盛りだくさんの予告編で、お腹い... 見様見真似でクリスマス・ディナ... >>