2012年 10月 27日
ハロウィン・ケーキとハロウィン・カード
最近風が強く、連日「RED FLAG」注意報が出ているロサンゼルスです。

そんなこととは関係無しに、来週水曜日はいよいよ「Halloween」。
d0221584_3171433.jpgd0221584_317323.jpg
スーパーの入口には、大きなカボチャが山積みされていましたが、それもだいぶ数が減ってきました。
クリスマスにはよく見かける、ジンジャー・ブレッド・ハウスのハロウィン版キット($12.99 ≒ 1,040円)も売っていて、ビックリ。これって可愛いけど、美味しくないんですよね〜。あ、飾るのが目的で味は二の次か。もしかして、食べないのかな?

d0221584_3183080.jpg
さらにケーキ売場では、こんなケーキが。
パンプキンのオレンジ色は良いんですが、蜘蛛の黒いクリームがドギツい上に、足に使っている黒いリコリスキャンディのなんとも非食品的な色とツヤ。どーにも、食欲が削がれます。
この、リコリスキャンディ、アメリカでは子供の頃から慣れ親しんでいる物でハロウィンのお菓子の定番でもあるそうです。

d0221584_3204389.pngd0221584_321347.jpg
お菓子売場で良く見かけるのは「Twizzlers(ツイズラー)」や「REDVINES(レッドヴァインズ)」。
あの映画「トランスフォーマー」でも、主人公の好物として登場していますが、毒々しい色とビニールのようなツヤ、さらにはそーとーに不味いと評判なので、私は未だ食べる気になれず、真意の程は未確認です。機会があったら挑戦すべきかしら?

さて、前回のハロウィングッズの買い物(その時のブログはこちら)から、何かハロウィングッズを買ったかというと、セールになっていたこちらのお皿くらい。
d0221584_323591.jpgこれはひとつたったの$1(約80円)! お皿をすぐに割ってしまいがちな私には丁度良いお値段です。
写真の奥にあるのは、七色に光るオバケライト。$3(約240円)でした。
と、こんな程度。

d0221584_3235554.jpgd0221584_3241283.jpg
d0221584_3243073.jpgそしてこちらは日本の家族などに送ったハロウィンカードです。
専門店に行くともっとたくさんの種類があるのですが、ちょっとタイミングを逃してしまったので、近所で調達。それでもそこそこバラエティに富んでいるでしょう? さすが、何かというとカードを送り合うお国柄です。本屋さんやスーパーで手軽に買えるので助かります。

d0221584_3262616.jpg大抵のカードにはメッセージが印刷されていますが、やはり一言添えたいもの。そんな時に綺麗な色のペンが欲しいと思うのですが、アメリカはそういう類の文具が非常に乏しい。。。日本の文房具のなんとカラフル且つキュートなことか。うらやましい〜。

そんなアメリカにおいて奇跡的に見つけた、金と銀のメタリックペン。思わず、
「アメリカにもあるじゃん!」
と喜びましたが、メーカーを見て納得。
「Pentel(ぺんてる)」製。日本のメーカーです。ぺんてるさん、どうかアメリカにも日本のようなカラフル&キュート文具をもっともっと広めてください (  ̄ー ̄)人 なむ〜。

ちなみに、昨年のハロウィンでは初めてのジャック・オ・ランタン作りに挑戦しましたが、今年は
「もういいよ」
と言う旦那さんの一言で却下。確かに大変だったけど、結構楽しかったのにな〜。(去年のブログはこちら

さて、この週末はハロウィン直前最後の週末。去年の例から行くと、PARTY CITY などハロウィン・コスチュームを扱うお店はきっと修羅場と化すのでしょう。これは是非観に行かなくては。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-27 03:36 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/17062119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「フジヤマイチバン」ハロウィン... アングリー・バードのオモチャ ... >>