2012年 06月 03日
「SNOW WHITE & THE HUNTSMAN」を観てきました。
d0221584_15295444.jpgあまりにも有名な童話「白雪姫」をベースにした映画ですが、今年は同じく白雪姫をベースにした映画「MIRROR, MIRROR」が先に公開されていて、こっちは興味があったにも関わらず見逃してしまいました。
それにしても、どうしてこんなに“白雪姫”が人気なんでしょうね?

さて、今日観た「SNOW WHITE & THE HUNTSMAN」は、継母王妃を演じる Charlize Theron(シャーリーズ・セロン)の美貌が目まぐるしく変わるのが面白く、現在の彼女は一体どれなのか解らないほど、若く綺麗な美女から老婆まで変化します。

そして、Kristen Stewart(クリスティン・スチュアート)は、ディズニーの“白雪姫”のようにおしとやかではない白雪姫を演じ、最後は銀色の甲冑を身にまとい戦うほどの勇ましさ。今時のお姫様は、綺麗なドレスを着てにこやかに微笑んでいるだけでは、民衆の心に響かないようです。

Huntsman(猟師)を演じた Chris Hemsworth(クリス・へムズワース)は、あの Thor を演じた人。ハンマーをアックスに持ち替えて暴れていました。

当然の如く CG がふんだんに使われていて、幻想的な世界を映像化していますが、如何せんそのモチーフが「あれ? どっかで観たぞ?」的な感じを超え、
「これって、ジブリっぽ〜い」
と、思えるほど。見終わって旦那さんと話すと彼もそう思っていたという。「やっぱり?」と言うくらい、ジブリっぽいシーンが目に付きました。

ネタバレしちゃうと、
妖精の森で白雪姫が出会う立派なツノを持った鹿(?)は、「もののけ姫」のシシ神様だし、継母王妃が黒い鳥に姿を変えるなんて、「千と千尋の神隠し」の湯婆婆、もしくは「ハウルの動く城」のハウルを思い起こさせるし。
日本人が観たら、パクってるって思えるシーンが続出。
悪くない映画だっただけに、素直に「面白かった!」とは言いづらいものがありました。

そうなると、気になるのは先に公開された「MIRROR MIRROR」。だけど予告を観る限りこちらはコメディのようだったので、私は「SNOW WHITE & THE HUNTSMAN」のほうが好きかな。


<追記>
そー言えば、7人の小人が登場した時、客席内は不思議な低い歓声が上がりました。みんな登場を待っていたのかな? やはり白雪姫には小人は欠かせないんですね。
小人の中でとりわけ渋い人がいて、
「パイレーツ・オブ・カリビアン 命の泉の黒ヒゲに似てるなー」
って、思って見ていたんですけど、だけどどう見ても小人だし違うよねと半信半疑でした。
それは旦那さんも思っていたようで、家に帰ってネット調べてくれました。
そしたら、やっぱり黒ヒゲを演じた Ian David McShane(イアン・マクシェーン)だったことが判明! 最近の CG 技術ってやっぱり凄いわぁ!!


※そんな小人を確認したい人はこちら▼
オフィシャルサイト(英語)の「GALLERY」で、少しだけ小人の写真があります。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-06-03 15:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15975695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suneya-m at 2012-06-04 01:50
七人の小人の役者について、追記しました。
<< 「TRANSFORMERS: ... SAN DIEGO ZOO S... >>