2012年 09月 10日
「BATMAN LIVE」へ行ってきました。
d0221584_13411167.jpgいつもの如く、旦那さんが仕入れてきた情報(通勤途中のフリーウエイで看板を発見)で、昨日は「BATMAN LIVE」(www.batmanlive.com)を見るために ANAHEIM(アナハイム/ディズニーランドでお馴染みの場所)まで行ってきました。

もちろん、チケットはネットで事前に購入済み。自動で席が決まるので何度かトライしてみたものの、GOTHAM SEATING(アリーナ席)か、2階席の後ろのほうのどちらかしか表示されないので、どうせならと GOTHAM SEATING(アリーナ席)を購入。チケット代はちょっとお高くて、一人$121.20 + taxに手数料、二人で締めて$250(約20,000円)f(^_^;。

場所はアナハイムにある HONDA CENTER。我が家からは車で約1時間弱と、意外と近くて助かりました。
d0221584_13413781.jpgHONDA CENTER はとっても立派なスタジアムで、アイスホッケーのチーム ANAHEIM DUCKS のホームグラウンドらしく、オフィシャルショップで DUCKS グッズがたくさん売っていました。

d0221584_1343215.jpg
11時の開場を待って中に入ると、大きなバットマンマーク型のスクリーンと舞台セット。それを囲むようにアリーナ席が組まれていました。
黄色い矢印の辺りが私達の席。かなり舞台に近いです! 
d0221584_13432054.jpg
近すぎで逆に見づらいのでは? と少々不安もありましたが、客席からの眺めはこんな感じ。
視界を遮る席にお客さんが全く居なかったので、なかなかの見やすさでした。
それにしても、後ろのスクリーンと調和させた演出が面白かったです。上の写真はウエイン邸内部ですが、大きくパースを効かせた背景に合わせて作られたテーブルとイス。しかも、このイスにジーンズの少年が座るもんだから、なんだかとっても不思議なビジュアルとなりました。
ちなみに、手前の黒いスーツがブルース・ウェイン、その右奥が執事のアルフレッド。アルフレッドは、映画版(バットマン・ビギンズシリーズのほう)とよく似た声と喋り方をしていて、良い感じでした。

d0221584_1344617.jpg
そして、いよいよバットマン登場。天井に作られた照明ラックの隙間のワイヤー装置から吊されての登場ですが、あまり派手さは感じられず、静かな登場でした。
それにしても、このバットマン、かなりマッチョです。あまりにむちむちし過ぎていて、少々動きにくそう。。。。足の長いアメリカ人が演じているはずなのに、足もちょっと短く見えちゃう。。。もうちょっとスマートでも、ちゃんと強そうに見えると思うんですけどねぇ。
ちなみに写真右手にいるのは、もちろんキャットウーマン。彼女もワイヤーで吊されてピョンピョン、ステージ上を飛び跳ねていました。

途中約20分の休憩が入りました。
d0221584_13443124.jpg
その時に撮ったステージの写真。始まる前はビル群の模型などがあったり、上演中は舞台の下へと役者が消える為の階段があったりしたようなのですが、全く解りません。

d0221584_13444721.jpg休憩中の客席ですが、トイレや売店に行っていると思われるものの、3階席には人影は無く2階席も空席が目立っていて、満員御礼にはほど遠い感じでした。
だけど、土曜のお昼の公演と言う事もあって、親子連れはたくさんいて、どのチビッコも多かれ少なかれ何かしらバットマングッズを身にまとっていて、小バットマンがたくさんいました。
もしかしたら、夜の公演や日曜の公演にはマニアも大勢来るのかもしれません。

d0221584_13582634.jpg
後半はいよいよバットマンと悪役たちとの対決。やたらとジョーカーの顔を模した大きな舞台装置が登場しました。
これは、瞳や歯を人間が形作っているジョーカーの顔。口からジョーカー本人が登場しました。

d0221584_13453997.jpg
そして、バットマンには欠かせないバットモービルも登場。LIVE版オリジナルデザインで、とてもシンプルなデザインでしたが、ちゃんとバットマンもロビンも乗り込めるように作られていて、
d0221584_1345592.jpg
赤い炎を吐きながら舞台奥へと消えていきました。

d0221584_13461995.jpg
こちらが悪役たち。トゥーフェイス、ペンギン、リドラー、ハーレイ・クイン、キャットウーマン、ポイズン・アイビー。この後、スケアクローも登場して、悪役のオンパレード。それにしても、アメリカの人は悪役が好きですね。彼らが登場すると、会場から歓声が上がるんですから。あ、もちろん、バットマン登場時も大きな拍手が起こりました。

そして、冒頭のジーンズの少年がロビンとなって登場。バットマンの窮地を救います。

と、ここまで書くと常にバットマンが出ずっぱりのショーに見えますが、むしろジョーカーのほうがセリフも出番も多かったような印象で、さらにロビンの両親である空中ブランコ乗りが活躍するサーカスシーンや、そこをジョーカーが乗っ取ってからのジョーカーズ・サーカスのシーン、さらにはジョーカーは手品まで披露するので、シルク・ド・ソレイユっぽいシーンが割と多くて、ちょっとあれ?って感じになっちゃいました。

まあ、クライマックスでは巨大スケアクローも登場して、悪役とのバトルで楽しませてくれましたけど。

d0221584_13464625.jpg
最後は、カーテンコール。出演者勢揃いでご挨拶。
d0221584_1348513.jpg
全員でポーズも決まって終演となりました。

舞台装置も大がかりで、出演者もたくさんいて凄いんだけど、シアターGロッソのヒーローショーなどを見慣れていると、アクション的にはちょっと物足りないかなって感じでした。アメリカでファミリー向けショーとなるとこうなっちゃうのかな? 
d0221584_1348257.jpg
帰りの駐車場へ向かう歩道では、こんな小バットマンを連れた親子も多く、とても微笑ましい光景でした。


★お買い物★
d0221584_1348442.jpgd0221584_13491163.jpg
とーぜん、旦那さんはグッズを買いました。と言っても、そんなに種類は無くて、むしろTシャツがメインな感じのギフトショップでした。
なので、今回のお買い物はこちらの2点のみ。
ガイドブック$20(約1,600円)と BATMAN LIVE オリジナルのバットモービルのミニカー$10(約800円)。

★お土産★
d0221584_13494547.jpg私的にはこれが嬉しかったかな。
劇中の大砲から発射された紙吹雪。なんと、全部コウモリ型。こういう細かいところまでこだわっていたんですね。


ちなみにこの BATMAN LIVE、9月末にロサンゼルスの STAPLES CENTER でも開催されるんだとか。そっちの方が我が家から近くて良かったかな? 


他にも全米あちこちで公演するようです。詳しくはこちら↓
※BATMAN LIVE
http://www.batmanlive.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-09-10 14:09 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/16786568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トレジョーの黒いショッピング・... AUTOMOTIVE MUSE... >>